FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミル 6巻

ミル 6 (ビッグコミックス)
ミル 6巻
手原和憲
小学館

自分の前から姿を消そうとするミルに対し、アキがミルにかけた言葉は。

見た目は女子高生、実年齢はおばあちゃんな化け猫、ミル。
自分が化け猫ゆえ、年をとらずずっと長生きすることを痛いほど分かっているため
自分を大事にしてくれる飼い主の前から
頃合いを見計らってスッと姿を消す生き方をしてきた彼女だけど、
彼女を大切に思う現飼い主、アキが
そんな生き方をするミルとの関係に決着をつけることになる最終巻。
アキをはじめ、優しい人たちに囲まれて居心地が良すぎて
でもそれ故、いつか来る人間と化け猫のギャップを恐れて
アキたちの前から姿を消すことにしたミルだけど、
ミルがいなくなろうとしたことで、逆に、
アキがミルを大事にしたいと思う気持ちを強くすることに。
おかげで、当て馬役の中越さんだけは切ないことになってしまったけれど、
ミルの願い、アキとの彼が子どもの頃の約束、など
全てが叶う、アキとミルの収まるべき関係に
2人が収まった、素敵な結末だったのではないかな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

トンネル抜けたら三宅坂 1巻

トンネル抜けたら三宅坂 1 (ビッグコミックス)
トンネル抜けたら三宅坂 1巻
月子/森高夕次
小学館

三宅坂登は一見イケメン小学生、しかし中身は変態、性欲の塊。

第二次性徴を迎えつつある男子ならそれなりに性的なものに興味を持つもの、
しかし、それが人の何十倍にもなってしまうと変態的な迷惑を色々やらかしちゃう訳で、
というお話。
見た目は格好良く、ちょっとスカしたところも一部女子には好評な
男子小学生、三宅坂。
しかし、人の見てないところでは、
女子の笛を吹いたり、先生の更衣室を覗いたり
エロ漫画を自前で描いたり、AVを変装して借りに行ったり、
大好きな犬のこと以外は、頭の中はエロ思考だらけ。
AVの撮影現場やエロ漫画編集部に押しかけたりするなど
自分の欲に正直に生きるあまり迷惑かけまくりな三宅坂だけど、
やはり小学生、思慮が足りなくて詰めが甘くて
自分の欲望を叶えてくれる一番美味しいところは逃しまくり。
そんな、自由過ぎるエロガキ三宅坂を
生暖かい目で見守るお話。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

バター猫のパラドクス 2巻

バター猫のパラドクス 2 (ジェッツコミックス)
バター猫のパラドクス 2巻
きづきあきら/サトウナンキ
白泉社

お互い好き合っていながら誤解が誤解を生むスパイラルに陥ってしまった兼末と若芽の、関係の行き着く先は。

うそつきパラドクスと同じ会社で巻き起こる
もう一つの波瀾万丈恋物語、2巻目。
主役の男女が2人とも、
お互いがお互いのことを想っていながら
自分は恋愛の経験がなくて自分のやることに自信が持てない一方
相手は知識、経験が豊富で一筋縄ではいかない人、という思い込みをしている者同士。
ゆえに、誤解が誤解を生み、
その誤解が解けてもさらに別方面の思い違いをする、という連鎖が
繰り広げられてしまう。
そんな2人の関係が、何でそんな方向に考えるんだよ、と、もどかしい一方、
心の関係が一向に進まないのに
身体の関係がそれなりに進んじゃうというギャップ、チグハグさが、おかしな感じ、
そこが面白くてたまらない。

2巻では、兼末が若芽の友だち有里とつきあうことになったり、
若芽が先輩の坂上にまた迫られるも、今度はもう少し真剣に考えるようになったりしながら、
でも、2人とも
やっぱり本心は変えられず、
お互い誤解を抱えたままながら、再び急接近。
でも、お互いのことを勘違いしているがゆえ、
やっぱり噛み合わなくて、また離れて、なことになり、
同じような展開の繰り返し。
むしろ、するべきことをしてしまったために
余計にこじれそうな。
この面倒くささがたまらない。

あの八日堂が
そんなことをどの口が、というシーンも良いね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

富士山さんは思春期 2巻

富士山さんは思春期(2) (アクションコミックス)
富士山さんは思春期 2巻
オジロマコト
双葉社

幼なじみ凸凹カップルがつきあってることは、みんなには内緒。

大きくて目立つバレー部エースの女の子、富士山さんの
ごく普通に過ごしてても目立っちゃう日々、
でもそれを除けば普通の女の子な何気ない日常、
そして、よく育った身体を
ゆったりまったり堪能する作品2巻。
ただでさえ、見た目で目立っちゃう上、
噂が一瞬で広まる田舎な中学で、
男と付き合うなんて相当な勇気のいること。
そんな状況で、幼なじみの上場とおつきあい中の富士山さんが
皆にばれないように隠れたり、ナチュラルに装いながら
2人で素敵な時間を過ごす姿が
今巻も微笑ましすぎる。
それほど背の高くない上場と身長差あるのに
上場が手を伸ばして傘をしての相合傘なんて、
富士山さんはもちろん
上場の方までかわいく思えちゃったが。

2巻のメインエピソードは、
運動部の合同合宿。
皆で行くとはいえ
夏で、一緒に同じ所に出掛けて、泊まって、なんて
初めて恋人ができた中学生には贅沢過ぎるドキドキシチュエーション。
皆の目をかいくぐりながら会ったり、話をしたり、
先生の目を盗んで相手の部屋に行ってみたり、かくまったり、
どれもこれも、この時にしかできない楽しい瞬間の連続、
それを余すところなく堪能しちゃう2人が
羨ましくてたまらない。
加えて、上場のラッキーすぎ美味しすぎな展開、
相手が富士山さんなだけに
極めてけしからんな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

惑い星と花


惑い星と花
野広実由
竹書房

思春期、成長期、少女は大人の女へいやらしく成長していく。

男も女も、難しい年頃、中学生時代の
心も身体も大人へと成長していく生徒たちの姿を描いた
4コマ作品。
これまでとは友達付き合いや人間関係も変わり、
本格的に恋もし始めるとともに
それにまつわる悲喜こもごもを経験し、
内面を成長させていくとともに、
見た目も、人から見えるところ、見えないところが
確実に、男に、女になっていくことに
戸惑いも覚えながら、
中学生活を送る生徒たち。
そんな成長途上の彼らの姿を楽しむとともに見守りたくなるエピソードの数々が
心に染み入る作品。
この時期の、大人になっていく自分や他者への戸惑いと嫌悪、葛藤の気持ちは
主人公の結衣子の口癖の、いやらしい、に集約されているよね。

その一方で、この口癖のせいで、
結衣子に必要以上に性的なものを感じてしまうのもまた、事実。

エロ方面に興味を持ち始めるも、やることなすことガキンチョな男子から
クールに振る舞いつつも、好きな子の存在に心穏やかならぬ日々を過ごす男子まで、
おバカやりつつ、それに呆れつつ
何だかんだで仲良くやってる男子たち、と
恋バナに花を咲かせる子たちもいれば、
好きな子がかぶったために、仲良かった友だちと上手くいかなくなり
グループからもあぶれてしまった子もいたり、な女子たち、
どのエピソードも、その頃のあるある話で、
懐かしい感じがする。
あとで振り返れば、大したことではなくても、
その頃のその出来事は一大事、なネタが次々と記憶に蘇り、
ほっこりさせられるけれど、
でも、いらん黒歴史の記憶まで蘇って
恥ずかしさに悶ちゃう。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

はるみねーしょん 4巻

はるみねーしょん (4) (まんがタイムKRコミックス)
はるみねーしょん 4巻
大沖
芳文社

あのペンは、はるみと2人の出会った時の思い出の品?

その辺を飛んだりできるのをはじめ
不思議だらけの宇宙人ながら
むしろ日本語言葉遊びやダジャレの方がよっぽど堪能なはるみに
ごく普通?のユキとかじゅが
はるみのボケにツッコんだり、振り回されたり、が
小気味良い4コマコメディ4巻目。
時には上手く、時には強引にダジャレに持っていく展開が
機知に富んでて読み応えある中、
時々ふっとシュールギャグを織り交ぜてきてクスッとさせられるところが
相変わらず面白い作品。
ゆるいけれどおバカとも言えないこの絶妙なレベル維持が
読み続けたくなる大きな要因かな。

ユキの妹の、宇宙人なはるみへのリアクションが新鮮だった4巻。
3人での掛け合いの楽しい作品だけど、
こうやって時々変化球でゲストキャラが出てくれると良いな。
頭の花飾りの本当の役目といい、
ある日突然ロングヘアはるみといい、
まだまだ謎だらけな宇宙人はるみだけど、
やっぱり、いつもの2人以外の人に驚いてもらった方が楽しいね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カンガエロ

カンガエロ (カドカワコミックス・エース)
カンガエロ
たうみまゆ
角川書店

男子大学生の頭の中は、エロ妄想でいっぱい?

生物も無機物も自然現象も、
あらゆる物事をエロい方向に妄想しちゃう
ある意味クリエイティブな芸大の大学生の
ゆるゆるグデグデ妄想がくだらなくて楽しいお話。
同じ大学の文化系サークルの集まりで知り合った、
エロ妄想大好き石川とそれに付き合う岸本の手にかかれば
北海道の厳しくも豊かな自然の中で出会う生き物も
ジンパの肉も積もった雪も
いくらでも性的なものに置き換えられちゃう。
何でもないごく普通の日常風景でも
頭の感覚はそっちの方向に向かいっぱなし。
そんなおバカなことばかり考えてるグダグダ大学生活が
楽しそうで、ある意味充実してて羨ましい。

そんなおバカ男子大学生のやることなすことに巻き込まれて
一人貧乏くじ引いちゃってるあっちゃんがかわいそうかわいい。
セクハラは日常当たり前、
でもそれ以上に、巻き込まれるだけでなく
自分から泥沼に足を踏み入れちゃうところが良いよね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

不器用な匠ちゃん 3巻

不器用な匠ちゃん 3 (フラッパーコミックス)
不器用な匠ちゃん 3巻
須河篤志
メディアファクトリー

友だちの為に自分の心を偽ろうとしても、抑えきれない気持ちはある。

手先は器用だけど恋愛は不器用な趣味人たちの
人間関係、そして、恋愛感情に振り回される姿が
時に楽しく、時に切ないお話、3巻目。
この年になってようやく出来た、同性の趣味の話ができる友だちの
好きな人が自分と同じであると知り、
なおかつ、相手のほうが自分よりずっと同じ時を共有してきていて
自分には入り込む余地がないと悟ってしまった主人公、藍川さんだけど、
かといって、簡単に離れられなくもなってしまった
せっかくできた趣味の楽しさを共有する仲間との関係を
自分の心を何とか抑えることで維持することに。
でも、やはり、気になる相手が目の前にいれば
そうも言ってられなくなるもの、
自分の内を誰にもさらけ出せず、より苦しんじゃうことに。
そんな、悶々とした気持ちを抱えて過ごす彼女の姿が
ますます愛おしくなる展開。
みんなで出掛けた先で、彼に買ってもらった手ぬぐいを
のりの缶に大切にしまっておく姿なんて、そりゃあもう。

そんな、自分を抑えちゃって自分で苦しんでる藍川さんだけど、
その好きな相手、渡井は、
昔から知ってる、彼を好きな睦希よりも
藍川さんの方を気にするようになり、
藍川さんにとっては、実は事態は好転中だったりするところがまた。
でも、そんな状況を知ってか知らずか、
睦希は、自分の気持ちに気づかない渡井に迫り、
藍川さんに気のある、睦希の兄の長谷川は藍川さんに迫り、と
長谷川兄妹が動いたことで、
この複雑な恋愛関係は
もどかしい、な状況から、どうなっちゃうの、な展開へ
ドキドキするところが変わり。
みんな、恋愛慣れしてないだけに、
色々やらかしそうで、期待と不安いっぱい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

蜜の島 1巻

蜜の島(1) (モーニングKC)
蜜の島 1巻
小池ノクト
講談社

戦友の遺した娘を故郷の島に届けることになった南雲、しかし、その島に行ってみると。

戦後間もない頃、復員した男が
戦場で倒れた戦友が東京に遺した娘を
彼女の母の故郷へ送り届ける約束をしたものの、
その島は、地図にも載っていない謎の島、
そこに住む人々の生きざま風習も謎だらけ。
そんな島で、次々起こる奇っ怪な事件の連続に
本土から来た彼らは巻き込まれ、というミステリアスなお話。
復員兵である南雲は、戦友の娘、ミツを連れ
彼女の母の故郷の島、石津島に行くことにするも、
そこは、限られたものしか存在を知らない謎の島。
そこに暮らす人々の生活も、昭和の時代の者からは
数百年時が止まったかのようなものに見える上、
特に、死というものに対する感覚が全く違う。
ゆえに、南雲や、彼と一緒に島にやってきた国からの遣い瀬里沢には
彼らの生活が奇妙なものにしか見えなかったのだけれど、
ミツの実家を探したり、島の調査をするうちに
周りで次々と謎の殺人事件が発生してしまう。
絶海の孤島でかろうじて言葉が通じる程度の人々ばかりの中、
南雲たちは生き延びるための必死の戦いをしなければいけなくなってしまう。
そんなストーリーが、雰囲気も、展開もミステリアス、
次々起こる事件の連続も熱くて目が離せない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

悪魔曰く俺の嫁 1巻

悪魔曰く俺の嫁 (1) (ガンガンコミックスJOKER)
悪魔曰く俺の嫁 1巻
宮城りん
スクウェアエニックス

りり子、オタクぼっち女子高生なのにイケメン魔界王子に求婚される、がしかし。

アニメやラノベやゲーム大好き元厨二女子高生、りり子が、
まるでそういうものでよくあるファンタジーな展開で突然現れた
人間界ではショタっ子、実の姿はイケメンな魔界の王子、ディオルに
自分と結婚しろと迫られちゃうけれど、
その手のストーリーとは大きく異なり
どんどん残念な方向に話が進んじゃうお話4コマ。
りり子自身、中学の頃にやらかして
友だちのいないぼっち生活を満喫する羽目になってしまった残念な子なのだけど、
そんな彼女が普通に見えるレベルのダメダメさ加減を見せつけちゃうディオルの
情けなさすぎる姿がなんだか愛おしい。
最初は、お子様わがままキャラかと思いきや、
ヘタレっぷりとストーカー気質がいつの間にか大半を占めちゃってて
あれだけイケてる見た目にも関わらず
すっかり面白キャラになってしまう情けなさ。
そりゃあ、弟にも小バカにされるわ。

一方で、兄を邪険にするディオルの弟ライルの方が
人間やりり子を見下しているにも関わらず
いつの間にやらディオルよりりり子と仲良くなっちゃってるところが
なかなか面白展開が期待できて良い感じ。
おかげで、ディオルがますます切ないキャラに成り下がっちゃって。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

私のおウチはHON屋さん 8巻

私のおウチはHON屋さん (8)(完) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん 8巻
横山知生
スクウェアエニックス

みゆのもとから母親がいなくなってしまった理由は、みゆが思いこんでいたものとは大きく違い。

嫌々ながらも自宅のHな本専門のお店の看板娘として働く小学生、みゆ。
そんな彼女の、口では嫌だと言いながら
エロ本ソムリエの才能を随所で発揮しちゃう姿がかわいいお話最終巻は、
いよいよ、本格的に
みゆが小さい頃に家を出て行ってしまった母親との再会エピソードから。
みゆの中で思っていた、母親が自分の元からいなくなった理由、
すなわち、この作品のストーリーの根幹が
おもいっきりひっくり返される展開にガツンとやられちゃって、
いったい今までのこのお話は何だったのか、というレベル。
やってくれるねえ。

でも、あれだけ恥ずかしい思いをしつつも務め上げてきた
自分の家のお手伝いを通して、
たくさんのエロ本に関わる大人たちと絆を深めてきたことが
一気に花開く展開は、なかなか素敵でハートフル。
ここだけ読むと、みゆたちはいったい何をやっているんだ状態の凄まじいエロ肯定っぷりでシュール過ぎるけど、
ここまで積み重ねてきたものがあるだけに、
温かい気持ちで読める展開なんだよね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

テラフォーマーズ 6巻

テラフォーマーズ 6 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 6巻
橘賢一/貴家悠
集英社

バグズ手術を受けた者たちが火星で進化したゴキブリたちと命がけの戦いを繰り広げる一方、地球では。

テラフォーミングのために火星に送られた結果、進化して強力な戦闘力を得てしまったゴキブリたちと
動物の能力を身につける技術により強化された人間たちとの戦いが
熱い上に、それぞれの生き物の能力なども勉強になっちゃう
一粒で二度美味しい作品6巻目。
いくらか犠牲は出たものの、火星に着いた直後の圧倒的不利な状況から盛り返しつつある戦士たちが
戦いを一区切りつけつつある一方、
地球では、火星に送られた者のうち、特に、親がバグズ手術を受けた子どもを巡る諸々の事情で
様々なグループの思惑が交錯する展開と、
戦いの最中、徐々に見え始めた
ゴキブリたちの現在の状況や、企みなどが、
いずれも、厄介な状況で
この先を期待してしまう感じ。
それぞれ、止むに止まれぬ事情を抱えながら戦う者たちをあざ笑うかのような裏での展開、
いやらしい感じで、楽しいね。

戦闘シーンでは、鬼塚の、
過去を振り返りながらの戦いが
人間ドラマな感じで良かったかな。
しかも、ボクサーであった彼のベースのシャコは、
海の生物の中でもそのパンチ力ゆえ相当な実力の持ち主、
まさに、彼にうってつけのベースを持った中での戦いっぷり、
そして、彼の人生そのものな戦闘展開、
面白くならないはずない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ファーストレディ 1巻

ファーストレディ(1) (ニチブンコミックス)
ファーストレディ 1巻
藤原芳秀/宮﨑克
日本文芸社

天然なのか計算なのか、我が道を行くようで皆を助けるファーストレディ、真琴。

良い意味でも悪い意味でも、自分の意志と感覚に従って生きる
首相夫人、真琴が、
天然で偶然なのか、計算ずくなのかは分からないけれど
見事なまでに、
あらゆる国内外のトラブルを解決したり、
首相である夫を支えたりするお話。
誠実な仕事ぶりで支持率も高い若き首相、前田の妻、真琴は
普段は自分の好き勝手に生きてるいい加減な女という感じなのだけれど、
一度何かアクシデントが起これば
見事に華麗にそのトラブルを最善の方法で回避しちゃう展開が、なかなか。
さらっとやってのけちゃったりするところが、小憎たらしい主人公な作品だな。

無駄に事件やトラブルが頻発する首相周辺で
一昔前に政権を担っていた人たちっぽいキャラクターたちが
モデルとは正反対と言っても良いくらいのイケメンっぷりを発揮したりする姿が
なかなかシュール。
本当はこんな人達であれば。。。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

まんがの作り方 7巻

まんがの作り方 7 (リュウコミックス)
まんがの作り方 7巻
平尾アウリ
徳間書店

売れっ子漫画家森下さんにも、ついにスランプというものが。

性格の大きく違う格差漫画家百合カップルプラス
バカップルをおだてて急かして良い作品を作らせようと奮闘する
真面目漫画家志望高校生の三人で織りなす
噛み合わなくてシュールな日常がじわじわくる面白さの作品7巻。
一緒にいると仕事がはかどらないということで
遠く離れて暮らし中の2人だけど、
そろそろそんな生活も限界、作品作りにも影響が出てしまったところで
久しぶりのゆっくり2人でデートタイムにより気力復活、な展開が
百合ものっぽい展開で安定の面白さ。
そこに至るまでの過程のシュールコメディも良いよね、
普通の百合恋愛ものなら、しんみり切なくなる展開を
ここまで楽しくしちゃうんだから。

そんな2人の紆余曲折に巻き込まれる中、
自分も、漫画家になるリミットである高校卒業を迎え
焦り中のツンツン武田さんも、
気が付けば2人のペースにどっぷり浸かって
将来を少し柔軟に考えるように。
しかも、スランプ中の森下さんにデレちゃうし。
2人に振り回されつつちゃんと成長した武田さん、
相変わらずの厳しいツッコミを今後も維持しつつ
良い大人に育って欲しいところ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

女子轟生 1巻

女子轟生 01 (ヤングキングコミックス)
女子轟生 1巻
内々けやき
少年画報社

能力者たちの住む島にやってきた武は、島で最初に遭遇した戦いの当事者、智とコンビを組むことに。

女性にだけ現れる凄まじい「能力」を使い
能力者たちが戦いを繰り広げる島で、
自分の能力である力で相手をねじ伏せる女子轟生、智が
その島にやってきた男、武の頭脳を得たことで、
強いものが正義の世界を成り上がることになるお話。
投球術や剣術など、様々な技を武器に戦う少女たちの
技を繰り出す姿の豪快さと
その応酬の結果の激闘が熱い作品。
どの能力者の力も凄まじいものがあるけれど、
そんなキャラクターたちだらけの中
「轟腕」で相手を叩きのめす智の豪快さはひときわ目立つ。
力と力のぶつかり合いを力そのもので制しちゃうのだから
そりゃあ格好良いわな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

波打際のむろみさん 9巻

DVD付き 波打際のむろみさん(9)限定版 (少年マガジンコミックス)
波打際のむろみさん 9巻
名島啓二
講談社

ヤス、たっくんに次ぐ人魚エンカウンターに。

博多弁人魚、むろみさんと、
普通の人間から、人外生物、伝説の存在まで
ありとあらゆる愉快な仲間や天敵との交流が
何でもありでカオスで楽しいコメディ、9巻。
乙姫様が上辺だけだけどデレた割には
あまりかわいくなかったけれど、
拓朗のことを間違いなく意識してる事実自体の方は
なかなか興味深いところ。
いくら不思議な存在とはいえ、乙姫様は人型、
色恋沙汰に発展して面白くなれるキャラは彼女しかいないから
もっと関係が深まるエピソードがほしいところ。

むろみさんが地球すら飛び出した経験があることが発覚したり、
イエティが仏教徒だったり、
淡路さんの持ってる槍がゲイボルグだったり、
何でもありっぷりがますますひどくなって、楽しい。
でもやっぱり、ここ最近一番趣深いネタは、
悪辣な顔をしたイルカと
イルカ大好きひいちゃんによる
海洋哺乳類嫌いのむろみさんをこちら側に引きずり込もうとするネタ。
とにかく、イルカの顔が極悪、
たまらない。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ガールフレンド(仮)

ガールフレンド(仮)
Ameba

サービス開始直後からチマチマやってましたが、
ビジュアルファンブックが出たので、ヒトコト。

ガールフレンド(仮)公式ビジュアルファンブック

サービスが乱立し、社会問題化もあって
斜陽化し始めたとも言われるSNSゲーム。
そんな中にあって、
オリジナルコンテンツながら
キャラクターデザインの魅力と
一番の売りの登場声優の幅広さ、豊富さで
それそこの地位は確立できたのがこのサービス。
テレビCMもかなり放映されたのも、
お茶の間を凍えさせる内容で、狙った層に届いているかはわからないけれど
知名度を上げるのには役に立ったかな。

内容は、高校を舞台に、主人公の男子生徒が
女子生徒や先生に応援されて戦ったり?助けたり?女の子と仲良くなったり?するカードゲーム。
強いカードをお金をかけて集めれば強くなるし、
お金でも買えるアイテムを注ぎ込めば
定期的に開催されるイベントでも上位に入れるという
典型的で王道的なSNSゲーム。
となると、どこで他のゲームと差別化するかといえば、
カードそのもの。
このゲームでは、ビジュアル=キャラクター自体に加えて
そのキャラクターそれぞれに当てられる幅広い声優陣が売り。
最近では、CVの付く同系ゲームも徐々に増えているけれど、
最初からそれが売りなこのゲームでは、
参加数は段違い。
さすがにこれだけ多彩なキャラがいれば
一人や二人、自分のお気に入りキャラが見つかるし、
声優ファンのパワーは、実際のイベントをチラ見するだけでも凄まじいものだったのを経験したので、
声を売りにするならそういう人に支えられるから
すぐにサービスが終わることもないかな、という安心感も
このサービスを続けてみようという気にさせてくれるかな。

ぼくは麻理のなか 2巻

ぼくは麻理のなか(2) (アクションコミックス)
ぼくは麻理のなか 2巻
押見修造
双葉社

麻理の押入れにたくさんしまわれていたのは、成人向けの本。

とある怠惰なキモオタ小森が
いつもコンビニで見かけたり、ストーキングしたりしていた女子高生、麻理になってしまい、
彼女に憧れる同級生、依とともに
この状況を何とか打破しようとするお話、2巻。
学校では明るくかわいい印象の麻理のイメージを壊さないように
頑張って振る舞う小森と
今まで学校では仲良くしていなかった依が
陰からそれをサポートする姿は
この手の作品らしいドタバタ続きで楽しいのだけれど、
それ以上に面白い展開は、
麻理の家でエロ本の束が見つかった上に
それがどれもこれも、小森が見たことあったものばかりなこと。
この辺りが、今後のストーリーの鍵になるのだろうけど、
元の彼女がこの本をそれ系の店で買ってる姿を想像したり、
それを調べるために制服姿の2人がおっさんたちに混じってそういう店で物色してる姿を見たり
姉の部屋にそういう本があることを知って、こっそり盗み読みする弟、など
直接的ではないけれどエロスの素がいっぱい散りばめられた描写と展開が、なんとも。

一方で、この事態をきっかけに麻理に近づいた依との関係は、
小森がこの状況下、これくらいなら大丈夫だと調子に乗りすぎたことで厄介なことに。
元の関係が、特に接点のない間柄なはずだということや
麻理のイメージがこんなだと振舞ったことで
依を傷つけたりもしちゃうし。
これだからこの種の人は、と思わずにはいられなくて。。。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

惡の華 9巻

惡の華(9) (少年マガジンコミックス)
惡の華 9巻
押見修造
講談社

佐伯にハッパをかけられ、充実した日々を再び手にした春日、過去と再び向き合うことを決意する。

大事をやらかしてしまった中学時代の反動で
高校では自分を抑え、殺してきた春日。
しかし、自分の心をたぎらせてくれるものを書く常磐と出会い、
また、偶然再会した佐伯になじられたことで
再び春日の時が動き出した高校生編。
9巻では、上手くいかなくなっていた常磐とその彼氏との間に
春日が見事に楔を打ち込むという
久しぶりの春日の攻めの姿勢が見られ。
自ら動いたと言うよりは、
佐伯に刺激され、抑えていたものが爆発した感じではあったけれど、
彼氏にプレッシャーを思いっきりかけられた後でのあの行動、
不器用さは相変わらずながら
見事にやってのけたのは、さすが。
春日らしい。

それをきっかけに、不協和音だらけだった家族関係も改善し、
相手の家族にも受け入れられ、
まさに充実の日々を過ごすようになった春日。
おかげで、落ち着いて過去と向き合う事ができるほどに
心の力を取り戻し、
いよいよ、中学時代の精算をする時が。
極めて順調な今が、どうなってしまうのか、
展開が楽しみ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

海月と私 1巻

海月と私(1) (アフタヌーンKC)
海月と私 1巻
麻生みこと
講談社

廃業寸前だった宿で仲居をすることになった梢は、明るく世話焼きで人当たりも良いけれど。

無口な主人が切り盛りする小さな宿にやってきた
素性はよく分からないけれど、何かとグイグイ押してくる
若くて元気な女性が、
宿をたたむつもりだった主人や、訳ありの客を
元気づけたり、心を和ませたりするエピソードが
どれも心に染み入る作品。
父もベテラン仲居も亡くなり、
客が切れたらたたもうと思っていた宿の主人だけど、
それまでの間の仲居を求人したところやってきたのが、梢。
こじんまりとした宿には不釣合いな彼女だったけど、
押しの強さに負けて雇うことにしたところ、
客の印象も好評な上、
トラブルを抱えてやってきた客たちの
問題や悩みをことごとく解決しちゃうおせっかいっぷりも発揮。
主人も、その元気な姿に引っ張られ、
宿を閉じるのをやめてしまったほど。
そんな彼女と、彼女に振り回されっぱなしの主人、2人で切り盛りする宿で繰り広げられる
喜怒哀楽様々な人間模様と、
梢の介入による円満解決とが
どれもこれもハートフル。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

そんな未来はウソである 3巻

そんな未来はウソである(3) (KCデラックス)
そんな未来はウソである 3巻
桜場コハル
講談社

異性の恋愛相談にのるうちに気持ちが移ってしまう、なんていう可能性は今のところなさそう?

相手の未来が見えてしまうミツキと
相手のウソが分かってしまうアカネ、
すごい能力を持っていながら、2人とも人の心までは読むのが下手なため
何だかいつもかみ合わなくて、な日常が楽しい作品3巻目。
ミツキに想いを寄せる同じクラスの男子、高山を
ミツキとくっつけようと奮闘してるのに
傍から見ると、自分が高山と仲良くしてるようにしか見えないアカネの
周りの見えてなさは、
ますます磨きがかかり中。
一応、ミツキと高山の距離は縮まっている感じなのに
余計なことをして返ってこじらせそうな勢い。
昔からの親友がいろいろツッコむだけの事はある。

面白シュールコメディネタとしては、
高山父がますます楽しいネタを提供してくれて。
女の子に囲まれてけしからん高山を
事あるごとにいじろうとしてくる父親、
ウザ過ぎて楽しい。
息子の女性関係が気になる父親キャラをもっと究めて欲しいところ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

みなみけ 11巻

DVD付き みなみけ(11)限定版 (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ 11巻
桜場コハル
講談社

ランドセルの似合う女子高生って。

かわいくシュールな、
南家三姉妹の皆さんとその友人たちの日常物語、11巻目。
いつもどおりの、カナたちのおバカなことに振り回されたりツッコんだり、の連続の中、
三姉妹それぞれの世代でローテーションするだけでなく
世代の違うキャラ同士の絡みがどんどん広がって
新たなネタが生まれることで、
新キャラなしでも飽きさせない展開が、この作品の特徴。
最近では、藤岡とヒトミの相性良すぎネタが良いね。
藤岡的には、チアキをはじめ、皆に好かれながら
本命のカナと時々美味しい思いもしながら
さっぱり関係が進展しないキャラなところに
ますます磨きがかかって良い感じである。

個人的には、最近インパクト弱いなと思っていた
ハルカ世代の面白ネタが
久しぶりに堪能できた気がした11巻。
おバカで、下の世代との相性が良いとはいえ
女子高生なところはしっかりキープしていたマキが
あんなに小学生ファッションが似合うとは。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

をのころん

をのころん (マンサンコミックス)
をのころん
高本ヨネコ/ルノアール兄弟
実業之日本社

緒乃子、15歳にして男の世界を必要以上に無駄に深く知る。

男の人に興味を持ち始めた普通の女子高校生に
怪しげな女神と召使が
音の世界とは何たるかを
実地見学しながら教えちゃう話。
場末の飲み屋や個室ビデオ、男湯など
普通に暮らしている子には
その中で行われていることが実態までは見えない男だらけの世界を、
透明にされたりして覗いちゃう、という形式で
描き出しちゃう。
あるあるネタと、作者独特の感性による面白い切り口とが入り混じったコメディなので、
その世界を知る者も知らない者も
どちらでも楽しめるかな。

身をもって男の世界を体験する、の究極ネタが
オナホのエピソード。
自分の身体をこけしにさせられた挙句
中に入っちゃうとか。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

大室家 1巻

大室家 (1) 限定版 (百合姫コミックス)
大室家 1巻
なもり
一迅社

大室家三姉妹、残念なのは次女だけ?

ゆるゆるなゆりゆり作品、ゆるゆりより、
おバカ担当の一人、櫻子とその姉妹を主人公にした作品。
櫻子とは違って優秀な
姉の撫子、妹の花子との三姉妹での家庭内ドタバタ劇と
姉妹それぞれの世代の、お友だちとの日常劇は、
女性キャラしか出てこないみなみけ、という感じ。
雰囲気は、ゆるゆりのそれと同じなので、
別の世界を同じように楽しめる作品、という感じになるかな。

撫子の方がガチ百合な一方、
花子の方は、友だち同士の戯れ合い感が強くて
特にゆるゆり的雰囲気強くて、ほっこり。
家ではお子様感の方が勝るけど
友だち同士ではしっかり者的存在で、
いろんな面が愛でられるし、良いね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ひよわーるど 3巻

ひよわーるど 3 (バンブーコミックス )
ひよわーるど 3巻
橘紫夕
竹書房

ヘロヘロになった時、暴走した時、お世話や後始末をするのは幼なじみの仕事。

肉体的には最弱ながら、
悪辣な言動のために
最近はすっかり強キャラな印象の
ひ弱主人公、守屋ひより。
そんな彼女と、友人たちの学校生活3巻目では、
彼女をお世話することになるなにげさんも登場。
普段から介護され慣れてるだけあって
ナチュラルになにげさんにお世話される守屋さん、
ここまでやられてはさすがのなにげさんも大変。

3巻では、瀬戸様大好きぽっちゃりももかが
彼女の幼なじみのケイとともにレギュラーメンバーに。
トミーのことが大好きすぎて
ストーキングにウザ絡み、
本人はおバカで、勉強も日々の生活でも失態犯しまくりなモモは
周りのキャラに迷惑かけっぱなしのツッコミどころ満載キャラなおかげで
良いドツかれ役。
ボケ役なくせにツッコミどころの少ない守屋さんより
よっぽどいじりやすい良いキャラになったね。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。