ゆびさきミルクティー 10巻

ゆびさきミルクティー 10 (ジェッツコミックス)
ゆびさきミルクティー 10巻
宮野ともちか
白泉社

紆余曲折ありながらも想い合っていた幼なじみと結ばれたのに。。。

長く休載が続いたものの、
ストーリー完結のため復活したこの作品。
幅広く散りばめられた伏線を
すべて回収できずに終わってしまったのは、
こういう状況になっては致し方ないですな。
伝説を創った作品なだけに残念でたまらないけれど。

子どもの頃から想い合っていた左から
自分を抱いて欲しいと言われてしまったため、
女装をする上で自分が理想とした姿である水面との関係に終止符を打つことを決意した由紀。
水面に対する気持ちは本物ではあるけれども、
やはり、幼なじみというものの力と
左に重なる、自分が最初に意識した女性である左の母、左智の姿とが
水面を上回ったようで、
水面の、プライドも何もかも捨てた必死の懇願も拒絶して
左を選ぶことに。
これまで、由紀の女装姿であるユキの存在も含め
左よりも水面との関係の方が由紀にとっては重要な位置を占めていただけに、
ここまであっさり水面と袂を分かってしまうとは。
水面がかわいそう過ぎる、
左との行為の後、最後に刺されて終了でも良かったくらいだなあ。

逆に、これまでネガティブなシチュエーションばかりだった左とは、
今までが嘘のように
ここまでするかというくらいのべったりイチャイチャっぷり。
こんなにしちゃったら、そりゃあ
自分の中のユキも消えちゃうよね。

で、これだけしておきながら、最後は
変わっていく自分と、置かれた環境が受け入れられずに
心身とも成長した左に対して
変わって欲しくないとか言っちゃう由紀、
困ったもんだ。
ここまできてあんなセリフ吐くなんて、
左だけでなく多くの読者が意味がわからない…って思うわな。
ある意味印象には残るけど、これはすっきりしない結末。

最後まで数々のインパクトあるセリフと変態的行為が印象的だったこの作品。
今巻でも、身体で由紀をつなぎとめようと脱ぎにかかる水面に無理やりパンツ履かせたり、
散々左としておきながら、ふとユキを思い出して女装してみたり、といった場面があり。
でも、一番強烈だったのは、やはり、
乳輪の大きな娘の乳首をつまんで、せっせっせー、
でしょう。
どこが照れ隠しなんだ?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定