FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TG天使ジャイ子ちゃんDX

氷川へきる作品集 TG天使ジャイ子ちゃんDX (TECHGIAN STYLE)
TG天使ジャイ子ちゃんDX
氷川へきる
エンターブレイン

ジャイ子やTG家族を一冊におまとめした作品。

テックジャイアンの
いかにも氷川へきる氏的なグデグデ4コマ漫画を集めるとこうなる。
カット的なものを集めたものなので、
まとめ読みはしんどいかと思ったが、
内容が内容だけに、
そんなことは全くなく。
特に、TG家族の関係の方は
まとめ読みの方が良いね。

ぱにぽに本編では、
何故か人気がありながら活躍の場がなかった
二階堂光がやりたい放題。
メガネキャラの競争が激しいぱにぽにより、
こっちの方がこのキャラにとっては良いかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

どんちゃRX

どんちゃRX (アクションコミックス COMIC SEED!シリーズ) (アクションコミックス COMIC SEED!シリーズ)
どんちゃRX
鈴木典孝
双葉社

中古玩具店を営む女の子たちの話。

懐かしいおもちゃもいろいろ登場する漫画。
今風の画風の女の子たちとのギャップが何か良い。
ダイラガーとか、子供の頃持っていたので
懐かしすぎる。
萌え方向に振るよりも、
懐かしネタにもっと振ってくれていたら。

漫画のテーマからして
メガネ的見どころがあるかと思って期待したが、
残念。
良いメガネキャラ絵を描く作者なのに。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

メガミのカゴ 1巻

メガミのカゴ (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
メガミのカゴ 1巻
松本ミトヒ。
芳文社

なし崩し的に委員長にさせられてしまったあけみんの話。

表紙を見て、
委員長というよりは
ボケツッコミ系ギャグ漫画のつっこみ役っぽいキャラだと思ったら、
やっぱりそうだった。
生徒のお悩み解決漫画なのだけど、
ギャグの要素も萌えの要素も委員長的要素も
何か遠慮がちなので、
もっとやりすぎなくらい冒険しても良い気が。
女子校ものだから百合的要素もあってもよさそうな感じだし。
面白くできそうな作品だと思う。

宮本明美が色々頑張る漫画なのだが、
良い子過ぎて漫画の盛り上がりにはマイナス。
メガネだから委員長にさせられたのに
その辺をあまりいじられてないし、
もっといろんなことができそうな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

日常 3巻

日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 3巻
あらゐけいいち
角川書店

非日常な世界での日常。

ゆっことみおのテンポの良い掛け合いやなののお約束ネタなど
とても読みやすいギャグ漫画。
独特の雰囲気には慣れが必要かも。
どのキャラもやりすぎなくらい
自分の役を貫き通しているのが、
良い方向に働くことも悪い方向に働くこともあって、
漫画全体としては、当たり外れがあるかな、という評価。
良い味出している先生が増えた3巻。

麻衣の不言実行型のボケは
この漫画の雰囲気を一番あらわしている気がする。
キャラが増えた分出番が減り気味だけど、
このキャラあってのこの漫画。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 3巻

まりあ†ほりっく3 (MFコミックス アライブシリーズ)
まりあ†ほりっく 3巻
遠藤海成
メディアファクトリー

ミッション系の女子校で美少女に囲まれて暮らす宮前かなこの日常。

女子高ものだからといって完全な百合ものでもなく、
女装ものとしてのパンチの強さも感じないが、
この漫画独特の不思議な雰囲気が良い感じで
客観的な評価と主観的な評価がものすごくずれた作品。
ギャグはもう少しあかぬけても良いかな、と思うこともあったが、
神父編はこのくらいでちょうど良い気もしたし。
面白かったけど、不思議な後味。

桐奈々美の持つ雰囲気がこの漫画の雰囲気に良く合っている印象。
帯の迷ゼリフも良いけど、
ラブレターネタの話はこの作品の中で一番面白かった。
何がどうという訳でないけど何か良いキャラだ、という評価の仕方が
しっくりくる。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

変ゼミ 1巻

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ 1巻
TAGRO
講談社

変態がたくさん出てくる漫画。

変態キャラの漫画というよりは、
頭がおかしいキャラがたくさんいる漫画、
という方が適切かも。
大学に残るような変人は
何かどこかおかしい人が多いので、
この漫画のキャラのようなおかしくて厄介な人物が
漫画の中だけのことと思えなくて。
周りの変態どもにいじられる松隆を愛でる作品。
絵柄のかわいらしさと漫画の独特の雰囲気が
アンバランスなようで、結構うまく合っているのは不思議。

大学のゼミものなのだから、
メガネな女の子の一人でもいてよさそうなものなのに。
勧誘のビラを受け取っていた子のようなキャラクターを。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

どきどき魔女神判! 2巻

どきどき魔女神判! (2) (チャンピオンREDコミックス)
どきどき魔女神判! 2巻
八神健
秋田書店

漫画版どきどき魔女神判だけど。

どこかで見たような場面ばっかりだけど、
何だかんだでどきどき魔女神判。
ルナ先生とか、懐かしすぎる。
展開はハチャメチャだけど、
何となく許せるのはこの漫画の雰囲気がそうさせるのだろう。
いよいよ2も出るし、漫画の2も楽しみ。

やっぱりどき魔女は
イブよりマリア。
この漫画的には
いじり甲斐がちょっと低目かな、という気もしたが。
ゲームの中では、本当に良いキャラなんだけど。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

シバトラ 7巻

シバトラ 7 (7) (少年マガジンコミックス)
シバトラ 7巻
朝基まさし/安童夕馬
講談社

青少年を救うべく奮闘する童顔刑事。

相変わらずの、青少年の味方な柴田竹虎。
今回の覚せい剤編も、黒幕が悪いという話だけど、
末端の人間が悪くなくて元締めだけが悪い、というわけにはいかないだろう。
禁断症状が出た子の表情など、
しっかり描いておいて欲しい絵が素晴らしいのが、
この漫画の良いところ。

千葉係長はもっと出番があってもよさそうなキャラなのに、
全然出てこないし。
ゲストキャラでメガネ担当がいないと、
さびしい漫画になってしまうな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

からだのきもち

からだのきもち (リュウコミックス) (リュウコミックス)
からだのきもち
ナヲコ
徳間書店

ナヲコ短編集。

バラエティに富んだ作品が集まったエッチ漫画。
ふんわりした感じの絵柄と
漫画の雰囲気は良く合っているな、と思った。
この絵柄で他の漫画も読みたいね、と思わされた一冊。

ただ、表紙にはだまされた感あり。
メガネヒロインの話がほとんどないどころか、
途中で外されては。
無念。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 天空の学校 11巻

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル (11) (角川コミックス・エース 6-20)
機動戦士ガンダム Ecole du Ciel 天空の学校 11巻
美樹本晴彦
角川書店

サイド3出身の少女アスナの物語。

11巻もエリシア編。
エリシアのオーガスタ研究所での話が完結して、
再びアスナVSエリシア。
ガンダムものなのだから、
やはりMS戦は見ごたえがあるし、
絵の綺麗さと相まって、
本巻も読み応えあった。
ちょうどZの頃の話なのだから、
強化人間の関連の話は面白く読める。
個人的に、ガンダムはカクカクしている方が好きだから、
それだけは、ちょっと、という感じ。

昔のガンダムシリーズでは
不思議なくらいメガネの女性キャラが出てくることがなかったのだが、
この作品くらいの割合でメガネな人がいても良い気がするのだけど。


テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

天獄 4巻

天獄 4 (4) (ヤングジャンプコミックス)
天獄 4巻
うたたねひろゆき
集英社

吸血鬼と謎の教団と。

一つ一つのコマのきれいな絵も良いし、
コマとコマ、絵と絵の間が独特な味を出しているのが
うたたねひろゆき氏の作品らしい。
4巻は真理が。
ものすごい展開になってしまったこと。
もともと、何となく物哀しい感じの雰囲気の漫画だったが、
もっと重い感じに。

砂姫をはじめ羽海に真理に、、、と
きれいな絵でこれだけメガネを描いてくれるのだから、
本当にありがたい漫画。
砂姫はメイド服の方が良いかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

がんばれ!メメ子ちゃん 2巻

がんばれメメ子ちゃん(2) (バンブー・コミックス) (バンブー・コミックス)
がんばれ!メメ子ちゃん 2巻
むんこ
竹書房

小さなOLメメ子の日常。

分かりやすいキャラと設定とテンポ。
メメ子のようなキャラは、
使いやすそうで意外とキャラクター性を持て余しがちになるのに、
本当にキャラが生き生きしている。
大きなストーリー上の進展もあったし、
充実の一冊、という感じ。
オフィスものと4コマは本当に相性が良いね。

乾姉のようなキャラは
この手のマスコットキャラが主人公の漫画では必須キャラだし、
設定上も結構カギとなるキャラだし、
もっと出番が欲しいかな。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

神のみぞ知るセカイ 1巻

神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 1巻
若木民喜
小学館

恋愛シミュレーションゲームの世界では落とし神の桂木桂馬が現実の女性を落とすことに。

現実なんてクソゲーだと言い張るキャラが主役の漫画。
現実の女性に叩きのめされる漫画かと思いきや、
普通に上手くいっているのが何か残念に思えてしまう。
現実世界でゲームの経験がそれほど役立つとは思えないのにね。
エルシィの立ち位置ももう少しはっきりして欲しいところ。
この漫画はまだまだこれから、という感じ。

こんな漫画だから、メガネ的要素がかなりあるんじゃあ、と期待したが、
母親くらいしか出てこず。
この先、そういうキャラも出てくるだろうけど、
これまでのキャラのように単純なつまらないキャラじゃないと良いな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー 2巻

虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー(2) (BLADE COMICS)
虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー 2巻
倉藤倖/日日日
マッグガーデン

恐山京はジンと契約して魔法少女ベリアル☆ストロベリーへと変身。

主役級キャラが面倒くさいキャラクターな作品。
魔法少女は格好だけで、全然魔法少女らしい戦い方をするわけではないが、
まあ、キャラがかわいくなるので別に良いんじゃない、という気がする。
良い原作小説を漫画したら
原作の世界観を描ききれなかった、という雰囲気な作品。
何か物足りなくて、すっきり完結、という訳には
残念ながらいかず。

京くらい割り切った考えの方が
すっきりするよな、というのが
この漫画の感想。
まどろっこしい和美よりよっぽど良いな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ダメ姉って呼ばないで!

ダメ姉って呼ばないで! (バーズコミックス)
ダメ姉って呼ばないで!
新居さとし
幻冬舎

ニート姉が妹と同居中。

無難に楽しめるほのぼの4コマ漫画。
ボケツッコミのテンポの良い漫画なので、
スルスル読めた。
4コマ漫画かくあるべし、という作品だった。
ただ、キャラが増えたところでちょっとペースが乱れた感じも。

本編の麻姉をはじめ、
メガネ率も高いしかわいいし、
なかなか侮れない一冊。
後半の短編は、ちょっとやりすぎ感が。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

女子大生家庭教師濱中アイ

女子大生家庭教師濱中アイ 6 (6) (少年マガジンコミックス)
女子大生家庭教師濱中アイ
氏家ト全
講談社

マサヒコが家庭教師や同級生に翻弄される。

妹は思春期などと同様こちらもエロネタ満載だが、
一話が程よいページ数なためか、さらっと読める。
物語に時間経過もあるので、
お互いの関係や特徴の変化もあって、面白い。
特に、ラブコメ展開とギャグのバランスや、
両者の絡みはなかなかのもの。

中村は妹は思春期の小宮山先生と同系列なので、
この漫画の中ではリンコの方がキャラクターとしては面白い。
メガネなキャラである必要がない場面が多いはずなのに、
メガネがないキャラだとしたら違和感がある、というのは
キャラクター作りが成功しているということでしょう。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

つぐもも 1巻

つぐもも 1 (1) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
つぐもも 1巻
浜田よしかづ
双葉社

一也の母親の形見の帯が昇華して付喪神の桐葉に。

よく見かける設定の漫画も、
和な感じの雰囲気と
アクションシーンの見せ方の良さとで、
読み応えありな漫画に。
1巻では背景の説明がちょっと冗長気味になってしまっているため、
本格的なストーリー展開はこれから、という感じ。
桐葉とか姉とか魅力的なキャラが多く
続きをもっと読んでみたくなる。

千里がかわいすぎる漫画。
みつあみメガネ幼なじみツンデレはやりすぎ感もあるけど、
分かりやすいキャラだからこその魅力もある。
ハリセン払いのコマンドを入れるのはかなりしんどいと思う。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ろりぽアンリミテッド 5巻

ろりぽ∞ 5 (5) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
ろりぽ∞ 5巻
仏さんじょ
一迅社

メイド喫茶同士がメイドコンペで戦って、頂点を目指す。

メイドだらけな漫画。
なので、どうしても色ものなメイドも出てくる、ということで
今度はメイド仙人とか萌仮面レディ二世とか。
顔のアップコマが多くてしかも向きが大半同じ方向なので、
その点は読みづらさを感じる。
せっかくメイドだし絵もきれいなのだから、
全身絵をもっと見たい。
萌仮面の部屋は単行本の一番の楽しみ。

五香東のカバー絵が魅力的な5巻。
これだけでもお金を出して本を買った価値ある。
他にもたくさんメガネキャラがいるけど、
このキャラが、見栄えも存在感も一番見応えあるかと思う。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

優&魅衣

優&魅衣
あろひろし
集英社

上京してアパートに住むことになった相夢優は幽霊の魅衣と同居する羽目に。

アパートもの幽霊もの特異体質ものお色気満載に良いラブコメ。
色々盛りだくさんな漫画だったので、
何となく記憶に残る作品だった。
特に、大家の娘の藍が良いヒロインキャラだったので
単なるドタバタ劇で終わらず、
物語として良い締まり具合。
いかにも80年代の漫画で、ベタベタな話なのに、
藍一人でこの漫画の価値大幅アップ。

優の家族に小倉杏ファンたちに紫藺に葉杏と
当時の漫画としては珍しくメガネ率が高かったような。
自分にとって記憶に残っている理由はこれかもしれない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

アルプス伝説


アルプス伝説
田丸浩史
徳間書店

登山部に入ることになった貴藤真澄の話。

田丸浩史作品だけど、ラブコメ作品。
パロディネタやデスメタルネタなどは読み手を選ぶかもしれないが、
元ネタのわからない自分でも、
ムキムキマッチョや独特のセリフ回し、
ノリや勢いだけでも十分に楽しめた。
脱線だらけだったがちゃんとラブコメもしてたし、
田丸浩史作品では一番まとまりの良い作品かも。

掲載誌が途中でなくなってしまったのだが、
スペースアルプス伝説の形で何とか完結してくれたのもうれしい。

三角関係で報われない側のキャラは一番印象に残るので、
あれだけ濃い面々のいる漫画ながら、
馬剃奈津美の存在感はかなり大きかった。
まつりなんかと違い、
一番ラブコメしていたキャラだったからだというのもあるだろうけど。
掲載誌がなくならなければ、
もう一修羅場あったろうに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

メイド諸君! 4巻

メイド諸君! (4) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! 4巻
きづきあきら/サトウナンキ
ワニブックス

メイド喫茶で働く女の子の真実の姿。

メイド喫茶の女の子たちの話という普通な感じのスタートだったのに、
気がつけば、いつものきづきあきら作品のような
痛々しい展開に。
かえちゃんのこととか吹っ飛んでるし。
この痛い感じがクセになるなあ。
大団円で終わらない、微妙な感じも好き。
鳥取の言動が、嫌な過去を呼び覚まさせてくれる。

千代子やあるみが主役な漫画ではあるけど、
灰音がいてこその漫画でもあった。
過去現在未来が一番描かれたキャラクターだったので、
自分では一番思い入れの強いキャラだった。
蜂矢ももうちょっといろいろ描いてくれれば。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

初恋限定。 3巻


初恋限定。 3巻
河下水希
集英社

中高生の恋愛模様は純粋だったり泥沼だったり。

前半は、恋愛ものの基本イベント、バレンタインと卒業。
後半は、胸。
いかにも少年漫画らしい内容だこと。
純粋な千倉さんの話よりは、
複雑な人間関係のほうが漫画としてはどうしても面白く感じてしまうな。
随所に絡められている小ネタのために、独特の作品に仕上がっているところが
相変わらずクセになる漫画。

演劇部の部長よりはやっぱりめぐる。
人生変えられるレベル、という表現は良いね。
独特の展開と間に一番合うキャラになってきたから
4巻で終わるのは本当に惜しい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

今日から桜田ファミリア 1巻

今日から桜田ファミリア 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
今日から桜田ファミリア 1巻
大井昌和
芳文社

大家族桜田家のごく普通の日常。

一巻かけて、大家族の一日の出来事が
淡々と描きつづけられている。
盛り上がりやメリハリのある作品ではないが、
大家族の普通の一日を追うとこんな感じ、
というのは伝わる。
ただ、漫画の性質上、最初からキャラが多いから、
軸になる賢心以外は、
バランスよくキャラを使い回さないといけないだろうから
描く方は大変そうだ。

キャラがたくさんいるから
家族の中に一人くらいメガネキャラも入れとけ、
みたいな感じではなくちゃんとしているところが
この漫画の良いところ。
家族なんだから、兄弟が似るのは当然。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

PSYREN 2巻


PSYREN 2巻
岩代俊明
集英社

SAIの力に目覚めたアゲハたちは、異世界でのゲームの真実を見極めることを決意。

世界観やルールの説明がちょっと冗長だった2巻。
今まで謎が多すぎだったので、
少しはこの漫画の世界が分かった気がする。
ただ、この漫画に関しては、
漫画よりもゲームなどの形態の方が
よりうまく世界観を表現できるかな、という感じがした。
飛龍が主役級のキャラになったのは
話に厚みを増すために良かったと思う。

雨宮は、1巻ではヘロヘロなコマばかりだったので、
ここからがメガネ漫画としての本領発揮、という感じ。
あかぬけきらなさがもどかしいが。
扉絵のピンナップは良い感じ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

一年生になっちゃったら 2巻

一年生になっちゃったら (2) (まんがタイムKRコミックス)
一年生になっちゃったら 2巻
大井昌和
芳文社

小学一年生になってしまった高校生の話。

カワイク頑張る伊織が皆にいじられまくるのが面白い漫画。
本来の姿の時に好きだった子との絡みのネタや一年生ネタは当然として、
自分より大きい妹の存在もなかなか。
大井昌和氏はようじょもの作品が多いが、
変な嫌らしさがないので、
読みやすい漫画が多いのがうれしい。
あいことか、かなり面白かったし。

いかにもマッドサイエンティストなお姉さん。
男だったらただの変態では済まないよな。
こんなキャラ、ときどきいるけど、
たまにで良いから女性らしい役回りが見たいな、とも思ったり。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カギっこ 2巻

カギっこ(2) (バンブー・コミックス MOMO SELECTION) (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)
カギっこ 2巻
山口舞子
竹書房

カギっこのみつと娘大好き母親の話。

ほんわかした雰囲気と
くすっとさせられる小ネタ満載な4コマ漫画。
ワンパターンといえばそうだが、
シチュエーションが多彩なので
まとめ読みしてもしんどさは感じない。
ただ、そろそろ新キャラが欲しいかな、とも思う。
春子さんや実ちゃんをもっと出してくれれば。

この漫画の主人公はお母ちゃん。
バカ親っぷりが最高な漫画。
だけど、もう少しひねりも欲しくなってきたので、
みつ以外のキャラとの絡みを
もっと見たい。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

すもももももも 10巻

すもももももも~地上最強のヨメ~ 10 (ヤングガンガンコミックス)
すもももももも 10巻
大高忍
スクウェアエニックス

暴力恐怖症な武術家の家系の後継者犬塚孝士の物語。

犬塚はまた修行するのか。
修行したりしなかったり、
どっちつかずもこれで最後?
キャラが増えすぎた上にそれぞれの立ち位置も複雑すぎて、
久しぶりに読むと
敵か味方かさっぱり分からなくなってしまった。

委員長が久しぶりにかなり良い扱い。
心の変化、成長+キャラの描き慣れで
ものすごく良い表情。
そういう点では、これは良い巻だ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

あいこら 12巻

あいこら 12 (12) (少年サンデーコミックス)
あいこら 12巻
井上和郎
小学館

女の子のパーツ好きから女の子自身の人間的魅力そのものを好きに。

予想を裏切らない展開で大団円。
この主人公程度のフェチズムでは
極められずにこうなるでしょう。
ただ、最後はちょっと冗長な感じになってしまったような。
もっとメリハリの効いた展開でサクサク締めてもらいたかった。

弓雁の扱いも、
予想も期待も裏切らないことに。
安心して最終巻を読めた。
何だかんだで、最後まで寮に残り、
サブキャラ一番手として、最後のシナリオで肝となる役回りを演じたし、
振り返ってみても、良いキャラだった。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。