よんでますよ、アザゼルさん 1巻

よんでますよ、アザゼルさん。 1 (1) (イブニングKC)
よんでますよ、アザゼルさん 1巻
久保保久
講談社

アザゼルたち悪魔が、召喚した悪魔を使って問題解決をする探偵にこき使われる。

細かいパロディネタが多目のギャグ漫画。
悪魔のセリフが悪魔ならではのひどい内容なのに、
コミカルなキャラクターのため、ひどさを全然感じない。
勢い、設定の生かし方などは秀逸なので、
漫画としてはとても読みやすく出来ている。

さくまさんの、地味っぷりといじられっぷりが魅力の漫画。
主人公としてはキャラクター性が弱いかと思いきや、
しっかり話の中心に存在しているのは、すごい。
悪魔使いとして成長したところでどういう扱いをされるか期待。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

いいんちょ。 1巻

いいんちょ。(1) [Gum comics] (GUM COMICS)
いいんちょ。 1巻
秋風白雲
ワニブックス

メガネでおでこな委員長たちVS変態兄。

あざとい内容でなく、普通にドタバタ系コメディ漫画。
だから、変に構えることなく、気軽に読めて楽しい。
他の学年のいいんちょとの絡みも面白そうだし、
序盤のような、いいんちょ的エピソードで細かくヒットをつなげて欲しい気もするし、
何か、いろいろと欲望をかき立てられる。
ただ、キャラの性格付け上、
どうしても目立つキャラと目立たないキャラとに分かれてしまい、
せっかくたくさんいるのにもったいない気分。
あとは、黒いコマが黒すぎなければ。

似た系統のキャラになっているので、
おなかいっぱいな感じになることもあるが、
そんな中に図書委員のような変化球が来ると、
別腹で楽しめる。
また出番が来る?

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

妖怪学園記

妖怪学園記 (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
妖怪学園記
きむる
一迅社

九神ゆうは鬼族だった。

妖怪ばかりの学園物だが、
ゆうとのんちゃんの仲良しラブ?コメ的な内容がメイン。
妖怪の設定を生かした場面が少ないからといって
つまらなくなることは全くないが、
物足りなさは感じるかも。

頭に何かつけるとキャラはかわいくなる。
というのを、猫美が実践してるし。

額のバツが視覚的に印象に残るさとちゃんだが、
サトリの設定を生かした話やメイン話への絡みが少なめなので、
微妙な立ち位置のキャラクターだったり。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

マヨイ屋の店番トキワ 1巻

マヨイ屋の店番トキワ 1 (1) (月刊マガジンコミックス)
マヨイ屋の店番トキワ 1巻
菅原キク
講談社

柴田葉介のもとに、宝具で願いをかなえてくれる?トキワがやってきた。

トキワが宝具を使って葉介の願いをかなえようとするが
結局トラブルに、という基本パターンが確立しているので、
安心して楽しめるドタバタコメディ。
幼なじみとのラブ展開もあったりなかったりで、
ワンパターンになることなく、
どんどん続きが読みたくなる感じ。

母親くらいしかメガネのキャラクターはいないが、
巻末のあとがき漫画に登場する作者が何か良い。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ささめきこと 2巻

ささめきこと2 (MFコミックス アライブシリーズ)
ささめきこと 2巻
いけだたかし
メディアファクトリー

村雨、風間の間の友情以上の思い。

女性同士であることをとりあえず置いておいても、
楽しめるラブコメ。
現状、物語の中心の2人の関係がガチな分、
周りのキャラのほうが魅了は上。
朱宮兄妹や蒼井さんが絡む話の面白いこと。
キモイ三連星怖い。

昔は百合ものがダメだったが、
少女セクト青い花と当たりを連続で引いてからすっかり平気になったおかげで、
こういう面白い漫画も、
変な思い込みをせずすんなり読めるようになった。

漢らしい性格な純夏と腐女子な蒼井さんなら、
現実なら純夏の方が良いと思うけど、
漫画のキャラクターとしては、
蒼井さんのほうが圧倒的に魅力的。
もっとかき回す存在になって欲しい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

あそびにいくヨ 3巻

あそびにいくヨ!3 (MFコミックス アライブシリーズ)
あそびにいくヨ 3巻
888/神野オキナ/放電映像
メディアファクトリー

ネコ耳宇宙人と悪運紅葉と。

ネコ耳やらスク水やらメイドやら、
あざといな、と思う設定や場面も多々ある作品だが、
見せ方やアクションシーンがなかなか秀逸。
原作ものを漫画という表現方法で表現することの
メリットの部分が目立つので、
結果、読み応えがある。
もう少しセリフが短ければ、と思う部分が
無くはないけど。

双葉アオイのアクションも恋心も良い感じに描かれているので
伊達なのがもったいなくて仕方ない。
3巻は、バイク乗りに絡まれている女の子のおまけつき。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ZOOKEEPER 5巻

ZOOKEEPER 5 (5) (イブニングKC)
ZOOKEEPER 5巻
青木幸子
講談社

温度の変化が見える楠野が、動物園でいろいろな動物と関わりあう。

動物園は、旭山動物園の試みを発端に注目されているが、
そういった昨今の動物園の傾向を取り入れつつ、
動物の特性や生態も取り入れつつ、
読み応えのある漫画に仕上がっている。
人間が勝手で悪い、という話も多いけど、
人間もそれ以外の動物も一緒、という話のほうが
日本人の感性に合うし、好き。
5巻ではその傾向が強かったので良かった。
同業者の、カバの'汗'の研究は非常に良い研究だったので、
こういう研究ができるヒントを探す意味でも、
読み続けていきたいと思う作品。

そこはかとなくかわいい楠野のしぐさや行動。
特殊能力を程々にうまく活かしつつ、飼育員としても成長しつつ、
主人公として作品の大黒柱になっている点は、
作品のバランスが非常にうまく取れている証拠だと思う。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ういういdays 6巻

ういういdays(6) (バンブー・コミックス)
ういういdays 6巻
犬上すくね
竹書房

ういういしい感じの学園ラブコメ。

恋愛ものは、ドロドロしたもののほうが読み応えがあるのだが、
ほんわかした画風と雰囲気の純愛ものも、
コメの部分がしっかりしていると悪くはない。
所々に出てくる、各キャラの母親が良い味出している。
前開け白衣、大好き。
現実的には、かえって危ないんだけど。

薫子の相手、もう少し良い男なら
こんな気分で6巻を読むことはなかったろうに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

エンジェル高校 1巻

エンジェル高校 1 (1) (サンデーGXコミックス)
エンジェル高校 1巻
犬上すくね
小学館

事故で死んでしまったルキオは、エンジェル高校で大天使になるべく学ぶことに。

犬上すくね氏の作品の雰囲気はそのままに、
不思議な世界観が楽しめる作品。
いきなり運動会、は謎だったが。
死後の世界と生前の世界がリンクしているので、
この先どう絡めていくか期待したい。
恋愛的要素も、犬上すくね氏の作品としては
あまり見なかった設定なので、
どう展開させていくか楽しみ。

フジコの活躍にも期待。この双子は使いやすいキャラクターだと思うのだが。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

まじぱに 1巻

まじぱに1
まじぱに 1巻
山鳥おふう
ソフトバンククリエイティブ

英雄にあこがれる少女が冒険の旅に。

キャラクターの名前が印象に残る漫画。
話の規模や進み方が程よく。
等身の低いキャラクターが、
顔がアップになる場面が多めなので、
圧迫感を感じるのが気になるところ。
せっかく、引き絵や動きのある絵は上手く描かれているのに。
魔法の世界の冒険物なので、
今後はアクションシーンが増えることに期待。

常時メガネなクリマだけでなく、
随所にメガネがちりばめられている。
魔法が中心の世界観なのが良いのだろう。
剣と魔法だとここまではいかなかったかも。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ファイナルファンタジー3

ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジー3
スクウェア・エニックス
ニンテンドーDS

光の4戦士の物語。

ファミコン版のリメイク作品。
長い間3だけはなかなかリメイクされなかったが
やっと出てくれたか、という感じだった。
序盤のストーリー展開が大きく変わったり、
敵の最大数が減ったり、
新しいジョブが使えるようになるタイミングが変わったり、
アイテム変換の裏技が使えなくなったりしたのは
残念な変更だったが、
地図が常に見られるようになったり、
使えないジョブが使えるようになったり、
オニオン装備を拾いやすくなったり、
親切設計になった部分もあり、
一長一短。

個人的には、FFシリーズは6までしかやっていないが、
3が一番面白かった作品なので、
やっとリメイクしてくれたか、という感じだった。
システムが変わってしまったものの、
別ゲームになってしまったわけでもなく
元作の面白さを失うことなく楽しめた。

レフィアの存在がDS版の一番の魅力。
げんじゅつしやシーフ、しろまどうしやまじんもなかなかだけど、
やはり一番はがくしゃ。
これだけは、ファミコン版では味わえない。

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

ほほかベーカリー 1巻


ほほかベーカリー 1巻
ボマーン
双葉社

ナホナ国からやってきたホホカはパン屋で修行中。

どんどん可愛くなっていくホホカと
怪しげなねこ。
4コマ漫画らしいクスッとくるシュールなネタ。
店長やタミオとの掛け合いのテンポも良い。
ちょこっと何か読みたい時向けな作りであるにも関わらず
単行本でまとめ読みをしても全く飽きがこない。
枕元にでも置いておくとちょうど良い作品。

不満点は、凜の出番や印象が薄いこと。
後半は出番も増えてきたが、まだまだ不足。
というか、ホホカと店長が強すぎるのか。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

鉄子の旅

鉄子の旅銚子電鉄応援BOX
鉄子の旅
菊池直恵
小学館

鉄道に興味のない作者が鉄道の旅に連れまわされ。

鉄道の旅、実録漫画。
鉄道に関する紹介的内容もきっちり説明されているが、
この漫画の魅力はドタバタ劇。
やりたい放題の横見氏とツッコミを入れるキクチ氏の掛け合いが面白い。
トラブルは旅の醍醐味。
個人的にも鉄道が好きなことは好きだが、
速いもの好き新しいもの好きなので
ローカル線の旅はちょっと方向性が違い。

ゲスト回の中でもきなこちゃん登場の回が、
横見氏の動きが一番人間っぽく面白く。
アイドルも良いだろうけど、
普通な感じの人のほうがリアリティがあるのだろう。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

明日のよいち 6巻


明日のよいち 6巻
みなもと悠
秋田書店

山で修行していたよいちは修行のため山を降り、斑鳩道場へ居候する。

いかにも少年漫画的主人公なよいちと、
いかにも少年漫画的なハーレム系ラブコメ展開。
安定感がある代わりにきらりと光る何かが足りない気がする。
もう少し突き抜けた部分が欲しいところ。
演劇編はこの漫画の設定を考えると
あまり向かないかな、という感じだったが、
次の話は期待できそう。

ちはやが6巻ではあまり出番なく、残念。
エキストラのメガネ率はかなり高かったのだが。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

マイペースゆずらん

マイペースゆず・らん (5)
マイペース! ゆず★らん
小池田マヤ
双葉社

大阪本社からやってきたゆずと蘭がボケまくりツッコミまくる。

ボケツッコミと大阪弁とダジャレとみちる。
元々読みやすい漫画を描く上にテンポの良い軽快なネタ。
ワンパターンだけど飽きないのところは大阪的か。
小池田マヤ氏のオフィスもの漫画はたくさんあるが
それらとは全くノリや雰囲気がちがうのに、
ちゃんと小池田マヤ漫画になっている。

お局の司女史の言動がいちいちかわいすぎ。
小川君との話ももう少し読みたかった。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

わさびアラモードっ 2巻

わさびアラモードっ!! 2 (2) (まんがタイムKRコミックス)
わさびアラモードっ!! 2巻
もみじ真魚
芳文社

旅館あけぼの屋の女将茜に一目惚れしたアオイは茜と結婚して新女将に。

勢い系のコメディ。
パパの話くらいの、
良い感じの程度の勢いの話は面白く読めるが、
飛ばしまくる回では、ついていけないことも。
百合展開とか、キャラクターの設定とか、
あまり活かされてないような。

2巻の表紙とか、
アオイはメガネをもっと強調しても良いように思う。
もったいない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)
ハチミツとクローバー
羽海野チカ
集英社

美大を舞台とした、切ない恋愛模様。

アニメ化映画化ドラマ化、
各所で支持されている通り、
淡く切ない片思いの描写が素晴らしい。
一方で、随所に織り込まれたコメの部分が良い味を出しているので、
ともすれば暗い漫画になってしまいそうなラブの部分と
うまくバランスを取って作品全体が引き締まっている。
登場人物のエピソードも誰かに偏ることなく描かれているので、
どのキャラクターも楽しめた。

長谷川妹があまり出番のないまま終わってしまったのは残念だったが、
美和子さんが、ストーリー的にもコメディ担当の場面でも
活躍が目覚ましかった。
不憫な山崎とのコンビが素晴らしい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

私立T女子学園

私立T女子学園 (5)
私立T女子学園
竹田エリ
集英社

私立T女子学園高等学校を舞台とする竹田たちの日常。

黒いキャラクターたちが癖になる四コマ漫画。
女子高生ものだと感じる部分も多々あるのに、
かわいいキャラクターもたくさん出てくるのに、
ネタのインパクトとキレが素晴らしいので、
そういう設定関係なしに楽しめる。
主役級5人だけでなく、
脇役の各キャラクターもしっかりキャラ立ちしている点が素晴らしい。

巻中の、作者の姉の話なども
この漫画の単行本の魅力。

この漫画でメガネと言ったら、大崎だが、
メガネを取る場面が全くなかったのは
この漫画的には正解でしょう。
出番は少なかったが、
司書さんも結構良い味のキャラクターだった。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ふるーつメイド 2巻


ふるーつメイド 2巻
寺本薫
双葉社

漫画家になるために家を出た一成のもとに三人のメイドが送り込まれた。

ラブコメメイド漫画とはいえ、
旧来の4コマ誌の雰囲気を持った漫画なので、
分かりやすく読みやすく、
ちょっと何か読みたいときにうってつけ。
不憫な林檎がツンツンしていてかわいい。

怪しげな雰囲気の蜜柑のつっこみは、
4コマ漫画においてはなくてはならない存在。
やはり、メガネメイドは良いものだ。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

こみ小話 1巻

こみ小話 (FOX COMICS)
こみ小話 1巻
神楽つな
FOX出版

古見家こみけはオタク両親に振り回され。

ネタの飛びっぷりがなかなかな漫画。
特徴的な絵柄だからこそ
この漫画が成立している気がする。
ハチャメチャな両親に振り回されるこみけたちが不憫でならない。

こみけをはじめ、
メガネ絵満載な漫画。
メガネ果汁60%のメガネメイド味とか。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

とめはねっ 3巻

とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
とめはねっ! 鈴里高校書道部 3巻
河合克敏
小学館

高校の書道部に脅されて入部した縁とだまされて入部した望月。

書道漫画ながら、明るく楽しい作品。
自分がサークル人間だったこともあり、
文科系の部活、サークル漫画は本当に楽しく読める。
この手の漫画といえば、合宿。
だけど、書道の比重の大きい漫画なので、
イベント満載とは行かなかったか。

双子の日野姉妹のおかげで
一粒で二度おいしい漫画にもなっている。
メガネの描き方は毎回バラバラだけど、
性格の違いがメガネにもあらわれているので、
メガネだけで二人の区別がつくね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

成恵の世界 10巻

成恵の世界 10 (10) (角川コミックス・エース 60-10)
成恵の世界 10巻
丸川トモヒロ
角川書店

宇宙人の血をひく成恵と周りのみんなの不思議な日常。

前巻の発売から時間があいているため、
機族がどれが誰かわからなかったり、
最初の話の状況が把握できず。
でも、工藤さんの良さは伝わる。

相変わらず、成恵や和人の絡む話が個人的にいまいち楽しめないが、
それ以外の話は面白く、特に最後の八木はじめ編が当たり。
久しぶりに読んだらかわいくなってるし。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

きんのたまご

きんのたまご (チャンピオンREDコミックス)
きんのたまご
和六里ハル
秋田書店

孫娘の作った健康器具で若返ってしまったおじいちゃん。

裸エプロンな孫娘と結婚する夢を見てしまうようなおじいちゃんの話。
分かりやすい発明品と分かりやすい展開、オチで、
無難に楽しめるエロコメ。
別に自分からかもめをどうにかしようとしている訳でないのに。
困ったじいさん。

おまる先輩のいじられっぷりがたまらない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定