AI:パト!

AI:パト! (チャンピオンREDコミックス)
AI:パト!
やぎさわ景一
秋田書店

県警に新たに配備されたパトカーは、全面に美少女キャラクターが投影された痛パトカーだった。

すっかりドレスアップの一つとして定着した痛車。
そんな、ど痛車になってしまったパトカーが最新AIにより人格を持って、
主人公と仲良く夫婦漫才しながら
取り締まったり、犯人を捕まえたり、なお話。
人型にもなれるR34痛パトカーのパト子、
女の子女の子しててかわいいな。
R34スカイラインは、痛車にすると結構映えるから
車自体も良い感じに仕上がってるし。

痛パトカー、パト子の性能が、
まずもって素晴らしいのがこの作品の魅力。
AIにより、普通の女の子として振る舞うことができるだけでなく、
データベースや位置情報、センサーを組み合わせて情報処理して
犯人を追跡できるとか、
警察車両としても高性能すぎる。
さらに、一番の魅力は、
単なる女の子ラッピングでなく
画像を投影して車体に表示できること。
これによって、パト子が
表情豊かに動くだけでなく
いろんなコスチュームにお着替えできるし。
でも、非番の日におしゃれしてデート気分、は良いとして、
服のデータがとんだら裸に、はさすがにやりすぎなような。
そんな状態になってしまって恥ずかしがってるパト子を守ろうと
ガムテープで大事なとこだけ隠そうとする工藤も工藤だけど。

人格を持った車、ってのは昔から色々あったけれど、
実現まではまだまだ、って気がするかな。
一方、パトカー表面の絵を動画的に動かすのは
アイデア的に面白いよね、
実際にできたら
相当面白いことできそう。

そんなパト子を開発した、
ツナギ姿の似合う内藤さん。
いかにもな理系女っぷり、年上女性キャラっぷりが素敵だっただけに
もうちょっとコメディ展開な場面でいじってあげて欲しかったところ。
展示会でのコンパニオンコスチューム
かわいかっただけに。

ストーリー面では、
人格持ち痛車のパト子と、普段はグダグダだけどやるときはやる工藤巡査、
この2人?の信頼と絆が
いろんな事件やトラブルを通じてどんどん積み重なり、深まっていく展開が
分かりやすいし楽しいし。
最初は派手な痛車に乗るのにあれほど嫌がっていた工藤が
最後にはすっかりラブラブ状態になっちゃってるし。

人と機械の有機物と無機物の壁を超えた関係の方が
変に擬人化するよりも個人的にすきだって事があるかもしれないけれど。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定