すもももももも 12巻

すもももももも~地上最強のヨメ~ 12 (ヤングガンガンコミックス)
すもももももも 12巻
大高忍
スクウェアエニックス

十二神将東軍次期長の座をかけた戦い、十二神将戦争へ向けた謀略が決着。

すっかり武術家になった犬塚孝士。
でも、その戦いぶりが見られたのはわずかだった。
でも、相手の武術を封じる技とは、
実に犬塚らしい技。

すっかり武術漫画になってしまって、
一応ちゃんと、もも子との話があったのに
全く印象に残らないくらい。
でも、その方が良かったな、と思ってしまったり。
優介に天々と半蔵など、
魅力やインパクトのあるキャラが多くて、
最初の頃のもも子の存在感は
無くなってしまったし、必要もなくなってしまったのは
残念なような、それがかえって良かったような。

委員長の早苗がどんどん魅力的になっていったのが
この作品を読み続ける一番のモチベーションだっただけに、
もう少し報われて欲しかった気も。
これだけたくさんの個性的で主張の強いキャラがいる中
話の中心にいるキャラになってくれたので、
それだけで満足すべきかな。
お遊びキャラをやってられない展開になって、
残念なような、それがかえって委員長の魅力をより一層引き立たせたような。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

鴨川ホルモー 2巻

鴨川ホルモー (2) (角川コミックス・エース 216-2)
鴨川ホルモー 2巻
渡会けいじ/万城目学
角川書店

オニを使って戦う「ホルモー」に参戦することになった安倍たちだったが。

いよいよ、ホルモー開始。
ということで、ホルモーが中心の話になるかと思ったら、
一戦描いた後は、また、
安倍視点の大学生活の話。
芦屋との対立が話の主軸になって展開しているのは分かるのだけど、
安倍視点が強すぎて、もう少し周りの話を見せて欲しいところ。

結局、ホルモーが難解で説明調な部分が多かった割に
そのものが描かれた場面が少なかったせいか、
ホルモーなしで大学生の学生生活ものとした方が良いんじゃ、
と思えてしまったり。
実際、安倍と早良、芦屋に山吹、先輩たちと、
役者がそろった、実に良い大学のサークルものだし。
恋愛関係友人関係などなどの人間関係が入り乱れて
かなり面白いことになっているので、
3巻完結は惜しいな。

各話の扉絵には頻繁に登場する凡ちゃんだけど、
本編にはなかなか出てこなくて
残念でたまらない。
バイト中の楠木さんなんて
反則的なかわいさなのに。
ストーリー上の立ち位置も、かなり重要なことになってきそうだけど、
1巻からその気配があったのに未だ出番少ないから、
期待して良いものかどうか。

しのぶ先輩も
本名が判明したり、先輩キャラとしての立ち回りもちゃんとしたりで、
活躍の場が多いというのに、
凡ちゃん。。。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ZOOKEEPER 7巻

ZOOKEEPER 7 (7) (イブニングKC)
ZOOKEEPER 7巻
青木幸子
講談社

楠野香也のアイデアがコマ動物園の動物園としての存在価値を高めていく。

ヤマネの話の完結編にシマウマ話、
大の最期と
7巻も、動物と動物園のことを
いろいろ考えさせられる内容盛りだくさん。

ヤマネ編は、いつもの
アイデアが通って、モモとクマ園長が宣伝して
大団円。
一転、シマウマ話は、サーカスの調教師登場で、
とても深い話。
目的や目標が一緒でも、
そこに至る過程をどうするかは
立場や信念によってどうしても異なってしまうから、
どうすれば良いかなんて、正解はないよな。

そして、まさかの
大の大往生。
問題が解決して、やれやれとなったのは
つい先日なはずなので、
まさか、こんなに早くこんな展開になるとは。

それにしても、この作品は、
上手く伏線をバラまいて
それらをきれいに拾っていくな。
ものすごく流れが良くて、お見事。

酔っ払った楠野さんがかわいい7巻。
でも、能力の活かし方や飼育員としての成長はすばらしいので、
最初の頃の印象とはずいぶん変わって
頼りがいのある飼育員、という感じになってきた。
それにしても、秦野息子は。。。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

デイドリームネイション 2巻

デイドリームネイション 2 (2) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)
デイドリームネイション 2巻
kashmir
メディアファクトリー

高校の漫研部員と神さまのグダグダな夏。

神さまという非日常な存在がいるにもかかわらず
ゆったりとした時間が流れる日常を描いた作品。
漫研らしく、同人誌即売会に参加してみたり
合宿してみたり、と
イベント連発にもかかわらず、
行き着くところはやっぱり
OGのせつな先輩の知春いじりに
神さまやりたい放題。

色々盛りだくさんだった同人誌即売会。
隣のスペースのお姉さんにせつなの中学の同級生、葉子、
神さまの弟、一景など、
個性的なキャラが登場しまくりでカオスなのに
この作品の持つまったり空気感はそのまま。
本当に不思議な作品だ。
しかも、メガネ天国だし。

それにしても、部長、
さわやか過ぎ。

合宿と幽霊話もそうだけど、
あっちへ行ったりこっちへ行ったりしながらも
ちゃんと良い話にまとまってるから、
読み終わった後の充足感があって
落ち着く。
これだけぐちゃぐちゃな過程を経ていると
読み終わって、あれ、となってしまうことも多いのに、
良くまとまってるな。

カラー絵知春のエロいこと。
1巻以上にけしからんことになってる気がするのは
何でだろう?

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

超時空眼鏡史メビウスジャンパー 1巻

超時空眼鏡史メビウスジャンパー 1 (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
超時空眼鏡史メビウスジャンパー 1巻
小野寺浩二
メディアファクトリー

めがねの歴史を辿る研究者、南雲一文字。

めがねの歴史、丸分かり漫画。
自分も知らなかっためがねのことが色々分かって
とてもためになる、と同時に、
いつもの熱い漢たちの叫びも楽しめたり。
南雲兄弟の長男と、助手の掛け合いも楽しいな。

めがねの黎明期の話が中心な1巻。
当時の関係者がめがね萌えだったかは知らないけど、
当初の、ツルのないめがねにツルが付き始めるのが意外と遅くてびっくり。
自分は、ツルの部分も含めてメガネが好きなので、
現在の形になった頃の話を早く読んでみたい。

半分はジャンヌダルク話だったり
脇道にそれることも多々あるけど、
こっちも良い味付け。
小野寺浩二氏の絵柄が、西洋の歴史ものに
妙にしっくりくることにも気付いた。
これは、意外な発見。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ノノノノ 5巻

ノノノノ 5 (5) (ヤングジャンプコミックス)
ノノノノ 5巻
岡本倫
集英社

野々宮ノノは、双子の兄のふりをしてスキージャンプでオリンピック出場を目指すが。

ノノ、まともに勝負して初の敗北。
完璧超人だったこれまでの展開から
スポーツものらしいライバル的存在登場で、
俄然面白くなってきた。
一方、女であることを隠し続けてる話の方も
大きな転換点。
どの方向に話を持っていくのか
続きがとても楽しみ。

女の子に戻ったノノは、やっぱり、
かわいいというより、面白い、という形容詞の方が似合うな。
セクシーショッツ。

槇野にとってもキュートだと言われてしまった村松記者。
相変わらず良いキャラだなぁ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

もうすこしがんばりましょう 5巻


もうすこしがんばりましょう 5巻
山口舞子
白泉社

おバカ女子高生三人組と愉快な仲間たちが繰り広げる、ハチャメチャな日常。

やりたい放題な三人組のお話がついに完結。
相変わらずの
むっちゃんが大暴れして周りのみんなが巻き込まれる展開は、
かやのん、梅、いいんちょの
いじられ系キャラ三人との絡みがやっぱり楽しい。

キャラがかなり増えてしまったのは、
この作品的にはあまり良くなかったかも。
ほのかとか姫とか
個々には良いキャラなんだけど、
どうしても登場頻度が低くなってしまって、
もったいない。

いいんちょも然り。
この作品のMVPキャラだよな、いいんちょ。
5巻でも、数少ない出番の際には
ちゃんと仕事してくれたし。
これでおしまいはちょっと寂しい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

文化部をいくつか


文化部をいくつか
F4U
集英社

第四帝国統桜学園の文化部のみなさんの日常をご紹介。

前半は、色んな文化部の日常を、
後半は、生徒会長と文化部の人たちの毎日を描いた作品。
ゆるゆるまったりな雰囲気と
ドタバタ楽しい雰囲気が
上手く混ざり合った独特の空気感が楽しい。

前半の読み切り的な話も
一話一話は悪くないのだけど、
話のまとめ役の会長が主軸となってからの後半の方が、
単行本でまとめて読むには良かったかな。
ただ、作品の方向性が定まらないまま終わってしまって、
読んだ後の充実感はいまいち。

女の子ばかりの話よりは、
男子もいじっている話の方が面白かった。
だから、生物部と文芸部の話が好き。

でも、やはり、黒井と星島に目が行ってしまうな。
じっくり長く使えるのは星島の方なんだろうけど、
いじってかわいいのはやはり黒井の方か。
1巻完結の話なので、
こういう瞬発力のあるキャラの方が良いかも。
山瀬にいじくりまわされるところとか
良かったし。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

キミとボクの∞

キミとボクとの∞ (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)
キミとボクの∞
小野寺浩二
竹書房

めがねめがねめがね。

めがね好き彼氏とめがねっ娘彼女のバカップルっぷりを楽しみつつ
めがねの正しい上げ方まで学べてしまう、
こんな素晴らしい作品はほかにはない。
と感じてしまうあたり、
やはり自分はめがね好きなんだな、と改めて思わされた作品。
主人公である南雲兄弟の三男の言動に
いちいち共感してしまう自分が嫌だ。

ただ、自分は、
クイッと上げるのも嫌いじゃないかな。
一番は、センターアップだけど。
ボーイ・ミーツ・ガールは漢の浪漫。

めがね好き作者のめがねに対する愛の詰まった一冊なので
めがね好きな方にお勧めなのは言うまでもないことなのだけど、
冷静に話を読み返してみると
漢の熱い生き様が素晴らしいギャグ漫画でもあるから、
どんな方でも安心して楽しめると思う。
その辺は、いつもの小野寺浩二節だから。

コンタクトにしたって
本当の自分は見つかりませんよ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

スピリチュアルぱらだいす 3巻


スピリチュアルぱらだいす 3巻
小野寺浩二
小学館

亡くなった兄の声を聞くために心霊現象を求め続ける美月と、それに振り回されるスピ研メンバー。

美月の、兄との約束や
カトゥの過去、
氷室の家族の話など
物語の核心部分が次々と明らかになった3巻。
でも、シリアスな展開だけでなくクイズ大会などのお遊びも忘れてない。

3巻一番の見どころは、
玉置、横地が漢になること。
美月の方が漢らしい場面満載な作品だったけど、
こういうシーンは男性キャラの方が見応えあるな。
やはり、小野寺浩二作品はこうでなくっちゃ。

美月と氷室でツンデレ天国、
最高。
るぅのレギュラー化、大成功だし、
家のお手伝い中美月も良いよ。

橘も見せ場十分な本巻。
気がつけば、横地を面白くするには欠かせないキャラに。
天然キャラとしてはやりすぎ感もあったりするけど、
抑えるところは抑えてるから
悪いキャラじゃないよな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

RPL 〜ろーぷれ〜 2巻

RPL~ろーぷれ 2 (2) (少年マガジンコミックス)
RPL 〜ろーぷれ〜 2巻
宗田豪
講談社

青島は、演劇部の憧れの先輩の"恋人役"中。

相変わらず、先輩に振り回されたり
白石のあからさまな態度に気がつかなかったりな青島。
でも、緑川渚との関係が、単なる恋人役から
ちょっと変わり始めそうな気配もあって、
白石ピンチ、という感じ。
どんどん、三角関係ラブコメらしくなってきて
この先ますます楽しみになるね。

藍原先輩がなかなか面白くなってきた。
三角関係ものには
こういう役回りのキャラが必要不可欠。
良い感じでひっかきまわしてくれそう。
あとは、チャイナ赤坂先輩という見どころも。

白石のひとりで悶々、と
報われなさっぷりが魅力のこの作品、
2巻でも、ご期待どおり。
1巻以上に表情豊かだし、
特に、シンデレラ役の場面はとても可愛くきれい。
さすがに、役中はメガネなしだけど。
大コマも良いけど、
デフォルメキャラ状態は本当にかわいい。

緑川姉も、あざといキャラだけど普段はメガネ、
実にすばらしい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コンシェルジュ 15巻

コンシェルジュ 15 (15) (BUNCH COMICS)
コンシェルジュ 15巻
藤栄道彦/いしぜきひでゆき
新潮社

ホテルのコンシェルジュ達が、難しいお客様もおもてなし。

ちょうど、コンシェルジュという役割の人の話をネットか何かで見た直後だったこともあり、
この巻からでも楽しめる。という帯のコピーを見て
買ってみた。
決して、メガネメイド石和に目がくらんだ訳では。。。

ホテルのコンシェルジュの人と間接的にやり取りすることがあったが、
この作品内のキャラ達と
雰囲気がそっくりだったのを思い出す。
さすがにここまでやってくれなかったけど。

面倒な客を相手にする話は無難なまとめ方で
あーやっぱり、という感じの展開だったけど、
コンシェルジュの面々がいろいろアイデアを出しあって
客が求める以上のおもてなしをする話は
何をするんだろう、というワクワク感もあるし
キャラクターたちもイキイキ動いている感じ。
一話完結型だから
帯どおり、この巻だけでも楽しめた。
巻末とかの4コマ漫画も面白かったし、
最初から通して読んでみたくなるな。

ただ、ここまで何でもやっちゃうと
客がますますモンスターになっちゃうような、という気もするな。
客の側もルールを守らないと、という点は
大関のセリフに共感。

巻数が巻数だけにキャラが多くて
使いやすいキャラと使いにくいキャラに別れてしまってるけど、
及川さんはコンシェルジュの中でも使い勝手の良いキャラだな、という印象。
ネタでも使えて、できるしっかり者としても動けて、
実に良いメガネ上司。
あとは、鬼塚さん格好良い。
ツンツンしたところも素敵だし
4コマのデレもあったり、
実に良い。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

絶対衝激 〜PLATONIC HEART〜 1巻

絶対衝激~PLATONIC HEART 1 (1) (アクションコミックス)
絶対衝激 〜PLATONIC HEART〜 1巻
倉上淳士/八宝備仁/プラトニックハート事務局
双葉社

謎の石、プラトニックハートをめぐって、所有者たちが戦って奪い合う。

絶対衝激の漫画版。
キャラデザの八宝備仁氏の絵柄のイメージが強かったので、
最初に書店でこの表紙を見た時には
絶対衝激の漫画版だと全く気付かず。
でも、倉上淳士氏の絵柄が好きだし
綾たちかわいいし、
絶対衝激としては、まだ違和感あるけど
一つの漫画作品としては全く問題なく楽しめた。

プラトニックハートをめぐる戦いが主軸な話なのだけど、
絵柄のせいか
戦闘シーンのスピード感や激しいぶつかり合いなどの印象が弱くて
かわいらしくじゃれ合っているように見えてしまうのが
良いのか悪いのか。
すぐにポロリがあるから、そう感じてしまうのかな。
普段の会話シーンとかは
何の違和感もないのだけど。

設定上は、キャラクターの中にメガネキャラがいなかったので
他のメディアのものには食指が動かなかったのだけど、
綾たちの学校の友達に
そういうキャラがいて良かった。
話の展開から、学校での話が多そうなので、
この視点でも期待していいのかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

妄想少女オタク系 5巻

妄想少女オタク系 5 (5) (アクションコミックス)
妄想少女オタク系 5巻
紺條夏生
双葉社

オタクな女の子たちに振り回される普通な男たち。

阿部がますます不憫なことになってしまう5巻。
本命でない百瀬とキスしてしまうわ
ツレの千葉にキスされるわ
本命の浅井には好きでなく萌え認定されるわ。
実に良い感じのおもしろ展開。

千葉松井の関係が一息ついたので、
阿部側の話に集中できる展開だから、
三角関係?な感じの密度の濃いストーリー展開となって
実に読み応え有る。

ただ、腐女子たちの妄想話がひどすぎて、
現実なのか妄想の話なのか訳分からん、という部分も。
まあ、何にせよ、
阿部千葉が、妄想の中で
あんなことやこんなことをさせられてかわいそう。

5巻の、表情豊かな浅井は、実に、見ていて楽しい。
ちょっと前の、恋かも、という感じの頃より
生き生きしてしまっているし。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

くろがねカチューシャ 2巻

くろがねカチューシャ (2) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
くろがねカチューシャ 2巻
吉谷やしよ
芳文社

メイド喫茶「轟」の波乱と破壊の日常。

トキが巫女喫茶に引き抜かれそうになるも、
最後は大団円でめでたしめでたしな完結編の2巻。
良い話に持っていこうとするパターンが多くてマンネリ化して
ちょっと食傷気味なまま終わってしまったのは残念だったかな。
せっかくのドタバタコメディ設定が
もったいなかった感じ。

トキとハナのコンビの話がやっぱり良いな。
他のキャラも悪くないんだけど、アクが強いから、
絡み、という点ではこの二人。
ハナの中身を探る話が
2巻では一番。
せっかくだから、見たかったな、中身。

店長の恥じらいの表情も拝めたりするけど、
結局最後まで店長の真価を発揮するような話がなかったのが
残念無念。
せっかくの、メガネメイド暗殺者なのに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

スライド本立て

我が家は、本棚のある部屋と寝室が別なので、
枕元にちょっと本を置いておけるような本立てが欲しいな、と思って
色々探してみたら、
本を立てるところがスライド可能な小物入れを発見したので、
購入。

hon1.jpg

右側が伸びて本が立てられるので、
ちょっと読みたい本や未読本を立てられる。
リモコンも立てられるし、なかなか便利。

hon3.jpg

本が少なくても、本立ての部分が自在に動かせるので、
パタパタ倒れて本が曲がってしまう心配もなし。

hon2.jpg

作りが安っぽいのは残念だけど、
お値段も安いし
便利。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コミックフラッパー3月号


コミックフラッパー3月号
メディアファクトリー

特集が、
めがねっ娘が好きだ!!
ということで、購入。
このブログの一周年に合わせてくれたようで
嬉しいね。

表紙は、いかにも小野寺浩二、な感じだし、
カラーのメガネネタ4コマもなかなか。
冊子前半はメガネ漫画三昧だし、
素晴らしい、の一言。
今月から来月にかけて、
色々単行本も出るし、
楽しみ。

小野寺浩二氏と日坂水柯氏の対談も、
結構面白いね。
小野寺浩二氏の対談での発言は氏の作品から感じ取れるそのまんまな感じ。
自分としては、
伊達は×
似合わないメガネをしている女性にイラッとするは○
めがねっ娘が状況に応じてメガネをはずすことがあっても良いは○
ってところ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

気がつけば1年

このブログを始めて、ちょうど1年。

自分が読んだ漫画や遊んだゲームの感想を
淡々と書き綴ってきただけのブログですが、
とてもたくさんの方に見に来ていただいて
ありがたい限りです。
(今週中にカウンタが11111いくかな?)

今後も、こんな感じでメガネ漫画やゲームを取り上げていこうかと思ってますけど、
いつか、メガネ作品のまとめか何かができたら良いな、と思ったりもしてます。
そんな日が来るかどうかは?ですけど。

まあ、何にせよ、自分としては
ゆびさきミルクティの復活とCrossDaysが最初から問題なく動くことを祈りつつ
良い作品に出会えるよう
幅広く色々な作品に手を出してみたいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

無敵せんせい

無敵せんせい (CR COMICS DX)
無敵せんせい
ザンクロー
ジャイブ

汎用サイボーグSQ-86、ハル先生が中学校の教師としてやってきた。

いかにもなメカものドタバタ4コマ作品。
ハル先生のサイボーグらしいところが
それほど前面に出てきている感じではないけど、
その分、学級古代兵器の2機が頑張っているので、
メカものとしての成分は十分。
それに加えて、
ユイやいんちょーなど、人間キャラの
ハル先生に対するサポートが絶妙だから、
主人公であるハル先生の活躍もより一層引き立ってる。
ネタ自体も悪くないけど、
キャラ作りの良さの勝利、という感じの作品だった。

それにしても、SQ-86は3500万円で手に入るのか。
これだけのものが本当にこのお値段で手に入るなら
買っちゃうかも。
そして、カバーをめくると。。。
これは安心。

いんちょーあってこその、この作品。
クルクルメガネにツインテールは
ザンクロー氏の絵柄だと良く映える。
メガネがないネタも、ベタベタなのに
元のやりたい放題キャラクターとのギャップが
たまらない。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

花と泳ぐ 3巻

花と泳ぐ 3 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
花と泳ぐ 3巻
口八丁ぐりぐら
芳文社

幽霊の菊子と、幸太の楽しい日常が遂に終わる。

生霊菊子が元の身体に。
しかし、すんなり戻らないことを気にして
菊子の心の中にふみが梅田と助けに行ったり
幸太が助けに行ったり。
まさに、ザ・クライマックス。

この作品に流れる澄んだ空気感が素晴らしかっただけに、
4コマではなく普通な漫画作品として読みたかった。
4コマ漫画としての起承転結の体裁は整っているのだけど、
作品全体が4コマ形式に囚われたせいで
表現の幅が狭まってしまってもったいなかった感じ。

日常のコメディ展開は楽しくて良かったのだけど、
菊子が身体に戻ってからの話は
色々すっ飛ばして話が展開して訳分からん、となっているところに
ページ数自体は長すぎて間延び。
だから、全体に話が薄っぺらくなってしまって。

結末も、予想通りの展開で、
ちょっと残念。
この作品は、ハッピーエンドより
菊子が元の菊子に戻ったところで終わり、
が良かったかな。

そんな展開の作品だったからこそ、
会長の存在が癒される3巻。
会長のおかげでただの暗い4コマ漫画にならなくて
本当に良かった。

委員長の出番自体は少なめだったけど、
大学生委員長が見られてうれしい最終話。
大学デビューしたのに
コンタクトになってなくて良かった良かった。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ダマされて巫女 1巻

ダマされて巫女 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
ダマされて巫女 1巻
真田ぽーりん
芳文社

晴風の家は、歴史ある神社のはずだけど。

ギャグのネタにテンポもキレもある上に
巫女要素まで加わった
素晴らしい4コマ作品。
ああ、この漫画の掲載誌はまんがタイムジャンボだと
一発で気が付くくらい、
分かりやすい雰囲気を持ってるね。

山奥から高校に通うために身体的能力は素晴らしいけど
それ以外は普通な常識人の晴風だけど、
なまくさな神主の爺さんと父親や女装兄など
安倍家の個性豊かな面々にいじられたり、
巫女研究同好会の皆さんに研究されたり。
松島や由美ちゃんなどの、高校の友達との絡みも
清ネタや巫女ネタで飛ばしてくれてるし、
隙がない。

女装兄ネタや娘大好きネタ、シルビアなど、定番ネタと
学校ネタに季節ネタなどとのバランスも良いから
飽きないし。

学校の友達も松島や由美ちゃんだけでなく徐々に増えてきて、
中には、目立つ良いキャラも。
特に、喫茶店の娘の子は素晴らしいメガネっ娘だこと。
海の話もバイト話も良い役回りだったし、
このまま伊集院一なんか押しのけて
準主役に上がってくれれば。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

笑える子羊 1巻

笑える子羊 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
笑える子羊 1巻
岡本健太郎
講談社

ミッション系学園に通う親友同士がお笑いの道を目指すことになったのだが。

最初は、芸人が滑るところを楽しむような感覚で読んでいく作品なのかと思ったら、
話が進むにつれて、
バビンとえっちゃんの二人のボケや暴走に
周りのキャラがツッコミを入れたり巻き込まれたり、
というパターンが定着。
ギャグも、どんどんレベルが上がってきて、
最初の頃の空回りっぷりはどこへやら。

主役の二人はただ暴れまわるだけな感じだけど、
個性的で面白い周りのキャラが
この作品のキモ。
特に、平成生まれを嫁にしようと企む天才だけど変態な教師、シンチーは
この作品に無くてはならない存在。
全裸にカーテン一枚で学園内を駆け回ったり
教師として生徒に言ってはいけないことを堂々と宣言してみたり、
この程よいアホっぷりは、なかなか素敵。

佐々木先生や秋山などの準主役級だけでなく、
シンチーの嫁候補の三樹谷をはじめ
チョイ役にもたくさんメガネキャラが登場する点でも
とてもうれしい作品だったり。
特に、秋山は、分かりやすいキャラクターな上に
シンチーとセットでの出番が多いから、
シンプルに面白キャラに仕上がってきてて
なかなか良い感じ。

本編ではいまいちな日野のツッコミだけど、
話と話の間のは、なかなか切れてるね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ふたりエッチ 41巻


ふたりエッチ 41巻
克・亜樹
白泉社

真、優良夫妻と周りの人たちの性生活。

黄色くなくて、ちょっとびっくり41巻。
渡辺先生とるいの話に相性話が中心。
そして、またまたみゆき話が。
今回は単なる昔の思い出話にとどまらず、
子供が欲しいと言い出す始末。
いつもの、やっぱりあなたが好き、で終わらないから
この展開はちょっと変化球で、読んでて楽しい。
まあ、結末はいつも通りだけど。
それにしても、微妙な相手とよく出張に行かされるな。

杉山さん、久しぶりにかなりがんばる。
鈴の話もあったけど、
この子はどうなんだろう?
という感じ。
抜け過ぎな気が。
41巻の牧課長の見どころは、
真とみゆきでニューヨーク出張に行かせることにして
自分のナイス判断にご満悦な表情。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

落下傘ナース 1巻

落下傘ナース 1 (ヤングジャンプコミックス) (ヤングジャンプコミックス)
落下傘ナース 1巻
厘のミキ
集英社

守り、守られる共依存の2人の前に現れたサイボーグナースとは。

思考回路のおかしなチトセに、そんなチトセを何故か必死で守ろうとする文子、
超ヤブ医者の母親に、腐ったり頭が外れたりな、スプラッターサイボーグナースなどなど、
読んでいて気分がおかしくなりそうな設定満載な漫画。
こりゃあ、相当読み手を選ぶな、という作品ではあるが、
随所に散りばめられた伏線を見事に拾っていく展開には
かなり興味津々。

キャラクターやストーリー展開だけ見ると、
脳に傷を負ったり精神を病んだり首をはねたり、
なかなかアレな状態で読んでいてしんどくなるけど、
このエピソードをこう展開していくのか、とか
このくだりはここで効いてくるのか、など、
ストーリーの展開のさせ方の観点から見ると
とても凄いな、と思わされる作品だった。
今後は、サイボーグナースとは何ぞや、という話になっていくのだろうから、
話は今までより盛り上がりそうで
期待。

巻末の面白いけど何か笑えない4コマ漫画も
結構好き。

文子自体は、チトセに散々な目に遭わされながらも
普段は比較的普通な生活を送っているような描かれ方をされていたので、
もう少し友達とどういう感じで過ごしていたかを見たかったところ。
でも、今更元に戻れなくなってしまったから。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ひめくり倶楽部


ひめくり倶楽部

一迅社

日替わりで部の活動内容を決めるひめくり倶楽部の日常。

くじ引きして、その日の部活動が決まる、という設定は
個性的なキャラ設定と相まって
結構面白かった。
同じキャラが色々なことをするって
なかなか面白いな。
だからこそ、後半の
日替わり部活の設定が吹っ飛んでしまった展開は
単なる萌え4コマになってしまっていて
パッとしなくて残念なことに。
キラいじりが楽しい4コマ漫画だったのに。

咲のようないじられ系顧問の先生も結構好きなので
もっと出番が欲しかったところ。
ミソラとのコンビは良い感じだと思ったのに。
完全にキャシーに喰われた感じ。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

放課後プレイ

放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
放課後プレイ
黒咲練導
アスキーメディアワークス

放課後に色んなゲームで遊ぶ二人だけど。

彼女にひたすらヒールで踏まれる男の子と
ツンツンデレとした女の子の
ゲームを楽しむ様子と
恥ずかしがる姿を楽しむ4コマ漫画。
電撃4コマの作品なので、ゲームネタ満載だけど、
それよりも、デレの部分の面白いこと。
未遂ネタが面白かっただけに
最後はちょっと。
報われないままでも面白かったかな、という気も。

勉強中モードのメガネ姿のかわいいこと。
そして、猫耳メガネの話の
女の子としての部分を思いっきりさらけ出した時のかわいいこと。
作品全体のツンは、
この話のためにあったようなものだな、という感じ。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コスちゅ! 1巻

コスちゅ! 1 (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
コスちゅ! 1巻
一葵さやか
一迅社

幼なじみを振り向かせるためにコスプレ部に入ったゆかりだったが。

コスプレ半分、ドタバタ学園コメディ半分、な感じなので、
かわいいキャラがかわいい格好で
面白おかしく動き回る、という作品に仕上がってる。
さすがにレイヤーものだけあって、
キャラクターのスタイルは素晴らしい。

ゆかりをいじって楽しむ展開も面白いけど、
コメディ展開の本番は
千歳が登場してから。
方向性は違うけどゆかり以上のいじられキャラなので、
相乗効果で面白さ大増量。
ゆかりと直人のラブコメ展開や直人のおバカ言動が
今まで以上に増えてくると完璧なんだろうな。

璃奈のエロ先生に千歳の恥ずかしい過去と、
コスプレものらしく
メガネなキャラもちょこちょこと出てきてうれしいけど、
まだまだメガネ分は不足。
そういうのを期待しなくても
十分面白い作品だけどね。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ミツバチのキス 1巻

ミツバチのキス 1 (1) (アクションコミックス)
ミツバチのキス 1巻
伊図透
双葉社

触れた人のことがわかってしまう慧の能力を巡り、宗教団体、そして国がその力を利用しようと画策する。

人物の心理描写を楽しむ作品。
画風もそういう作品の方向性に良く合ってるので、
非常に読み甲斐のある作品になっている。
ストーリーや世界観が中途半端に取ってつけたような感じになっているのではあるけれど、
「わかってしまう」という能力の設定と
それを元に描かれる主人公・慧や駿河の心の動きが
非常に良く描かれているから、
作品全体としてみるとなかなか重厚で稚拙感無く。

とりあえず、1巻で一区切りついたような感じだったけど、
この先の展開がどうなるか全く読めなくて、
非常に楽しみ。
特に、慧がちゃんと成長したか、という点は読みたい。

慧が自分の能力に目覚めるきっかけとなったみほとの話は
もっとじっくり描いて欲しかったかな。
この作品の核の原点となる話だし。
他にも、宗教団体に引き込まれる話とか、
ちゃんと描いて欲しかったな、というエピソードはたくさん。
その辺が、とってつけた感を感じる原因なんだろうな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

もと子先生の恋人


もと子先生の恋人
田中ユタカ
白泉社

編集の男と女性漫画家の純愛物語。

暖かくやわらかな雰囲気の純愛マンガを読みたいなら
田中ユタカ氏が一番。
というわけで、本作も
恋する編集兄ちゃんの心の機微を描いた
切なくも温かい作品だった。

心情描写は山崎中心だけど、
その分、山崎視点で描かれることが多いので
もと子先生の
漫画家として、そして、女性としての魅力が
良く伝わる描かれ方になってる。
馴れ初めから恋人同士になる瞬間、付き合い始めた後と、
それぞれの立場での
もと子先生のかわいいところが描かれているから、
飽きも来ないし。

もと子先生は、女性になっている所も良いのだけれど、
プロの漫画家の顔になっている場面の方が
個人的には魅力的に感じた。
この横顔は、
凛としてて格好良いですよ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定