あさひなぐ 5巻

あさひなぐ 5 (ビッグ コミックス)
あさひなぐ 5巻
こざき亜衣
小学館

試合に備える旭の姿勢に将子が違和感を覚えるのは、自身の過去の経験があったからで。

なぎなたに青春をかけることになった女子高生、旭の成長物語5巻は、
壮絶な夏合宿の成果を試すイベント2連荘。
一つ目の昇級昇段審査編では、
褒められたり乗せられるとすぐ調子に乗る旭らしく
他の高校の初心者、ひろ美相手にお姉さん気取りしちゃうけど、
素の身体的素質が圧倒的に違う相手に対して
あっという間に後れを取っちゃうところもまた
旭らしくてかわいいところ。
大粗相しながらも成果の一端を見せられ、そこを褒められて、
ボコボコに凹むどころかまた調子にのっちゃう前向きさが良いよね、この主人公。

新人戦の準備編では、
一年の中では一番腕が良いけど心が案外弱い将子が
中学の頃の剣道の大会で抱えてしまったわだかまりを解消するエピソードが。
ガサツで強気な性格とは裏腹に気にしいな将子だけあって、
団体戦を前に剣道でやらかしたことを思い出したりして
それゆえ周りに厳しく当たるようになってしまっていたのだけれど、
自分の中だけで抱えるのでなく、旭に昔のことを話したことで
すっきりした心持ちになるところが
青春ものらしい展開で、若さを感じて良いね。
普段は軽口をたたき合っている一年生同士が
いざという時には心の絆を深める展開は、
団体スポーツものらしくて良い感じ。

それにしても、旭が
どんどんたくましくなってるなあ。
薙刀の実力は相変わらず最下層だけど、
精神的にはかなり上位に来てるよね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

GAN☆KON 2巻

GAN☆KON 2 (少年サンデーコミックス)
GAN☆KON 2巻
菅原健二
小学館

順調に勝ち続ける新太とイサナの存在が、「組」の目に留まるようになり。

神と代行者のコンビで領地を賭けた戦いを繰り広げるお話にして、
イサナの巨神な本来な姿と変身後のかわいい巫女姿のギャップに悩みつつも
かわいい女の子姿と性格の魅力に負けた男、新太の
良い意味でも悪い意味でも男な姿を楽しむ作品2巻。
巨大イサナの姿にもすっかり慣れ、
戦いのほうも絆の構築も順調な新太たちコンビだけど、
勝ち進んで目立ってしまったことから、
大手の組織に目を付けられることになってしまう。
加えて、イサナの正体に関しては
何か秘密がありそうな感じ。
自分たちを襲ってくる敵を倒しながら2人でラブラブしてられない展開の連続が
今後も続きそうで楽しみ。
後は、最近大味な戦闘ばかり続いているので、
熱い攻防のある戦闘シーンも見たいところ。

加えて、2巻では、
クールでツンツンなメガネっ娘図書委員、三峰椿が
新太に興味を持っちゃう。
本の中のキャラに恋をしちゃう乙女なところもあるけど
基本ツンツンしてるところが素敵な彼女。
男たちに襲われているところを助けてくれた新太にドキドキしちゃうベタ展開ながら、
変わり者ヒロインとのドタバタ三角関係は
彼女のイサナに対する勘違いもあって
ひねくれた感じでなかなか面白いことに。
やはり、三角ですよ、三角。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ノア-NOAH

ノア-NOAH (ニチブンコミックス)
ノア-NOAH
如月謙一
日本文芸社

ある日マコトの元に届いた大きな箱の中には、女の子のアンドロイドが。

新規開発された女の子型アンドロイドとイケてない男とが
一緒に暮らすお話。
純真というか、目的や命令にきっちり従い行動するアンドロイド、ノアと
なし崩し的にノアと一緒の日々を送ることとなったマコトとの
楽しいことと面倒ごととが入り混じった日々が
ハートフルエピソードとともに描かれている作品。
マコトのために、文字通り身を張るノアの健気さが見どころかな。
もう少し長く続けば、
友人関係に問題を抱えたマコトはじめ
いろんな同級生のエピソードも楽しめただろうけどね、もったいない。

いずれにせよ、
かわいいノアの姿を愛でるための作品。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

月刊なかとば

月刊なかとば (花とゆめCOMICSスペシャル)
月刊なかとば
山口舞子
白泉社

コンビで漫画家ないつると春は、時にケンカし、時に相方の恋にニヤニヤし。

しばらく出張で新しい漫画が調達できなかったので
少し前の感想書き忘れ漫画でも。

コンビで活動中の漫画家コンビの2人が
仕事に、恋に、ドタバタ頑張るお話。
昔からの友人同士でプロ漫画家になったいつると春が、
仕事のことでケンカしたり支え合ったりする姿の
ドタバタ劇の楽しさと、コンビ愛の美しさを見せてくれたりする一方、
お互いの恋については
徹底的に見守りつつニヤニヤする展開。
最初のうちは、春の方をいじってばかりだったけど
途中でいつるの恋の相手が確定した段階で春の反撃が始まって、
相乗効果でニヤニヤ度が何倍にも増した感じ。
他人の、現在進行形で紆余曲折満載な恋愛ほど
楽しいものはない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

僕は恥っこが好き 1巻

僕は恥っこが好き(1) (ガンガンコミックスONLINE)
僕は恥っこが好き 1巻
若井ケン
スクウェアエニックス

ハル子と加藤の出会いが、2人と2人の周りの人たちの人生を大きく揺り動かす。

頭悪い感じの女子高生、ハル子が、
紙飛行機を拾ってくれた人にお世話になろうという
思いつきでやってみた行動により
出会ってしまったヘタレ男、加藤と
仲良くなるような、ならないような、なお話。
ある意味運命の出会いを果たした男女だけど、
弁当で必死に相手を釣ろうとする男と
頭空っぽっぽい、本能のままに行動する元気娘という組み合わせなせいで
さっぱり恋愛っぽくならない展開が
ハル子の友だち、本条でなくてもツッコミどころ満載。
むしろ、彼女の方が加藤を気にする始末だったりすることもあるくらいだし。
何がやりたいのかさっぱり分からないハル子以外の
周りのキャラクターたちの振り回されっぷりを楽しむ作品かな。

この主役級3人よりも強烈なインパクトを残してくれたのが、
鷹西、荒沢の、ヤンキーっぽいコンビ。
ハル子たちが授業中に遊んでいた事に巻き込まれた結果、
荒沢が鷹西にとんでもない誤解をしてしまったため
アッー!な感じになっていく展開が
主エピソードの印象すべてを消し去ってしまってくれた。
この作品、この2人のための話なんじゃないかというくらいに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

彼女とカメラと彼女の季節 1巻

彼女とカメラと彼女の季節(1) (モーニング KC)
彼女とカメラと彼女の季節 1巻
月子
講談社

高3になって一緒のクラスになったクールなユキに、退屈な日々を過ごしていたあかりの心は強烈に惹きつけられ。

窮屈な友だち付き合いに違和感を感じながらも
その枠の中で学校生活を送ってきた女子高生あかりが、
その枠の外でクールに振る舞うクラスメート、ユキに
どんどんと惹かれて自分の気持ちを抑えられなくなっていく姿が
かわいくて、かつ、見応えもある作品。
平穏ではないけれど女子として無難な日々を過ごしてきた女の子が
同性の格好良くて素敵な人にどんどんはまりこんでいくうちに
波風を立てまいと抑えてきた自分が解放されていく展開が
実に面白いし、
あかりという人物にこちらも惹きつけられていく。
恋する乙女というものは、やはり良いものだ。

二眼レフカメラを手に、様々な風景、人物を
本人の性格同様自由奔放に撮影していくユキ。
学校では、クールな振る舞いで知られるも、
その実、情に厚く、表情は豊か、
自分の目指す道をまっすぐ歩む姿は格好良いが
どこか影も感じる、という
二面性やミステリアスといった要素も兼ね備えたクール美女には
惹かれざるをえないよね、あかりでなくても。
そんな彼女のことをもっと知りたい、
でも中には、
ユキの幼なじみで、あかりにちょっかいを出してくる男、凛太郎との関係など
知らない方が良かったかもしれない事もあって、苦しい、という
恋心が赤裸々に描かれているこの作品、
読み応えあるな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

男子高校生の日常 6巻

男子高校生の日常(6) (ガンガンコミックスONLINE)
男子高校生の日常 6巻
山内泰延
スクウェアエニックス

ヒデノリと久しぶりに遭遇した文学少女のとった行動は?

おバカな男子高校生たちのシュールな遊びと
彼らを翻弄する女子たちに振り回される様子が楽しい作品6巻目。
男子たちがくだらないことを全力でがんばる姿が滑稽なネタと、
りんごちゃんやモトハル姉をはじめ
女子たちに暴走されて戸惑わされまくる男子たちの姿が
今巻も面白おかしく描かれていて楽しい。
特に、女子について理想を語り合った結果
現実を見せつけられるネタが
今巻は良かったな。

6巻でも、文学少女とヒデノリの邂逅ネタは健在。
番外編も含めて
お互いがお互い意識しているのに
なかなか関係が進まないところが
本当ならこそばゆい感じの青春恋愛ものっぽい感じなのに、
この作品の中で展開しているせいで
ギャグ感の方が上回っちゃってる感じ。
結果として、文学少女もっさんのちょっと痛い子な感じが強調されて
余計にかわいく見えちゃうから良い感じなんだけどね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 2巻

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 2巻
谷川ニコ
スクウェアエニックス

理想とはかけ離れた学校生活から解放された夏休みも、特に何事も進展せず過ぎ去り。

喪女っぷりを発揮する姿が面白おかしいどころか
痛い、切ないも越え、
もはや悲しくなってきた主人公、智子。
2巻では、かろうじて自分の相手をしてくれる弟に
一緒に花火をすることを拒まれ、
懐いてくれていた親戚の子に
自分の情けなすぎる姿を見せつけまくってしまったため
女子中学生の心を成長させてしまい、
数少ない、自然体で過ごせていた場である家の中での立場も
厳しいものにしてしまう。
自分が気にするほど周りは自分のことを気にしてないから普通にしてりゃ良いのに
自分をよく見せようと
アニメなどのシチュエーションを現実に持ち込もうとして
自爆しまくる智子の姿に
涙が出そう。
クールに振る舞おうとしているのにどんどん意図しない方向にことが進んだ挙句泣いちゃうところとか
恐い話を見て一人でトイレに行けなくなって弟に付き添ってもらったけど結局我慢できなかったところとかは、
ちょっぴりかわいいんだけど。

ままならない学校生活から解放された高校最初の夏休みも、
楽しい思い出といったら、
建物の屋上で花火を見ようと思っていたら
たまたまやってきた男子中学生と一緒に
ラブホを覗くことになったことや
性別♂のネコといっしょに星を見るくらいだったという智子。
以前、雨の日に傘をくれたイケメンに再会したり、
イケメン声優との握手会に参加したり、という
うれしい出来事があったにもかかわらず
その喜びを帳消しにするどころか
数十倍のマイナスダメージを直後に喰らうあたりが彼女らしい。
それでもまだ前を向いている自爆喪女の智子の強さは
ある意味素敵。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

青春しょんぼりクラブ 3巻

青春しょんぼりクラブ 3 (プリンセスコミックス)
青春しょんぼりクラブ 3巻
アサダニッキ
秋田書店

副会長の恋を応援したおかげで、青年心理研究会は部室を何とか奪還できたけど。

惚れた相手にことごとく振られ続けるにまをはじめ
恋や性格にコンプレックスを抱え中のメンバーたちが
正しい恋愛を求めてあれこれ活動中、なお話3巻。
にまと隠岐島、津和野とカナの四角関係が
くっつくべきところにまだ距離がある
絶妙な一番面白い領域に入ってきて、
それぞれがそれぞれ、押すべきか、でも自分に自信がない、という
やきもきする展開が続いて
キュンキュン。
津和野のぶっちゃけに、
振られることしか知らないにまがとまどったり、
一方で、にまと隠岐島のデート?をカナがストーキングしてみたり、
コメディ展開とシリアスラブ展開のバランスも良い感じ。
この均衡が崩れる瞬間が楽しみだな。

ツンデレ副会長の恋を取り持った後は、
久しぶりの依子のエピソード。
彼女がこんな風なちょい残念才女になってしまったきっかけの
母親と再会するかもという話の入りエピソードの
にまたちの無茶行動っぷりがいかにも青春劇っぽくて
悪くない。
にまをこの世界に引き込んで
彼女を幸せにしようとしてくれている依子に
まず最初に幸せになっておいて欲しいものだが。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

幼稚園からやりなおしっ! 2巻

幼稚園からやりなおしっ!(2) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
幼稚園からやりなおしっ! 2巻
久遠ミチヨシ
双葉社

るうと同じ境遇のおんなのこが、同じ幼稚園にもう一人。

行政システム上のミスで、2/29生まれの16歳の高校生が
4歳とされてしまったため、
システムがきちんとするまで幼稚園に通わされる羽目になった
元女子高生、るうのお話2巻。
気が付けばすっかり幼稚園生活に馴染み、
園児と一緒に楽しんだり、
園児に振り回されたり、好かれたり、
今の生活を楽しんでるんじゃないかというくらいに適応してしまったるう。
同じ境遇の同級生もでき
勉強に追われない日々を満喫していたところ、
本来の同級生の友人が妊娠したことを知り、
さらに、システムの改修も終わり、
自分が本当はそういう年齢だという現実に戻され。
色々ありつつも、浮世離れした夢の中の世界の日々は
そう長く続かなかったね。

でも、この一連の騒動のおかげで
るうの将来進むべき道が自分で見つけられたところが
彼女にとって一番の収穫。
回り道だった数ヶ月が
るうに良い意味でいろんなものを与えてくれて
とっても救われた気分。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

サイクロプス少女さいぷ~ 1巻

サイクロプス少女 さいぷ~ 1 (ヤングジャンプコミックス)
サイクロプス少女さいぷ~ 1巻
寅ヤス
集英社

背丈も胸も大きい妹楓香は、お兄ちゃんが大好き(性的に)。

お兄ちゃんが大好きすぎる妹にいつも困らされてばかりの兄が
うらやまけしからん過ぎる4コマ作品。
兄よりかなり背が高くて、胸も大きな妹に
抱きつかれたりのしかかられたり
日々誘惑されまくりの兄が
困りつつもドキドキしちゃってるところが面白楽しい。
兄好きを公言する天真爛漫な妹にこれだけ愛されて
それでも迷惑を感じるとか、贅沢すぎるな、
でも、兄は、妹も認めるロリコンだから
仕方ないか。

見た目でも性格でもナチュラルにモテるのに
兄しか眼中にない妹だけあって、
何だかんだで女子受けの良い兄がほかの女の子にモテて
やきもち妬く姿が
度を越しまくってて楽しいかな、個人的には一番。
特に、大学生兄のサークルの部長に
遊びか本気か分からない誘われ方して
兄も妹も弄られてるところとか、
良いよね。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

かみわたし~神様の箸渡し 1巻

かみわたし~神様の箸渡し 1巻 (ヤングキングコミックス)
かみわたし~神様の箸渡し 1巻
有馬啓太郎
少年画報社

田舎の町の神社に、はしを渡して入ってみると。

とある田舎町の神社で出会った
うさ耳少女姿の神様と、
彼女に会いに行く方法を知る少年とのお話。

神社の境内に入るところに「はし」を渡すことで
神様のいる世界に行けることを知ってしまったタケルが、
神社のある町に7年ぶりに帰ってきて
再び神様に会いに行くことで始まる物語は、
この地を治める神様の存在意義と役割、
神の住む世界と人間の世界とのつながり
地元の祭りの意味など、
複雑な要素が絡みに絡んだ展開。
でも、基本は、
子どものころに出会った、初恋のかわいい女の子と再会し、
彼女が不自由な暮らしを強いられていることに気付いたので
何とかしてあげたい、といったところ。
色んな付随要素の多い作品だけど、
ストーリーをシンプルに考えると
王道なボーイミーツガールものだね。

ツン度少なめのヒロイン、テルヒメと
ツン度多めの妹、
2人のツンデレキャラがこの作品の見どころかな。
神としての運命を理解しつつも
感性は少女そのものなテルヒメに
主人公がひきつけられるのも良く分かるし、
喧嘩ばかりだけど、
主人公の行方不明騒動のときには
すべてに優先して兄の事を探し回ってくれた妹もなかなか。
ツンデレ好きにはたまらないラブコメ作品だ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ハルカの陶 3巻

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)
ハルカの陶 3巻
西崎泰正/ディスク・ふらい
芳文社

窯に火を入れるも、窯主の修が体調を崩してしまい。

伝統ある焼き物の世界に素人のハルカが飛び込んだことで
伝統にとらわれていた世界が活気づいていくお話、最終巻。
いよいよ、最終段階の焼きの場面を描いた3巻は、
最も気を使わなければいけない行程だけに
集中しすぎて文字通り飯がのどを通らないほどになってしまった修が
途中で倒れてしまう展開。
おかげで、手伝いに来てくれた仲間もけんかになってしまうし、
ハルカも、直前によその窯での失敗を目の当たりにしているだけに
気後れしてしまうところもあったけれど、
そこは、ラッキーガールのハルカ、
持ち前の前向きな性格と運、仲間のサポートで
初めてながら最低限の仕事をこなしきることに。
窯焚きの難しさと仲間で協力することの良さ両方が
よく出てたエピソードだったね。

特に、作品全編を通じて
ハルカとであったことで変わっていった
修の姿が良かったかな。
気負うあまり、周りが見えなくなってしまった修が
良い意味で周りから影響を受け、また与えることを覚えていく、
人間として成長していく姿が良かった。
最近は、こういう人多いしね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Fairy Jewel 1巻

Fairy Jewel(1) (電撃ジャパンコミックス)
Fairy Jewel 1巻
垣野内成美
アスキーメディアワークス

見習い妖精の真珠が挑む妖精試験の課題は、みんなを幸せにすること。

試験合格のご褒美のためにがんばる妖精、真珠たちが
幸せ得点獲得のため、
人間たちを幸せにするために陰ながら奮闘するお話。
と言えば、聞こえは良いし、
実際、ほんわかあったかなエピソードもたくさんあるのだけれど、
徐々に泥沼化、多角化していく恋模様や
アッー!な関係、
年の差がありすぎて世間的には難しい関係など、
興味深い人と人との関わり合いにも首を突っ込むことになっちゃうところが
ワクワクするところ。
可憐でかわいい真珠たち妖精が
ドキドキしちゃう場面に立ち会わなければならなくなる展開の数々、
変化球な関係、複雑な関係の行方、などなど
この先が楽しみで仕方がない作品だ。

真珠の関わる3人きょうだい、
真鹿、真虎、真鶴が、
恋と青春の真っ只中、それぞれの方向で
幸せをつかんだり、面倒事を起こしたり、な展開が
面白い作品。
幸せの只中にいたのに、外からちょっかいを出されたり、
同年代の男女の恋とは大分違う方向に走ったり、と、
3人が3人とも恋の悩みを抱えることになる展開が
三者三様それぞれ楽しめる。
きれいな絵と複雑な中身とのギャップも良いよね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

はぢがーる 2巻

はぢがーる (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
はぢがーる 2巻
みやびあきの
芳文社

男の子とのドキドキ課題を順調にこなす紗江、本田君とも順調に仲良くなり。

普段はクールを超えてツンツンな姿がたまらない
黒ストめがねな女の子、紗江。
そんな彼女が、諸事情により
次々と課される男の子とのラブラブ課題を
期限内にこなそうと必死になっている姿と、
そのためにいっぱい恥ずかしい思いと妄想をして
赤面しまくる姿が
かわいくて仕方がない作品2巻目。

今巻は、課題が1巻のころからさらに一歩踏み込んで、
見つめ合ったり、ツーショットを撮ったり、お姫様抱っこをしてもらったり、と
さらにドキドキするものばかり。
ただでさえ、恋には憧れるだけで
男の子に対する免疫のなかった紗江が
短期間に次々とドキドキするイベントをこなしてきたのに、
さらにその上をいく課題の連続で
どこかで中盤の山がくるのではないかと思ったけれど、
さすがに才媛、
見事な作戦の連発で
順調に課題をクリア。
おかげで、気になる一方課題相手としても便利な相手扱いになっちゃってる本田君とも
すっかり仲良し。
後は、フィニッシュを迎えるのみ、で良いのかな?
最後のひと山あるのかな?

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

まんがーる! 1巻

まんがーる! (1) (アース・スターコミックス)
まんがーる! 1巻
玉岡かがり/ヤス
アーススターエンターテインメント

漫画雑誌の作成は、熱意があればなんとかなる?

作品の掲載誌の編集部を舞台にした
漫画雑誌の編集ものドタバタコメディ。
とはいえ、内輪的なネタになる訳ではなく
ごくオーソドックスな編集部もの4コマに仕上がっているので
変に構えて読む必要はなかった。
その業界のあるあるネタも散りばめられているんだろうけれど、
そんなことも意識せず、普通に楽しめるというのは
良い事だ。

やる気だけは人一倍の編集長と
しっかり者で、編集長の尻拭いばかりだけど
黒歴史を編集長に握られているせいで、良いように扱われ中の副編集長の
はなとあきの腐れ縁コンビを中心にした
漫画雑誌編集のお仕事ネタがたくさん。
明るく勢いあってノリも良く、な展開のおかげで
黒い冗談も楽しく読めちゃう。
中堅漫画家藤森先生も巻き込んだ、
毎日トラブルの絶えない編集部は
みんなで和気あいあい、楽しそうで
読んでいて気持ちが良いね。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

武蔵野線の姉妹 5巻

武蔵野線の姉妹 5 (Flex Comix)
武蔵野線の姉妹 5巻
ユキヲ
ソフトバンククリエイティブ

ランvs宇宙人、再び?

残念としか表現のしようのない喪女、ランの
ぐうたらニート生活も5巻目。
普段ウエメセで語るくせに実際には大したことできない彼女のヘタレっぷりや
妹との喪女同士の傷のえぐり合いが
今巻も、家で、銭湯で、繰り広げられる。
やることなすこと痛々しくて、
面白いを通り越して切なくなるほどのランの滑稽さ、
相変わらずひきつけられるなあ。

家の外では唯一の居場所だったメイド喫茶も別の形で存続し
もうしばらく続くことになったランとパンドラのダメ人間生活は、
親が体調を崩したことによりちょっと変化。
こういう強制力のある都合でもない限り
このぬるま湯生活ってなかなか抜けられないんだよね、現実でも。

でも、その後よもや過ぎる展開が待っていて...

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ひらめきはつめちゃん 3巻

ひらめきはつめちゃん 3 (BLADE COMICS)
ひらめきはつめちゃん 3巻
大沖
マッグガーデン

自転車を乗るのも、走るのも得意な天才少女、はつめちゃん。

何でもできるような、でも大した事してないような
すごい「はこ」といつも一緒な女の子、はつめが
発明家な彼女の父親や、友人たちと織りなす
ボケツッコミと言葉遊びが癖になる作品3巻目。
小1らしく、自転車に乗り始めたり、
運動会や花壇作り、授業参観など
学校のイベント満載だった中、
繰り広げられていたのは
いつも通りのシュールコメディ。
何事に関しても
はつめがボケてケイがのせる展開には
父やたくでなくても
ツッコまざるをえない。

いつものキャラ以外では、
校長先生のいじられ具合がどんどんひどくなってるのが
良い感じ。
みんなのために頑張ってるのに
その好意をボキッと折られてばかりの校長、
切な楽しいキャラに育ったなあ。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

めいなのフクロウ 2巻


めいなのフクロウ 2巻
水あさと
新潮社

大好きないとこのお兄ちゃんに振られためいなの心を癒したのは。

いとこのお兄さん大好きなフクロウ使いの女の子、めいなと
めいなを好きな同級生かなめが
性的にラブラブな関係になるまでを描いたラブコメ作品2巻。
その、いとこのお兄さんに振られためいなの傷心旅行中、
彼女に紳士的に寄り添うことでワンチャン狙うかなめだけど、
めいなに、好きなことは好きだけど
性的に好きな訳ではないと言われ、
一旦玉砕。
でも、かなめを好きなほたてが
自分の気持ちを置いておいての
2人をくっつけようというがんばりのおかげで
事態は好転。
そんな、恋模様がめまぐるしく入れ替わる展開が、
ドキドキはにかむ女の子たちのかわいい表情とともに描かれていて
楽しいラブコメ作品だったな。

後半は、フクロウ分少なかったのがもったいなかったけど。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コッペリオン 14巻

COPPELION(14) (ヤンマガKCスペシャル)
コッペリオン 14巻
井上智徳
講談社

葵の中には、もう一つの人格が。

遺伝子技術により生み出された
放射線問題なしな少年少女が
放射能汚染された東京で生存者を救出するべく奮闘する物語14巻目。
前巻から引き続いての、
復活した遥人と、彼らコッペリオンを生み出したDr.コッペリウスとの
完璧コッペリオン葵をめぐる戦いは、
葵の暴走により意外な展開へ。
まさに厨二なもう一つの人格が現れ、
これまでも時々見せていた
コッペリオン最強の力を発揮し始めてしまった葵を抑えこむため、
一時的にDr.コッペリウスと共闘するも
狡猾なDr.コッペリウスに葵を取り込まれてしまい、
小津姉妹も負傷して
遥人たちが大ピンチに。
めまぐるしく状況が変わる展開が
今巻も熱いな。
一時は抜け殻になっていた荊も復活したし、
次巻も勢いのあるバトル展開が期待できそうだ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

トリセツなカテキョ 1巻

トリセツなカテキョ (1) (まんがタイムコミックス)
トリセツなカテキョ 1巻
山東ユカ
芳文社

クールビューティーな先輩に図書館で毎日個人指導を受ける、赤点取りまくりの春吉君。

クールで近寄り難いけど、実は面倒見が良くて、ちょっと天然なところもある女の先輩が
おバカで前向きなところが諸刃の剣な後輩男を指導する
図書館で毎日行われる個人指導が
毎度毎度面白い事になってニヤニヤできちゃう4コマ作品。
春吉のひどい点数のテストを見て笑ってしまったことをきっかけに、
彼を真っ当な点数をとれるくらいに勉強を指導しようと決めた井原。
やればできるけど、自分で勉強できない春吉にイラッとしたり自信をなくすこともあるけれど、
お陰で、毎日のように行なわなければいけなくなった個人指導が
徐々に2人の仲を親密にしていく。
当初は、春吉は自己満足な妄想はするけれど
そこまで意識はしてなかったし、
天然な井原も、相手が男だという意識はほとんどなく
周りばかりが盛り上がっていた2人の関係。
それが、毎日のちょっとしたことの積み重ねにより
特に井原が相手のことを意識するようになる瞬間が
こそばゆくて良かったね。
この先2人がどうなるか楽しみで仕方ないぞ。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

炊飯器少女コメコ 1巻

炊飯器少女コメコ (1) (まんがタイムコミックス)
炊飯器少女コメコ 1巻
うず
芳文社

ある日、母から仕送りとして送られてきた大きな箱の中に入っていたのは、女の子の形をした炊飯器。

頭がご飯を炊く部分な女の子型炊飯器、コメコと暮らす事になってしまった
貧乏大学生、タケルのお話。
鼻を押すと頭がパカッと開いて
その中でコメを炊くことのできる仕様が
初見、ちょっと怖かったりするけれど、
かわいくて、ご飯に一途だけど
褒めたり仲良くしたりしないと美味しいご飯を炊けないところに
じわじわ愛着の湧いてくる炊飯器、コメコ。
そんな彼女に振り回されながら日々を過ごすタケルの
苦悩の日々が楽しい4コマ。

炊飯器としての能力はまだ未知数だけど、
女の子型ロボットとしてはものすごい高性能なコメコなので、
タケル狙いで時々やってくる彼の幼馴染み、アユカをライバル視したり、
かわいい格好でタケルと一緒に喫茶店でバイトしたり、
頭が開く以外はちょっと変わった女の子と一緒。
特に、コメコの性能の中でも一番の売りである
仲良くなるほどおいしいご飯が炊ける機能として
炊いたご飯をおいしいと言ってもらえた時の
うれしそうな表情のかわいい事。
面倒と言えば面倒かもしれないけれど、こんなに良い炊飯器なのに
彼女を邪険にしてばっかりのタケルがけしからんな。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ディメンションW 1巻

ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス)
ディメンションW 1巻
岩原裕二
スクウェアエニックス

コイルと呼ばれる装置によりエネルギー問題が解決したものの。

次元軸Wからエネルギーを取り出すコイルと呼ばれる装置をめぐる
近未来の世界での戦いと、
その世界の裏側でうごめくものたちの謎が面白いSF作品。
正規品のコイルでない、不正コイルを回収することを生業とするキョーマが、
ある仕事中に回収したパーフェクトな完成度の少女ロボット、ミラと出会った事で
不正コイルをめぐる謎により深く巻き込まれていくお話。
夢のエネルギー技術を手に入れた世界で
その技術を私欲のために利用しようとする勢力と
かつてその力の負の一面を見ているキョーマとが
否応なく敵対することになるストーリー展開と、
ミラの誕生にまつわる知ってはいけない事実とがリンクする
ワクワクな内容のSF作品だ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

世界の果てで愛ましょう 6巻

世界の果てで愛ましょう 6 (電撃コミックス)
世界の果てで愛ましょう 6巻
武田すん
アスキーメディアワークス

かわいくなってしまった兄に思わず手を出してしまった弟が身を隠した先は。

かわいい女の子にされてしまった涼馬が
トラブルに巻き込まれたり、トラブルを巻き起こしたりなお話も6巻目。

前半は、記憶障害があったとはいえ、兄がかわいくなってるとはいえ
実の兄に手を出してしまった弟、祐二のエピソード。
さすがにあんな事しては家にいられないので逃げだした訳だけど、
その行き先は、やはり、
祐二に気のある巨人王女、アリシアの宿。
となれば、アリシアと涼馬の祐二の取り合いになる訳で、
喜怒哀楽激しいアリシアの
かわいいところとアレなところが見られる訳で。
祐二にはちょうど良い相手だと思うんだけど
なかなか上手くいかなくて、
アリシアがちょっとかわいそうなような、
でも、展開的にはアリシアに好都合な感じなような。

後半は、再び
エミリオ王子のシリアスエピソード。
涼馬が今の状態に慣れ、
このままでも良いかも見たいな思いがちらちらしている一方、
エミリオの方は、涼馬を女にした事のマイナス面が目立ち始めたことを受けて
涼馬を元に戻すことを考え始める展開が、
なかなか。
すれ違いもある一方、相手を思いやっての行動をお互い取り合うところが
面白い展開だな。
どういうオチがつくのやら。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

鏡の国の針栖川 3巻

鏡の国の針栖川 3 (ジャンプコミックス)
鏡の国の針栖川 3巻
叶恭弘
集英社

恋が成就して鏡の呪いを解いた時、2人の関係にさらなる変化が。

意中の相手と両想いにならないと鏡の中から出られなくなってしまった男子高校生、
針栖川の奮闘記、最終巻。
秘密にしていた、意中の彼女、里見との
鏡を通じた奇妙な関係が、
里見の幼馴染みの松川にバレてしまったかと思えば、
本命を差し置いて
松川と両想いになって鏡の呪いを一部といてみたり、と
怒涛の展開が。
しかし、松川も気になるようになってしまったといいながら
やってることは松川を実験台扱いというあたりが
かわいそう。
ツンがデレに変わって良い感じだったのになあ、松川、
もったいない。

そんな犠牲のおかげで
相手と気持ちが通じ合うとどうなるかが分かった針栖川は、
それゆえ悩むことに。
といっても、ここまできたら
やることは一つだよね。
恋愛ごとは、ラブラブしてる状態よりも
そこに至る過程の方が楽しいから、
それが2度楽しめるんだから
むしろ美味しいじゃない、針栖川。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

アゲイン!! 4巻

アゲイン!!(4) (KCデラックス)
アゲイン!! 4巻
久保ミツロウ
講談社

事故により始まった2度目の高校生活、応援団が再び動き始めたばかりなのに元の世界に戻ってしまい。

高校卒業したはずが、事故により入学時に戻ってしまったのをきっかけに
高校生活で気になっていた事、
消えてしまった応援団の消滅阻止をやってみることになった今村。
4巻目では、元の世界ではなくなってしまった応援団を
団長を焚きつけることで
不格好ながら何とかしつつあったところ、
今村と団長のいがみ合いの結果落ち込む団長に
今村が抱きついてしまったことで
事態が面白い展開に。
普段あれだけ喧嘩してたのに
裏であんな事してしまったのを目撃されては
周りの人たちにはニヤニヤ楽しくて仕方なかろうて。
でもそれがきっかけで、
面白い展開になるのだろうね。

などと、青春真っ只中な展開に突入したかと思いきや
再び頭を打って、元の高校卒業後に一時的に戻る展開が。
高校3年間を待たずにこんな展開が待っていようとは、びっくり。
でもおかげで、元団長宇佐美をはじめ、
元の世界で残念なことになってしまった人たちを
ダメにしてしまった原因の情報を仕入れることができたから、
今村にとっては、アゲイン高校生活がかなり楽になったような。

加えて、今村と一緒にアゲイン中のアキの話が広がりそうなのも
気になるところ。
アキの彼氏の動きがいろいろ引っかかるから
メインストーリーの応援団復活に加えて
もう一つ楽しみができたかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定