日常 7巻

日常 (7) (角川コミックス・エース 181-9)
日常 7巻
あらゐけいいち
角川書店

麻衣が口にする言葉は、虚々実々。

日常の何気ない出来事から
非日常なエピソード、存在まで、
ときにシュールに、ときに大袈裟すぎるくらい大袈裟に
ネタにしちゃう作品7巻。
今巻は、ゆっこいじりが楽しかったね、
麻衣のボケに振り回される展開はもちろん、
ウソをウソでカバーするに
どんどんハードルが上がっていくパターンとか、
頑張れば頑張るほど深みにはまっていくパターンとか、
この作品らしい展開のネタが満載。
瞬発力のあるネタとジワジワ系のネタが混在する
この作品の良いところが出たネタが多かった印象な7巻。

その分、なのとはかせのかわいい系ネタが
少なめだったかな。
先生たちや男子生徒などのサブキャラの
面白ネタも多かったしね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ふたりエッチ 51巻

ふたりエッチ 51 (ジェッツコミックス)
ふたりエッチ 51巻
克・亜樹
白泉社

会社の子に手を出しまくった稲垣、左遷の危機。

なかなか子供を授かることができない真と優良の
夫婦生活51巻目は、
ご近所の奥さん同士で赤ちゃん作りを話し合ったり、
でも、子どもができるまでは働こうかと高校を出てすぐに結婚したるいはパートを始めることにしたり、
優良は、真を愛していると言いながら
客観的に考えると自分のことばかり考えていることが判明してしまったり。
奥さん同士の集まりが
ほんわか笑顔で楽しそうだけれど、
考えていることが何だか恐ろしいなあと思うのだが、
どうだろう。
真をはじめ、どの旦那さんも大変だ。

みゆきの見合い話や
会社の皆さんの女子会でみんなイチャイチャなんてどうでもよくなっちゃうくらい、
ヤリチンキャラになってしまった稲垣のエピソードが
今巻でも強烈。
さすがに、これだけみんなに手を出してしまえば
左遷もいたしかたないところ、かと思いきや
それを言い渡した牧課長を
下半身で籠絡する始末。
普段ツンツンな牧課長が
今まで全く見せたことのないかわいい表情で稲垣と一夜を共にしちゃうとか、
稲垣、どうしてこうなった。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

あさひなぐ 3巻

あさひなぐ 3 (ビッグ コミックス)
あさひなぐ 3巻
こざき亜衣
小学館

夏休み、楽しみにしていた合宿は地獄の日々で。

現在連載中の漫画作品の中でも
最も熱いであろう、なぎなた女子高生奮闘記、3巻。

前半では、褒められるとすぐ調子に乗るわりに
上手くいかないとすぐくよくよする、旭の
なぎなたどっぷり生活は一休みで、
電車の中で運命の出会いをしたり、
部活対抗リレーで、憧れの先輩真春が
全力で疾走する格好良い姿を見て感激したり、
これまでとは違う意味での青春を謳歌中。
気になっていた男の子と
電車の中でばったり出会った上に
真春の弟だったとか、
運命すぎるにも程があるだろ、と思いつつ読んでたけれど、
袴を脱ぎ捨ててトラックを疾走する真春の姿を見て
全て吹っ飛んだんだ、
真春、格好良すぎるよ、
旭じゃなくても惚れちゃうよ。

後半からは、お寺での夏合宿編に突入。
徹底的に鍛え上げようとしてくれる教士、寿慶のしごきに
部員全員ボロボロになってしまうのだけれど、
皆が皆、負けず嫌いなものだから
ここまでひどい目にあわされながらも頑張っちゃう、
根性ってすごい。
特に、1年生トリオは、
一番運動神経はないけれど根性のある旭は、
早朝、皆が寝ている時間から
ほかの皆より体力がない分鍛えようと頑張るし、
将子もさくらは、旭のことを見下し気味にライバル心を持っているものだから、
旭の姿に触発されて気合を入れ直すし、
実に良い関係を築けてる感じ。
切磋琢磨とは、このことだ。

でも、ちょっと褒められると
旭はすぐ調子に乗るものだから。。。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ミル 3巻

ミル 3 (ビッグ コミックス)
ミル 3巻
手原和憲
小学館

地元に帰ったアキとミルは、それぞれ、懐かしい面々と再会する。

見た目は女子高生だけど中身はおばあちゃんな化け猫、ミルと
地味で冴えないけれど、心やさしい大学生、アキの
ちょっと奇妙な共同生活も3巻目。
ハプニング続きのドタバタ楽しい生活が続いているけれど、
普通の人間と、年をとらない長生きな化け猫という組み合わせな2人だからこその
このままずっと一緒に居続けられないという切なさが入り混じった雰囲気は
今巻も健在。
この雰囲気がじんわり来て、
読み応えあるんだよね、この作品。

熊本に帰省中の2人が、まったりと実家生活を送っていたところ、
アキのところに、元カノの中越さんが登場。
かつて、付き合ってた頃に
仲良くしている2人に妬いて彼女の顔をひっかいてしまったくらいなので、
ミルにとっては心穏やかでない状況ではあったけれど、
2人にとっては、これぞ、ザ・青春という感じの
甘酸っぱい思い出にドップリ浸ることに。
しかも、2人とも東京の大学に通う身、
思い出話を語り合っただけでは終わらないかもしれないぞ。

そんな、悶々とする時を過ごしていたミルだけど、
彼女は彼女で、それどころではない出来事が発生。
化け猫であることをアキにばらしたことについて
化け猫仲間から苦言を呈されると同時に
いずれくるであろう「別れ」を
再び強く意識させられてしまい。
かつて、飼い主と別れたことがあるだけに、
元の飼い主が今どうしているか、と気になってしまうこと
アキと再び別れないといけなくなってしまうこと、など
色んな事が頭をぐるぐる。
幸せな、現在を堪能できれば良いのだけれど
ミルにはなかなか難しいようで。
その、心の引っかかりが
今後の2人の生活にどう影響してくるのか、見ものだ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

GA 4巻

GA -芸術科アートデザインクラス- (4) (まんがタイムKRコミックス)
GA 芸術科アートデザインクラス 4巻
きゆづきさとこ
芳文社

如月は、ちょっとしたトラウマがあってアグリッパが苦手。

舞台も芸術科なら、
その漫画絵そのものも美しい芸術作品な
学園もの4コマ作品4巻。
今巻も、カラーページがちゃんとカラーページ、
しかも、色使いが素敵なので
見応えあったなあ。
残念ながら、夏なのに
カラー水着エピソードがなかったけれど。

仮装してクロッキーしたり、
野菜や果物をデッサンした後はおいしくいただいたり、
今巻も、まったりと芸術活動。
このほのぼの具合が
如月のメガネのズレ具合と相まって
ゆるい感じで良いよね。
三つ編みセーラー服如月も拝めたし。

しりTで竹田がたごさくを殴るのに使われたアグリッパの石膏像と
この作品で再会できるとは。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ぼっち日和。。 1巻

ぼっち日和。。 1 (IDコミックス REXコミックス)
ぼっち日和。。 1巻
今村朝希
一迅社

不器用でなかなか同級生と仲良くできない女子高生詩春に、かわいいお友達ができたよ。

見た目背が高くてクールっぽく見えて、
同級生たちと話をするときは表情がこわばっちゃうために
なかなか友達ができない女の子、詩春。
隠れファンもいるくらい見た目は素敵なのだけれど、
本人がネガティブすぎるせいで
色々上手くいかないところが
かわいらしくて微笑ましい。
かわいいもの大好きなのに、自分の見た目には似合わないからと
隠そうとしてるところなんて、特に良いよね。

そんな彼女が、自分好みのかわいい女の子のいる
煎茶部に入部したことで、
彼女に会える昼や夕方だけは至福の時間を過ごせるようになって、
少しは普段の上手くいかないことだらけのストレスから解放、かと思いきや
やっぱりうまくいかなくて、ってところが
また、よろしい。
そりゃあこれだけ
ぼっち最大の難敵、
二人組を作ってーとか
好きな子同士で班を作ってーとかが頻発したら
つらいよな。
でも、そんな状況で困っているとこの詩春の表情が
またかわいいから、
困ったもの。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ニート女と小学2年生

ニート女と小学2年生 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
ニート女と小学2年生
志水アキ
メディアファクトリー

自分のことを頼ってくれる少女に出会ったことで、引きこもりがちだった安恵は逆に勇気をもらう。

問題を抱えた小学生と大学生の心の交流など、
ちょっと心に引っ掛かりのある女の子たちが主人公の短編集。

ひょんなことから
家庭環境が大変な子の逃げ場所というか、
心のよりどころになってしまった
引きこもり大学生女、安恵が、
彼女と関わりあううちに自分を見つめ直して
普通に外に出て生活できるようになる、という
表題のお話は、
もっさりしてるけれど
料理も上手い巨乳メガネっ娘の安恵が、
自分を見つめ直して真っ当に生きるようになっていくにつれて
本来の高スペックなところがどんどん表に出てきて魅力的になっていくところが
素敵。
後日談的な、後編では、
最初の気持ち悪い表情がウソのように
きれいになってるし。
一方、色々家庭が大変な小学生、ミミカの方は、
実はこんなだけど、自分には優しくしてくれるお姉さんを持ったことで
大変な時にもいろいろ救われた訳で。
子どもにとって、こういう頼れる存在ってのは
重要だよね、と
再認識した次第。
でも、ミミカ、
中学生になっても見た目お子様だとは。

その他の話では、
お金持ちの家に出入りする植木屋さんが
目が見えなくなってしまったお嬢様のために
悪いことしまくる話が良いね。
シリアスチックなコメディ展開、
ジワジワきた。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

理系男子。 1巻

理系男子。~ぼくらの理科室 1巻 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)
理系男子。~ぼくらの理科室 1巻
中条亮/チーム理系男子。
一迅社

高校の理化学研究会で青春を謳歌する男子高校生たちの日々。

元素記号にちなんだ名前を持つ理系?な男の子たち、理系男子。をコミカライズした作品。
理系女子もの作品も最近は色々あるけれど
ツッコミどころも満載なので、
理系男子ものも内容にツッコミを入れつつ楽しめるかな、と思ったら、
そもそも、高校の化学系の部活に
こんなイケメンが何人もいる、という状況が
ツッコミどころだったという。
中にはそういう人もいるけれど、
ここまで、見た目も中身もイケメンな男が揃うことなんてないからねえ。
階段から落ちて中身が入れ替わったり、
幽霊が出てきたり、といった
ファンタジーなエピソードが多いのだけれど、
そもそも、この理化学研究会の状況自体がファンタジーだよな。

話の内容も、そんなに化学研究会らしいことはしてなくて
たまに実験しても、失敗で爆発、が頻発。
でもまあ、男同士の友情や
ちょっと抜け気味の男子高校生のじゃれ合う姿がメインなんだから
これはこれでおバカな感じで良いんじゃあないかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

フラ男子!

フラ男子! (バーズコミックス デラックス)
フラ男子!
吉川景都
幻冬舎

モテたいがために男子フラ部に入ってみたら、意外と楽しくて。

日本では女性の踊りのイメージがあるフラを
男子部員だけのフラ部の面々が
格好良く、優雅に踊るお話。
無愛想すぎてモテないどころか女性に避けられる始末の主人公、佐伯が、
隣の部室にいる女の子、山川さんの存在により
下心を持ちつつフラを始めてみることになったのだけれど、
始めてみたら想像以上にハード。
でも、楽しそうに踊る槙の姿を見たり、
フラの歴史などを学んだりすることで
当初の目的を忘れてしまうくらいに
フラにはまりこんじゃうことに。
夢中になれるもの、真剣に打ち込めるものを見つけた時の充実感は
何物にも代えがたいよね、というのが
ものすごく伝わってきたな。

表情はアレだけれどスタイルはなかなかな佐伯が
がんばって覚えたカヒコ、
なかなか格好良かったし。
本物も、男性のフラの方が見応えあったなあ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

夕焼けロケットペンシル 3巻

夕焼けロケットペンシル3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
夕焼けロケットペンシル 3巻
あさのゆきこ
メディアファクトリー

お店や人間関係の中で起きたたくさんのショックを乗り越え、サトミは大人になっていく。

コメディ分多めなHON屋さんとハートフルエピソード多めなこの作品、
店番女子小学生もの作品の新刊が今回も同時期に。

悪い奴に大事な品物を盗られたり、
好きな人がほかの女と仲良くするようになっちゃったり、
このところ凹むことだらけだったサトミだけど、
ニート父ががんばってみたり
母親が家に戻ってきてくれたり
同級生に励まされたり、
うれしいことも多々あったおかげで
一時はやめていた家のお店も復活。
いじわるばあさんに売り上げを何倍にもしないと店を続けることを許さないと言われるも、
サトミのがんばりのおかげで築いてきた
色んな人とのつながり、支えのおかげで
何とかクリア。
そして何より、
一連の出来事を通じて、思春期の入口にいるサトミ自身が
少しずつ身も心も大人になっていく姿が
愛らしい。
一人の女の子の成長物語、堪能させてもらった。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

私のおウチはHON屋さん 4巻

私のおウチはHON屋さん(4) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん 4巻
横山知生
スクウェアエニックス

中沢書店でポイントカードの扱いが開始、薄い本の取り扱いも開始。

Hな本の専門店の娘、小学生のみゆが
恥ずかしいこといっぱいだから、嫌々と言いつつも
結局がんばっちゃって、本屋の店員として成長しちゃうお話4巻。
みゆががんばっちゃったこともあって
それなりに繁盛している中沢書店に、
次々と怪しげな客が来店。
中でも、中沢書店でも売ってる官能小説の作者さんには
みゆたちがセクハラされまくりで、
大変けしからんことに。
同性だからって、これは。

変な客がどんどん引き寄せられてる一方、
常連さんたちの、みゆに対する愛も
どんどん深まるばかり。
ポイントをためて
みゆグッズをがんばって集めちゃったりするし。
でも、何だかんだで
自分のことばかりでなく
みゆのことをちゃんと考えてるようで、
セクハラしつつも
越えてはいけない一線は、ちゃんとわきまえてるようで。
普段忙しくて遊びに行けないみゆを
遊園地に遊びに行かせたり、
みんな優しいなあ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

でりばり! 2巻

でりばり!2(完) (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)
でりばり! 2巻
きんたろ
マイクロマガジン社

山田が宇佐美さんをうなぎさんと呼ばなくなったら。

名前だけでなく見た目も
あちらこちらの物流業者さんな登場人物による
ラブコメ作品2巻。
カンガルーの宇佐美さんが
彼女の名前を間違えてる上に、コスプレさせようとしたりするけど、
妹に愛されちゃうくらい根は優しい男、山田に
紆余曲折の結果デレちゃう過程が余すところなく描かれていて
大変こそばゆい今巻。
今まで自分をいじってくれた山田が
いじるのやめて、と言ったらその通りにしてくれたけど
そのせいで変によそよそしくなってしまって
やっぱりいじって、とか、
かわいくてかわいくてしょうがない。
いじられる姿を愛でてた頃も良かったけれど、
破壊力が違った。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

やさしい教師の躾けかた。 2巻

やさしい教師の躾けかた。 (2) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
やさしい教師の躾けかた。 2巻

一迅社

気弱そうでエロい、でもしっかり押すべきところは押す先生は、(一部の)子どもたちの人気者。

エロい見た目と天然な性格のせいで
みんなからセクハラされまくりだけど、
締めるべきところはしっかり締めてくれる
素敵な先生のお話2巻。
子どもたちには揉まれ、
保護者には愛でられ、
校長にはスク水姿にさせられる先生の
ナチュラルエロスが今巻も堪能できる。
一方で、子どもたちの、親とのちょっとすれ違い気味な関係を
先生の力で良い感じに導いてあげる
ハートフルなエピソードも結構あって、
ほっこりも味わえる。
なかなかお得な2巻だったな。

それにしても、子どもたち、
ツンデレ率高いなあ。
一方、男親たちは、
ダメな人だらけだったり。
そりゃあ、こんな先生を目の当たりにしたら
そうなっちゃうわな。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

レンアイ漫画家 3巻

レンアイ漫画家(3) (モーニングKC)
レンアイ漫画家 3巻
山崎紗也夏
講談社

がさつな清美の意外な一面を目の当たりにしてしまったため、彼を意識するようになってしまったあいこ。

漫画のネタのために、自分の意思に反した恋愛を繰り返していたら、
普通の恋愛も上手くいかなくなってしまったり
別れた相手がストーカー化してみたり、で
散々な私生活になりつつある女、あいこのお話3巻は、
新たな恋の予感がまたあったけれど、
そんなことはどうでも良くなっちゃうくらいの事態の連発が。
男であることを隠していた少女漫画家、清美が
彼を女だと思い、ライバル視していた漫画家、金條に
正体を気付かれてしまって、さあ大変。
清美のことを貶めようという気はない金條だけど、
素性を隠すことで作品のクオリティを高めてきた清美だけに
彼の漫画家としての将来が、どうなることやら。
金條は金條で、正体に気付いたことで
ものすごい行動に走るし。

あいこの方は、姉がやってきたり
清美の甥っ子レンが熱を出した時に
清美がとった意外な行動にひきつけられたり、で
今までのような、出会って別れて、は
先巻からの続きの彼だけ。
相変わらず、早瀬にがっちりストーキングされてるけど、
そんなの眼中にないくらい、清美と、バタバタな毎日に気をとられてるから、
あいこの面白恋愛ネタはしばらくお預けな気配。
まあ、清美をめぐる動きが面白いことになってるから、
致し方ないかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

リバーシブル! 1巻

リバーシブル!(1) (IDコミックス/わぁい!コミックス) (IDコミックス わぁい!コミックス)
リバーシブル! 1巻
すえみつぢっか
一迅社

海棠愁が転入した全寮制男子校に、何故か女子の制服を着た生徒がたくさん。

ブームから一ジャンルとして定着しつつある男の娘作品の専門誌の作品。
生徒の半分が女装しないといけない男子校を舞台にした
男同士の友情物語、というのが
いかにもこのジャンルの作品らしい。
どんなに見た目かわいくなっても、
中身は男。
青春の悩みも、勉強や家族に関する悩みも
友人同士それを分かち合う姿も、
見た目に反して
実に男っぽい。
何だか不思議な感覚を味わせてもらった気分、
変な媚びがなかったのも楽しめた理由かな。

親に無理やり全寮制の学校に転入させられてしまった主人公海棠愁が
規則により女装するようになったことにより、
新しい感覚に目覚めたり、
それを通じて、心に一物抱えたほかの生徒たちと
悩みを共有したり、充実の日々を過ごしたり、なお話。
女装を楽しんだり、変な感覚は感じつつも、
アッー!なところまではいかないから安心、
ノーマルな男の友人同士の絆、友情ものだから。

女装に関して、
化粧や髪のことなどに関する詳細な説明が描かれているから、
ただ女装してかわいい男の娘が出てくるだけの作品よりも
キャラクターがかわいいことに説得力があるね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

マンけん。 1巻

マンけん。 1 (サンデーGXコミックス)
マンけん。 1巻
加瀬大輝
小学館

文武両道、才色兼備の女子高生漫画家、日笠倖が、タルんだ漫研部員たちを叩き直そうと意気込むが。

学校では、何もかもがパーフェクト、人望も厚い女子高生、
でも、裏では、将来有望な漫画家、日笠さんが、
持ち前のまっすぐ情熱的な性格を
漫研の部長、紀梨乃にたきつけられて
自身の漫画道をまい進したり、
自分の世界しか見ていない部員たちに現実を教えようとしたり
逆にディープな世界を見せられたり、なお話。
彼女の、力強くわが道を突き進んでいく姿の熱さが
グダグダすることの多い漫研もの作品とは一線を画していて
読み応えあるし、
漫画家であることを隠したり
凹んだりいじられたり、良いように誘導されちゃったりするときの
かわいらしい姿とのギャップもなかなか。
生き生きした、元気な女の子は
見ているだけで元気もらえるねえ。

オタクやその手の作品をバカにしたりする輩には容赦なく鉄槌を下す一方、
自分の世界に引きこもっているだけのオタクに対しても容赦なく
現実を見せつけちゃう日笠さん、
格好良すぎる。

最近は、この漫研の部員たちのようにネガティブ系な問題を抱えた子らは
こういうに逃げ込んでくることすらなく引きこもってて、
むしろ自分がオタクであることを無駄に誇ってるような子らが
自分の世界しか見ないまま我が道を突き進んで
厄介ごとを起こしちゃう印象。
だから、日笠さんには、豊崎を
ガンガン鍛えてあげて欲しいところ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

寿司ガール 1巻

寿司ガール 1 (BUNCH COMICS)
寿司ガール 1巻
安田弘之
新潮社

人の形をした寿司に、癒されたり惑わされたり振り回されたり。

寿司を食べる方がガールでなく
寿司そのものがガールな擬人化もの。
ちょこんと頭に寿司ネタを載せた小さな女の子は
どのネタもかわいいのだけれど、
そんな寿司ガールと出会った人たちの人生は
厳しいものだらけ。
男に振り回される女性、
仕事や学校生活に悩みを抱える人たち、
でも、みんな、寿司ガールと出会って
彼女と一緒の時を過ごすことによって
少しずつ心のとげがとれていったり、
つらい瞬間を癒してもらえたり、
良い表情になっていく。
そんなお話が、なかなか。

ネタと、その擬人化、
その寿司ガールに出会った人のマッチ具合も良い感じだし。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

サマーQ

サマーQ-天野センパイの“忘れられない”夏休み-
千尋
講談社

強運男と超記憶力の持ち主の少女のコンビで、高校生クイズに挑む。

能力はそこそこだけど、強運の持ち主、サントーと
あらゆることを覚えてしまう超記憶の持ち主な上に
美人で巨乳な才色兼備の先輩、天野さんがコンビを組んで
運と実力で高校生クイズに挑むお話。
話が1巻完結なので、
ライバルとの競り合いや、チーム内での紆余曲折、
そして、この2人のラブラブ話などは、控えめ。
だけど、実力で答えられる問題は天野さんが答え、
勝負どころで出された問題は、サントーが
勘と、たまたまその問題の答えを知ってたという運とでクリアする、という
とてもきれいな展開な作品。
予想を裏切らない展開ではあったけれど
安心安定な作品だったかな。

それにしても、ヒロインの天野さん、
不幸体質なこともあってか
濡れ濡れになる場面が多々だったなあ。
後半の、水着姿よりも
こっちのほうがよっぽど。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

空声

空声 (電撃コミックス)
空声
こがわみさき
アスキーメディアワークス

音にならない声も、相手には伝わるもの。

少年少女の心の機微が、
声にならない声や、聞こえないけどちゃんと相手に伝わってる声が
鍵となるストーリーとともに描かれた短編作品集。
若さというか、幼さゆえに
つんつん突っ張ってしまったり、
ただ顔を合わせる、想う、だけで幸せだったり、
各話のメインキャラたちが皆
素直でまっすぐで、まぶしい。
大人になって、ドロドロぐちょぐちょな世界に慣れきってしまった今となっては、
こんな頃が懐かしく、
また、うらやましい限り。

同じ電車で毎朝顔を合わせる子との話とか、
夜の学校に2人で侵入、とか、
こういう感じのことにドキドキを感じられなくなってしまった身が
恨めしい。
だからこそ、こういう作品で
心洗われるのかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

三丁目の魔法使い 1巻

三丁目の魔法使い 1 (電撃ジャパンコミックス ア 2-1)
三丁目の魔法使い 1巻
あゆ
アスキーメディアワークス

吉川さん、魔法使いの店主のお店に入り浸り中。

謎だらけの魔法使い、東海林さんと
三つ編みメガネの女の子、吉川さんの
不思議すぎるほんわか話。
手に鍵の絵を描いたら触ったもの全ての鍵が開くようになったり、
強風を巻き起こす蝶に吹き飛ばされたり羽が生えたり、
東海林の周りにいると、不思議なことだらけま吉川さん。
でも、ひどい目に遭いまくりにもかかわらず
何となくその状況を楽しんでいるようで、
彼の経営する店には毎日通う始末。
彼のことがよっぽど気に行っているのか、
それとも、ただのマゾなのか。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

green.

Green. (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
green.
大朋めがね
芳文社

つまらない男に捨てられ、傷心のつぐみの前に現れたのは。

男に捨てられたところから始まる女同士の恋愛が
百合ものらしい、ちょっぴり切ない雰囲気で描かれた作品。
普通に男と付き合ってた子が
女の子にドキッとさせられて気になり始めてしまって、
男に幻滅したこともあり
そのままはまり込んでしまう、という展開かな。
男女の恋愛でも、なぜこの2人が惹かれあうようになったのかが描かれてないと
入り込みにくい上、
百合ものは、なぜ女の子同士がこんな風に、というところが引っ掛かること多々だけど、
こういう入りの部分が描かれていると
物語にも入っていきやすいね。
恋愛ものの序盤の、美味しいところだし。

恋愛関係が発展してくると
ドロドロしたり嫉妬心を抱えたり、というのは
百合もの恋愛漫画の王道パターン。
この作品でも、主人公のつぐみの、
本命の相手と、友人だと思ってたら内心では、という子の
心理描写のえぐいこと。
ノーマルな恋愛ものでは
ここまでのこと思うキャラ
なかなかいないからなあ。

しまいずむでもそうだったけど、
メガネっ子が寝る場面の
メガネをかけたり外したりのシーンって
いろいろ使い道があって便利で美味しいなあ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

しまいずむ 2巻

しまいずむ (2) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
しまいずむ 2巻
吉富昭仁
芳文社

遥と芳子の仲良しっぷりに憧れて、女子高生のあきらさんが2人に弟子入り。

お互いの妹が好きすぎて
ついつい暴走してしまう中学生コンビの行為が
清々しくも卑猥なところが楽しい作品2巻。
本人にあんなことやこんなことをしたくてたまらないのを
本人に似た姉である友人に対して試してしまうものだから
どう見ても仲良し百合カップルにしか見えなくなってしまう
遥と芳子。
今巻も、ラップ越しにキスしてみては興奮したりするなど、
友だち同士でするレベルのことじゃない事ばかり。
そりゃあ、傍から見ていた女子高生あきらに
ガチ百合だと間違われても仕方あるまいて。

遥が、芳子がメガネをかけたまま寝てしまったときに
はずして置いておいてあげるところなんて、
本当に仲良しだな、と微笑ましいし。
そういう状況に至るまでの
面白展開とのギャップもあるだけに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

世界で一番強くなりたい! 1巻

世界でいちばん強くなりたい!(1)【初回限定版・ドラマCD付】(アース・スターコミックス)
世界で一番強くなりたい! 1巻
夏木きよひと/ESE
泰文堂

国民的アイドルから女子プロレスラーに転身したさくらだけど、現実は厳しくて。

人気アイドルグループの中にあって
投票で一位になるほどであったさくらが、
仕事で関わった女子プロレスで受けた屈辱を晴らすため
本格的に女子プロレスの世界に飛び込むも
なかなか思い通りには行かなくて、というお話。
予想通りの、
相手の技を受けているときの恥ずかしい格好と
やられてもやられても諦めない熱い展開、
アイドル時代はじめ、今風な要素が散りばめられた
典型的女子プロレスもの作品かな。
だから、無難に楽しめるわけで。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

監獄学園 2巻

監獄学園(2) (ヤングマガジンコミックス)
監獄学園 2巻
平本アキラ
講談社

脱獄計画がガクトにばれてしまったけれど。

男子生徒5人組が、圧倒的に女子率の高い学校で
悪さをしてしまったため、
監獄でビシバシされちゃうお話、2巻。
まだ監獄へ入れられる前に仲良くなった女の子とデートに行くため、
監獄からの脱出を計画する主人公キヨシの奮闘っぷりと
ピンチの連続のドキドキ感が
どんどん高まってきてる。
ほかのメンバーのうちの一人、ガクトに計画がばれてしまったけれど、
条件付きで協力してくれることになった上、
自らの恥を顧みない漢らしい行動力で
キヨシをサポートしてくれることに。
強力な仲間を得て
キヨシの脱獄計画がどんどん面白い展開になってきたぞ。

この作品の一番の魅力はやはり
副会長。
姿形だけでもとんでもなくエロスなのに
踏んだりのしかかったり鞭で打ったりしたら
そりゃあ、監獄入りの目的とは逆効果ばかりだよな。
顔に座ってくれたりしたら
完全にご褒美だし。

一方、書記の花は
復活早々キヨシに再度辱められて
あっさりまたドロップアウト。
性格はともかく、見た目はかわいい子に
直接ぶっかけちゃうとか、
キヨシ、美味しすぎ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

小悪魔さん

小悪魔さん (まんがタイムコミックス)
小悪魔さん
佐野妙
芳文社

仲良し兄妹、兄は妹大好きだけど、妹は兄の思いを利用することがあったり。

微笑ましすぎる兄妹愛が軽妙に描かれた4コマ作品。
妹が好きすぎて、何でもしてあげちゃう兄と
自分のことが好きな兄の気持ちを時々利用しちゃうタイトル通りの小悪魔っぷりを発揮しまくるけど、
やっぱり心の底ではお兄ちゃん大好き妹との
良い感じの兄妹関係が
とっても素敵。
過剰な演出なく、軽妙なやりとりの兄妹ものだから
逆に、どっぷり楽しめるんだろうね。
ツンもヤンもほとんどなくてもこれだけ面白いのだから。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

摩訶ソサエティ 1巻

摩訶ソサエティ(1) (ワイドKC)
摩訶ソサエティ 1巻
ミキマキ
講談社

現代オタク文化を、イケメン一般人吉田くんが学ぶ。

現代のオタク文化、ネット文化を
残念美人教授、真中とイケメンリア充吉田が
ツッコみつつ解説してくれるお話。
ネット時代のオタク文化の解説が中心だけど、
歴史的背景というか、十数年前のこの世界をベースにした話の展開が多くて
自分の歩んできた道とピッタリ合致するものだから
とっても親近感が。
あるあるうんうん感、やばい。

この手の文化を、ちょっと引いて眺めてみると
社会、世相が見えてくるから面白い。
現場ではただ消費して楽しむだけだったコンテンツ、現象を
吉田の目を通じて咀嚼したり
改めてまとめてみると、
考えさせられる部分や新しい発見もあるねえ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

りびんぐでっど! 1巻

りびんぐでっど! 1 (少年チャンピオン・コミックス)
りびんぐでっど! 1巻
さと
秋田書店

片想いをしていた女の子が、ゾンビとして大復活。

最近ちょくちょく見かけるゾンビっ娘もの作品。
特にこの作品の楽しいところは、
首や腕のもげっぷりや中身のはみ出しっぷり、バラバラになりっぷりが
派手で、あかぬけてて
それでも、ゾンビのもなこが、かわいらしさを失わないところかな。

ちょっとした事故により死んでしまった、片思いの相手の女の子、
もなことの、
色んな意味でのドキドキ同居生活と、
彼女の親友で、主人公青山のことを好きな女の子、アンリも含めた
三角関係っぷりが楽しいドタバタコメディ。
自分がゾンビであることを前向きにとらえ過ぎなもなこの暴走と
それに振り回される青山のツッコミと苦悩が
良い感じのコンビネーションだ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

雑草女

雑草女 (アフタヌーンKC)
雑草女
朝基まさし/山田隆道
講談社

ズボラだけど前向き、だから放っておけない女性AD坂道さん。

いい加減で迷惑掛けまくりだったり図々しかったり、
でも、思考が前向きで、かわいらしいところも時々見せる坂道さんの
面白エピソードと、それにまつわる迷言が
ツッコミどころ満載な中にもハッとさせられる作品。
ほどほどにしか頑張らない、
部屋も自分の仕事スペースも汚い、
おごらせまくる、
ボーダーな服ばかり着てる、など
周りに居られるとちょっと、なところだらけのAD、坂道さん。
でも、ついついおごってあげたくなっちゃう適度な愛嬌と
仕事をそれなりにこなす能力のおかげで
いつの間にか愛すべき存在になっちゃってるところが
何だかすごい人。

でも本当は、こういう人を許容できちゃう
周りの人の方がすごかったりして。

人物もなかなかだけど、
個々のエピソードもなかなか面白く。
メロンパン事件、とか、
それほど忙しくなくて心に余裕がある時にこんなことされたら
一発で気に入っちゃうだろうなあ、こういう子。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか? 1巻

なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(1) (ライバルコミックス)
なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか? 1巻
内乃秋也/茂木完田
講談社

見た目も勉強も運動も完璧な男、東堂院聖也、しかし、女性関係に関しては。

スペックは完璧超人なのに
女性関係のこととなるとからっきしダメな男子高校生が、
彼女を作ろうと奮闘するもなかなかうまくいかなくて、が
面白おかしい作品。
勉強や運動、その他、学校生活ではあらゆる面できっちりこなすのに、
恋愛のこととなると、
女の子と2人になるとすぐテンパったり
ちょっと優しくされただけで相手に惚れたり
ほかの男の影が見えると思いっきりへこんだり、
童貞臭丸出し。
そんなところがいとおしい主人公だな。

昔やらかしたことの記憶を色々掘り起こされてしまうから
結構読むのがつらいんだけどね。

同級生や先輩などに、惚れては打ちのめされる日々が続く聖也。
ゆえに、女の子とのちょっとした出来事が
すべて悪い方悪い方に考えられてしまうのだけれど、
でもさすがに、元のスペックが高いだけあって
少しずつ失敗から学んでいくところはさすが。
そして、ある程度痛い目に遭ったところで
同じクラスの大堀さんや
異性としては意識していなかった昔からのツレの菊池などと
仲良くなれるチャンスが。
特に、もっさりした感じのところばかり見ていた菊池に
こんなこと言われたらたまらないだろうに。
この恋の行方は応援せざるをえまい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

くすりのマジョラム 2巻

くすりのマジョラム (2) (まんがタイムKRコミックス)
くすりのマジョラム 2巻
鈴城芹
芳文社

魔法の薬も処方してくれる薬局は、子どもたちのたまり場。

ちょっと怪しげな魔法の薬も出してくれる、
凸凹双子姉妹が店を切り盛りしてる薬局が舞台の
ドタバタ日常劇2巻。
すっかりたまり場となってしまったお店で
元気いっぱいの子どもたちと対等に渡り合っちゃう姉妹が、
今巻も、面白い薬を出したり、
変なトラブルに巻き込まれたり。

個人的には、ドタバタ日常よりも
薬に関する小ネタがタメになって良いなあと思ってるんだけどね、この作品。

内容的には、
小学生の錠とラムとのカップルは
お似合いな上、
本人もまんざらではなかったりしちゃって、
15歳差の年の差カップルの
この先の展開がなかなか楽しみだったり。
年齢考えたら犯罪なんだけど、
ただでさえ小さいラムがとんがり帽子をかぶってるもんだから
いくら白衣を着てても
お子様、魔女っ子にしか見えなくて
結果、小学生とラブラブしてても
違和感無いんだよね。
ラム、中身はちゃんと大人なのに。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定