スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさひなぐ 10巻

あさひなぐ 10 (ビッグコミックス)
あさひなぐ 10巻
こざき亜衣
小学館

合宿の最終日、成果を試す試合の舞台にあの高校が。

格好良い先輩に憧れて薙刀を始めた旭の
努力と根性と少しの才能で
自分がやると決めた薙刀の道をひた走る青春物語10巻目は、
他校との冬の合同合宿の成果を計る学校同士の対抗戦が開始。
皆から相変わらずなめられてるけれど
着実に力をつけてきている旭の活躍っぷりは、
今巻は一休みだけど、
ライバルの寧々も憧れる、薙刀をする高校生にとって最強のチームが
熊本からやってきたことで、
より緊迫感がある試合の連続に。
特に、守りに入る性格が弱点の部長の
追い込まれたことによる覚醒と、
旧知の同士に久しぶりに会って気合の入る寧々を相手に
実力差を思い知らされるも、何かを掴んだ将子のエピソードは
2人ともまた一歩成長したところがはっきり見えて
良かったな。
次は、旭の成果が試される番、
実力未知の相手とどういう試合をすることになるのか、見もの。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

女子のてにをは 1巻

女子のてにをは 1 (ビッグコミックス)
女子のてにをは 1巻
るなツー
小学館

日常に垣間見える、女の子たちのかわいいところ。

毒っ気の一切ない女の子たちが
ちょっとレトロでほんわかな雰囲気の日常で見せてくれる
そこはかとないかわいい部分が、
味わい深い作品。
盛り上がりがあったりなかったりの淡々とした日常における
友だち同士の会話ややりとりの中の
何気ないけどふとした瞬間が絵になるのは、
この年代のこの子たちならでは。
そういった素敵なところが、ノスタルジックな雰囲気と相まって
より一層輝きを増している感じ。
媚びを全く感じないのに
こうあって欲しい、なファンタジーな感じがとても良く出ているおかげで
素直に彼女たちのかわいさを楽しめるし、
今を描いているようであるけれど
美しい部分だけを切り取った思い出、という感じを覚える作品かな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

SE 1巻

SE 1 (ジェッツコミックス)
SE 1巻
此ノ木よしる
白泉社

丘が通学中に気になっていた女子高生は、自分が就職する会社の社長だった。

大学生の頃、通学で使う電車でいつも気になっていたかわいい女の子が
実は、自分が入社した小さな会社の社長を務める
天才プログラマー少女だった、というプロローグで始まるお話。
新社会人の丘は、そうやって、運命の?彼女と再会したのだけれど、
普通のIT会社だと思っていたら、web製作やサーバ管理以外に
その会社で開発していたのは、オナホ。
しかも、使えば使うほど使用者に快楽をもたらすという
スマートホールと名付けられた素敵仕様なもの。
かわいく、プログラマーとしての才能も抜群な子が
そんなものを開発するという奇妙な事態に戸惑いつつも、
恥じらいながらも真剣に開発する姿に触発されて
丘はがんばっちゃう。
オナホと女子高生という組み合わせの奇妙で突飛な設定と
天才女子高生社長、高島百香の赤面姿、
そして、先の読めない展開だらけのストーリーが
いずれも楽しめる作品。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

パーツのぱ 9巻

パーツのぱ (9) (電撃コミックスEX)
パーツのぱ 9巻
藤堂あきと
アスキーメディアワークス

話題となってきた2階のこんぱんが閉店することになり、こんぱそも苦しい立場に。

アキバの小さなパーツショップの悲喜こもごもが
ときに楽しく、ときにしんみり、なお話9巻目。
他店との競争には相変わらず負けっぱなしだけど、
個性的店員の魅力で何とかがんばるこんぱそ。
でも、さすがに大手の数の力には抗えず、
テレビでも取り上げられた2階のこんぱんが閉店、と
苦境はますます深まり。
店長も弱気一辺倒、
この時勢や時流を反映しているかのような展開が
ちょっとつらい。
そんな状況でも店員の誰か彼かがミスやトラブルをやらかしちゃうところが
こんぱそらしいのだが、
そんなだから店が苦しいんだよな、とも思ったり。

ちょうど、win8が出る前後のエピソードなので、
その関連のネタが、ちょっと懐かしい。
普通のモニタがタッチ操作できるようになると思って…ネタ、
実際に見聞きしたしな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ちょっと! そこの男子!

ちょっと! そこの男子!  (カドカワコミックス・エース)
ちょっと! そこの男子!
津留崎優
KADOKAWA

男女比3:29の元女子校に入っても、ハーレムどころか、学校の中に居場所が。

男子の十倍近く女子のいる、元女子校を舞台にしながら、
かわいい女の子に囲まれて
彼女たちとイチャイチャするでもなく、
ひたすらけなされ、隅に追いやられ、
数少ない男子同士で結束を固めるしかなく過ごす
虚しい男子高校生たちの物語。

入学前の夢や希望はすでに失われ、
ひたすら、女子たちに愚弄されたり、無視されたり、あごで使われたり、な前久保たち。
ツレの川口のように、嫌われてるなら何を言っても問題なし、と
罵詈雑言でちょっとだけ抵抗してみたり、
鈴木のように、男子扱いされず、上辺だけでもスムーズな付き合いをしてみることもできない、
女子たちからは、スルーしかしてもらえない前久保の
無駄に時間を費やすことしかできない青春の貴重な日々の浪費っぷりの切なさは
半端ない。
女子たちのほとんどがかわいくないせいで
目の保養ができないどころか、
痛々しい勘違い発言や意味不明キャラ作りのために
精神を削られちゃう始末。
男子たちの悲哀が
心に刺さる4コマコメディだな。

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

妄想稼業の道長さん 2巻

妄想稼業の道長さん 2 (フラッパー)
妄想稼業の道長さん 2巻
志賀伯
メディアファクトリー

映像で実際の行為を見てしまったがゆえ、逆にそれが、花の作品の面白さを阻害してしまったみたいで。

家計の足しに、と始めた成人向け小説書きが、
思わぬヒットのため、
書いているのが自分とばれないように、など
別の悩みを生み出してしまって困惑中の
女子中学生、花。
しかも、その話のモデルが友だちなことを本人に感付かれたり、
同じ学校に自分の作品の猛烈なファンがいたり、といった
難儀なことだらけな状況にも関わらず、
スイッチが入ると、やっぱり
自分の中でそういう場面に関する想像力がむくむく掻き立てられ
読者の心をグッと惹きつけるものを書いてしまうところが
困ったもの。
そんな彼女の、色んな苦悩が
今巻も微笑ましくて楽しい。

思春期ならではの、友人関係や異性との関係の悩みもあったりして
スランプも経験した花だけど、
実際のシーンを映像で見てしまって、妄想力を削がれたことからの
小説の内容の陳腐化も乗り越え、
親しい同級生との関係も改善したことで、
書き手としての力はほぼ回復。
これはこれで面白いエピソードだったけれど、
ストーリー的には、やっぱり、現在の
自分が書いているとばれないように振る舞う展開のほうが面白い。
どこまでかわしきれるか、見ものだな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ハード・ナード・ダディ

ハード・ナード・ダディ 働け!オタク! (ヤングキングコミックス)
ハード・ナード・ダディ 働け!オタク!!
環望
少年画報社

趣味をやめられないオタク漫画家、子どもができて一念発起?

収入がそこまででもないけれど、
趣味につぎ込むことを許されてきたエロ漫画家の夫が、
妻の妊娠と退職をきっかけに困惑しちゃうお話。
漫画家、しかも、先行き不透明なエロの方な主人公の話だけど、
別にそういう職業じゃなくても
軍資金が湯水のごとくあるわけじゃないこの手の趣味もちの人なら
自分の楽しみか、目の前の現実か、を選択せねばならない場面に出くわすのは
共通の話題、悩み。
その部分に焦点を当て、なおかつ、苦渋の選択を迫られる展開に
心が抉られて、つらい。
本人の覚悟も、奥さんのなし崩し的行動、どちらも
もうちょっと何とかしろ予感あるから、余計に。
でも、それがまた、リアリティあって、
ダメな意味での実録っぽくて、
読み応えは抜群。

やむにやまれぬ事情があるとはいえ、
趣味人にそれやめろって、死刑宣告だよなあ、と思ったり。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

高橋さんが聞いている。 1巻

高橋さんが聞いている。 (1) (ガンガンコミックスJOKER)
高橋さんが聞いている。 1巻
北欧ゆう
スクウェアエニックス

現役アイドル高橋さんの学校での楽しみは、他人の会話の盗み聞き。

アイドルとして、求められてるものに応えるべくがんばったり
足りないものを補ったり、と
大変な日々を送る高橋エナ。
そんな彼女の数少ない楽しみは、
学校で聞こえてくるほかの人たちの会話を盗み聞くこと。
無音のヘッドフォンでカモフラージュして聞く他人の会話、
特に、同じクラスの地味系男子コンビの
ボケとボケの掛け合いが
彼女の大好物。
かといって、どれだけ面白いボケ合戦を繰り広げていても
ツッコめるのは脳内だけ、
徐々にエスカレートする大ボケ合いに
一人勝手に盛り上がっちゃう姿は
時々、傍から見るとちょっと奇怪だったり。
男どものシュールでおバカなボケボケ会話と、
それに対して一人勝手にひっそり盛り上がるエナの悶絶っぷり
双方向から楽しむコメディ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

私の彼は仕事ができない 1巻

私の彼は仕事ができない 1 (ゼノンコミックス)
私の彼は仕事ができない 1巻
山田可南
徳間書店

彼氏の新しい職場は自分と同じ書店、しかも、部下。

しばらく無職状態だった自分の彼氏が
ようやく見つけた新しい仕事が
自分と同じ書店だったおかげで、
今まで知らなかった彼の一面を知ることになったり、
自分を見つめなおすきっかけになたり、なお話。
タイトルのように、彼は仕事ができないダメ人間だった、という訳ではなく
仕事に対するスタンスが違う、という感じではあるけれど、
自分とは考え方の違うところを
同じ空間で働くようになって再認識させられるわ、
職場ではそこそこの地位にあるがゆえの苦労が降り掛かってくるわ
職場の子が寿退職したりするわ、で、
彼のことだけでなく色々思い悩む事が増えてしまった
妙齢女性の心の機微が面白い作品。
特に、主人公はる奈が、
職場ではキリッとした仕事ぶりと態度ゆえに
今まではプライベートだけの付き合いだった彼氏との関係の変化が
色々影響を与えて、興味深いことに。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

エゴコロ・トイロ 1巻

エゴコロ・トイロ 1 (ヤングジャンプコミックス)
エゴコロ・トイロ 1巻
林崎文博
集英社

かつて、自分の絵のモデルになってくれた義妹、6年ぶりに再会してみると、スレンダーだった彼女は成長して。

義妹のヌードを描いた絵が賞をとり
美大に進むことになったものの、
そこで才能の限界を知り
人生も大学生活も停滞中になってしまった天野。
その義妹とは、親の仕事の都合で離れ離れになるも
かつて描いた義妹のスレンダーな姿が忘れられず、
性癖もそっちの方向に向かってしまったりして
後輩の、そういうスタイルの持ち主に引かれちゃったりもしつつ、
留年までしてグダグダな日々を送る彼。
しかし、数年ぶりに妹の麦と再会し、
止まっていた彼の時間が再び動き出す。
ただ、彼女は、成長しすぎなくらいのグラマラスなスタイルに育っており、
天真爛漫さはそのままながらも
目のやり場に困るレベルで、天野は戸惑い気味。
そんな、一度歩みが止まってしまった男が
状況が変わったことで再起を果たし始める姿と、
魅惑のボディになってしまった妹、理想のスタイルの持ち主の後輩はじめ
素敵な女性に囲まれてうらやましい状況と、
その女性たちの素敵さを眺めるお話。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

競女!!!!!!!! 1巻

競女!!!!!!!! 1 (少年サンデーコミックス)
競女!!!!!!!! 1巻
空詠大智
小学館

女たちの命をかけた戦いの場、競女。

足場の不安定な戦いの場で
胸や尻で相手を押して突き落とす、
女たちの戦い、競女。
見た目の華やかさと裏腹に、過酷で危険なその世界に飛び込み、
一旗揚げようとする女、のぞみの物語。
得意の体操では、金銭面で明るい未来が見えないため、
成功すれば巨万の富を得ることもできる競女の世界に飛び込むことを心に決めたのぞみ。
しかし、抜群の身体能力があるとはいえ
いろんなスポーツのトップクラスの選手たちが
富と名声を求めて集まってくる世界、
才能を随所に見せつけるも
それだけではなかなか、という展開が熱い。
競女の競技ルールから連想される
卑猥でけしからん場面だらけ、かと思いきや、
それはそれで、ちゃんと楽しませてくれるけれど
スポーツものらしい、熱い情熱や、ライバルとの切磋琢磨、
ギリギリする勝負、などの方が圧倒的に分厚く繰り広げられていて、
良い意味で読前の予想を裏切ってくれて
なおかつ、この世界に引きこんでくれた。
競女の世界での出だしは順調なのぞみが、
これからどんな壁の乗り越え方をして成功していくか、期待。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

会話 1巻

会話(1) (少年マガジンコミックス)
会話 1巻
ナラボン
講談社

独り言を聞かれてしまったクラスメートに、翻弄される日々を送る羽目になってしまったちよ子。

好きな男の子のことをボソッと独り言でつぶやいてしまい、
それを、謎多きクラスメートに聞かれてしまったことから始まる
ちよ子の、振り回されまくる日々。
突拍子もないことや煙に巻く話法を駆使して
ちよ子を弄って楽しむもなかに
ちよ子がツッコんだり、ツッコミを入れようのないことをされて苦しめられたり、の
定番パターンの繰り返しだけど、
ネタが変化球すぎるし、ジワジワ系が多いし、で
ネタ数の割に味わいは深め。
波長が合うと、とても楽しめそうなコメディ。

後輩の、自分の恋のライバルになりそうなちえりや
彼の幼なじみの杏が登場してからの方が、
ちよ子の地がでてきて、
ツッコミだけの頃より、より楽しめる感じ。
すぐに、当初の目的の、恋の成就が置いてきぼりになるけれど、
このネタの方が楽しいので。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

坂本ですが? 2巻

坂本ですが? 2 (ビームコミックス)
坂本ですが? 2巻
佐野菜見
KADOKAWAエンターブレイン

坂本のクールでスタイリッシュな振る舞いは、同級生の母をも狂わす。

セリフ、所作、行動哲学、
どれをとってもクール、そして、スタイリッシュな男、坂本。
女子はもちろん、
男子も、先生も、同級生の母親までも
魅了してやまない立ち振る舞いに
周りの人々が翻弄され、引き込まれる展開が
あまりにおバカでシュールで、楽しすぎる作品2巻。
ヤンキーを平和的に諌めるのは朝飯前、
家庭科や美術などの実習系授業で手腕を発揮するのはもちろん
避難訓練すら、彼の手にかかれば
緊張感と感動味あふれるイベントになってしまう。
この手のおバカ作品は、
すぐに勢いが衰える一発屋で終わってしまうことが多いのだけれど、
おバカなことを大真面目にこなす坂本の勢いは衰えることなし。
元いじめられっこのよしのぶの母とのかくれんぼの
すました顔してとんでもない隠れ方をするネタなんて、
そりゃあもう。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

俺とバジルの魔法人形 1巻

俺とバジルの魔法人形(1) (少年マガジンコミックス)
俺とバジルの魔法人形 1巻
村橋リョウ
講談社

拾いものの美少女フィギュアがかわいくて、思わず勢いでキスしちゃったところ。

できの良い美少女フィギュアを前にした男子高校生が
自分の本能に従って行動しちゃったら
その人形たちが人間になっちゃって
あんなことやこんなことをすることになっちゃう
ちょいエロ大バカコメディ。

ある日、ほかの人と荷物を取り違えてしまい、
フィギュア3体を家に持って帰ってしまった神谷貢。
でも、そのフィギュアたちがあまりにかわいかったものだから
机に並べてみたり、下から覗いてみたり、
あげく、キスまでしちゃったところ、
その人形たちと契約したことになってしまい、
彼女たち魔法人形オートマタに
自分を守ってもらうことになってしまう。
契約を切るには契約者が死なないといけないため、
本来の持ち主の魔術師たちに命を狙われることになってしまう貢だけど、
かわいい彼女たちに囲まれる日々を送る男子高校生には
命の危機という緊張感よりも
彼女たちとのあんなことやこんなことへの意識の方が上。
彼女たちに余計なことをしてどつかれちゃうお決まりパターンが
おバカで楽しい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

セントールの悩み 6巻

セントールの悩み 6 (リュウコミックス)
セントールの悩み 6巻
村山慶
徳間書店

こちらの魔法少女アニメは、子ども向けにしては内容が高度すぎ。

人馬や翼人、角人など、
亜人だらけの世界の日常風景が
生々しいレベルでリアリティを持たせて描かれている作品6巻目。
主人公、姫乃の家に覗きが出たり、
上半身に何も身につけない地域のエピソードがあったり、
女の子同士カップルの生々しい話があったり、で
今まで以上に大人向けな話も多かった一方、
小さい子達のかわいらしいエピソードも多くて
ほっこりな話もたくさん。
さらに、現代的な姫乃たちの暮らす街以外の
未開の地や伝統に縛られた世界の話も多くて、
主人公世代の、亜人でも普通の生活を送ってる、というところは控えめだった代わりに
世界観は広がった印象。
より深くこの世界に引き込む巻だったね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

温泉幼精ハコネちゃん 1巻

温泉幼精ハコネちゃん(1) (メテオCOMICS)
温泉幼精ハコネちゃん 1巻
由伊大輔
フレックスコミックス

冬哉の家の裏山にある温泉の源泉の精霊様は、スタイル抜群の美人だという話だったが。

長い間眠りすぎていて幼女になってしまった箱根の温泉の精霊が
現代日本で目を覚ましたら、というお話。
話に聞いていた美人さんではないけれど、
かわいい小さな女の子な源泉の主、ハコネ、
口から温泉を吐いたり、寄木細工の箱から縁結びの湯の効能を持つ湯気を自在に出したり、
いかにも箱根、な能力を持った彼女が、
本来の力を出し切れない中、
皆に見た目相応のかわいがられながら
力を取り戻す方法を探してがんばる。
箱根のこと、温泉のことに関する豆知識が散りばめられた
日常ドタバタ劇が、
ためになったり、楽しかったり。
特に、自分の温泉のある箱根のアピールのためにがんばる姿は
健気度高くてかわいい。
ゆるキャラの中身を見てしまったときの反応とか、そりゃあもう。

ハコネの活躍とともに、
彼女の源泉がある山の家の息子、冬哉が
近所の、憧れの榛名姉の気をひこうとがんばったり、
榛名の妹の亜季にハコネに手を出したロリコン野郎と誤解されたり、
なかなか充実した青春を送る展開も楽しいこの作品。
中でも、亜季の
ハコネへのお姉さんぶりっぷりと
誤解と突っ走りっぷりがかわいすぎ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

女子攻兵 4巻

女子攻兵 4 (BUNCH COMICS)
女子攻兵 4巻
松本次郎
新潮社

タキガワが女子攻兵に乗るようになる前にあった出来事。

女子校生型兵器で、凄惨な戦場で戦う構図が
言動の頭悪い感じと相まって
違和感ありまくり、も
激戦の連続からは目が離せない作品4巻目。
補給を受けるも、圧倒的敵戦力と相対することになり、
自分を犠牲にしてでも次元気化爆弾により敵の残滅を計ったタキガワだけど、
再び、謎の存在、ツキコの意図により
生き残ることになり、
部下を犠牲にしながら自分だけ助かる形になってしまう。
しかし、このショックで、
タキガワが忘れかけていた
このような状況になった経緯が思い出されることに。
戦争編は一時お休みだけど、
謎だらけでいまいち話に入り込め切れなかった部分がようやく明かされるようで、
楽しみ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

マテリアルポルカ 1巻

マテリアルポルカ(1) (アフタヌーンKC)
マテリアルポルカ 1巻
古林奈留
講談社

名門女子校ラ・ヴィエルジュ女学院で、秩序を乱した者に待っているのは、死。

憧れの制服に身を包み、名門女子校の門をくぐった少女アリス。
しかし、その学校では、
校則違反をしたものや風紀、秩序を乱すものに
その場で死刑を執行してしまうようなところだと知る。
だが、恐怖で逃げようとして捕まってしまった友人を助けようとする過程で、
この恐怖が支配する学園で、その恐怖から抗う力を手に入れる。
そのことで、圧倒的力でこの学園を支配する生徒会長をはじめ
先輩や同級生たちに目をつけられる事になるのだけれど、
無事にこの学校を卒業するため、
その力をもってこの体制に挑むことになるアリスの戦いが
華麗かつ凄惨なお話。

銃や剣などの武器を華麗に扱い戦う先輩たちに対し、
アリスの武器は、伝説の武器とはいえ、
いばら姫という名のチェーンソー。
それでも、これを華麗に操って戦う姿は
なかなか様になっていて格好良かったり。
同じクラスの友人や、自分の力を見て興味を持ち、応援をしてくれる人たちのため
ごく普通の控えめ少女だったアリスが
堂々と武器を手に立ち振る舞う姿が、
今後どうなっていくのか、楽しみ。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Kiss×sis 12巻

Kiss×sis(12) (KCデラックス)
Kiss×sis 12巻
ぢたま某
講談社

先生と正式に付き合い始めたことを知っても、姉二人の弟への攻勢はおさまらず。

義理の双子姉に学校の担任の先生にその妹、そして同級生、に囲まれて、
モテモテかつエロエロなハーレム人生を送る圭太。
しかし、大人かつかわいいところもいっぱいな
担任の桐生先生とつきあうことになり、
ハーレムのバランスが崩れるかと思いきや、
同じ屋根の下で暮らすパワーによるあこりこ姉妹の相変わらずの攻勢と、
圭太と桐生の関係を知りながらも自分の中のもやもやがますます強まる三国、
どちらも全く引く気配なく、
おかげで、圭太の美味しすぎるハーレム生活は続く。
しかも、持ち前の鈍さと、美味しいところはもっていく図々しさは
変わる気配なし、
まだまだ、圭太にイラッとしながら
かわいい女の子たちのあんなところこんなところを楽しむことになりそう。

ねっとりぐちょりと、下手なエロ漫画よりもひわい度高いこの作品、
今巻の見どころは、
弟に彼女ができようがお構いなしの姉2人による下半身攻めよりも
文化祭での、コスプレ衣装の構造のせいで
自分で用が足せなくなっちゃった騒動。
おもらし担当三国によるひわい度満点のものとはちょっと方向性の違う、
圭太の漏らしそうになる事件の顛末での
高校生にもなって、先生におしっこの面倒を見られるという
桐生先生との恥辱プレイ、
男のそういうシーンなのに、
なぜこんなに堪らない気分になってしまったのか、悔しい。
相変わらず、なぜそこを、というところながらちゃんと効いてくるところを突いてくるな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

頭文字D 48巻

頭文字D(48) (ヤングマガジンコミックス)
頭文字D 48巻
しげの秀一
講談社

プロジェクトD、最後の一戦の結末で待っていたのは。

一時代を築いた走り屋漫画が、いよいよ完結。
車に目覚めたり、ドリフトに目覚めたりした人もいれば、
AE86の価値を必要以上に高めたり、という現象もあり、
その影響力はなかなかの作品。
しかし、作中でバトルを繰り広げた車たちは、
当時は、数年落ち程度の感覚だったけれど、
今ではちょっとした旧車のような感じのものもいくつか。
年月を感じてしまう。

前編の高校生編、後編のプロジェクトD編とも
神がかり的な走りを繰り広げてきた主人公、藤原拓海。
最後の最後でも、やはり、その展開は健在、
事実上負けていたような対戦でも運で勝ってしまう展開が
時々もやっとしたけれど、
勝負の展開そのものは、こうやって単行本でまとめて読んでみると
どれもギリギリの勝負が熱くて、なかなか。
実際にやってみたらできそうなレベルでなく
ぶっ飛んだ無茶な走りだと
ファンタジー感があるけど、
逆に、それくらいのほうが読む分には楽しかったかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

僕に恋するメカニカル 1巻

僕に恋するメカニカル (1) (カドカワコミックス・エース)
僕に恋するメカニカル 1巻
渡会けいじ
KADOKAWA

イケてない大学生、毎太に突如やってきたモテ期、その背景には。

サークル勧誘中に逆に声をかけてきたかわいい新入生、
街の角でぶつかってくる受験生、など
急に女の子と運命的な出会いを果たすようになった男子大学生、毎太。
しかし、彼女たちは、実は機械、
そんな出会い方をして毎太に近付こうとする背景には
未来の人間と機械の戦争が関係して、というお話。
かわいい女の子の姿をした機械たちに
ちょっと強引に誘われて、
美味しい思いをできるか、というところで
未来からやってきた、人間側の、彼を救いに来た子たちに助けられる寸止め感が
なかなか。
最初の子はともかく、
自分に近づいてくる子に注意しなければならないことを教わった後でも
ヒョイヒョイ女の子に誘われてついていっちゃうところが
また、非モテっぽくて、哀れ。
でも、彼を助けに来た子たちもかわいいし、
口はともかく、行動では
彼を助けるために一生懸命だし、
十分美味しい感じで、けしからんところも。
SF展開としても、ハーレムものコメディとしても楽しめる点では
満足度高めかな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

キングダム 32巻

キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 32巻
原泰久
集英社

政の出陣により一度は持ち直した蕞での戦い、しかし、政が負傷し、民が疲弊し、再びピンチを迎えてしまう。

春秋戦国時代が舞台の、
大将軍を目指す少年、信の戦いが熱い作品32巻目は、
引き続き、秦と他の国々の合従軍との戦いが。
咸陽への敵の進軍を食い止める最後の拠点、蕞での戦いは、
秦の王、政が自ら出向いたことで
その地の兵ではない民にも、ここを守るべく戦うよう奮い立たせる展開は、
王というものの絶対的な力が良い方向に働けば、
とても良い世ができるのだと思わされるエピソードが色々と。
やってる事自体は、みんな死ぬ気で戦え、ということなんだけど、
それでも、これだけのやる気が引き出せちゃうとか、凄い。
今の日本でも、アレがああいう騒ぎになるのだから。
政も政で、自分のここでの影響力と立場を理解し、
力をふるい、命に関わる傷を負っても弱みを見せない強い王としての姿は
格好良すぎる。
封建時代、戦国時代ならではの展開の数々が面白い。

いくら頑張っていたとはいえ、
戦うものたちが素人ゆえ、疲弊も激しく、
追い詰められたところで、
この展開か。
良いことも、悪いことも、かつてやったことが後々効いてくるとはこのこと。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ほんとにあった!霊媒先生 16巻

ほんとにあった!霊媒先生(16) (ライバルコミックス)
ほんとにあった!霊媒先生 16巻
松本ひで吉
講談社

鬼、節分で痛い目に遭うのを避けるため、海外へ逃亡か。

霊やもののけネタに猫ネタを中心に
楽しくシュールな笑いを届けてくれる作品16巻目は、
むしろ、日常のツッコみたくなる事案を斬るネタの方が多め。
何気ないものと思っているところを
斬新な切り口で見たりツッコんだりするコメディは
楽しいし、感心もしちゃうね。
ダイエット器具ネタ回の、あったあった度、高い。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。