煩悩寺 1巻

煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
煩悩寺 1巻
秋★枝
メディアファクトリー

美千代が飲み過ぎてやばい状態で駆け込んだ部屋は、怪しい物であふれてるけどホッとさせられる空間で。

美千代が失恋後のやけ酒をあおった際に出会った、
様々な物にあふれた
ちょっと不思議な部屋に住む青年小山田との恋物語。

出会い方はあまり良いものではなかったけれど、
不思議な魅力にあふれた部屋と
そこに住む、やさしく穏やかな青年に、
仕事の忙しさと失恋による寂しさに苛まれる美千代は
心の安らぎを覚え、拠り所としていく。
一方の、小山田の方も、
寂しさを抱えながらも
自分の前では明るく楽しく奔放に振る舞う美千代に徐々に惹かれて
自分の気持を抑えられなくなっていく。
いくつもの恋愛を経験した大人が再び
若い子のように純粋で真っ直ぐな恋をする姿は魅力的。
告白に至るシーンなんて、
読みながらゴロゴロ悶えてきてしまって、もう、
きゅんきゅん。
やはり、恋愛ものは、こういう
お互いが相手に対して心惹かれていく過程が
一番面白い。

煩悩にあふれた物まみれの部屋が舞台のお話だけど、
恋愛方面では、煩悩とはかけ離れた領域で進行中なため、
今のところ、それらの存在が、酒類以外はあまり
恋愛模様とは絡んで描かれていないから、
これがどう関わっていくのかも気になるところ。
物の本当の所有者、小山田の兄も
あまり描かれてないし。

この、小山田の家に頻繁に出入するもう一人の存在、
小山田の友人の島本は、
2人にとっては結局
ライバル的な役回りでなくキューピット的な存在だったのね。
空気を読まない島本の良いけしかけっぷりが
この2人をくっつけたようなものだし、
言動はアレだけど良い奴じゃない。
2人がうまく行き始めた後の彼の立場が
どう変化し、このカップルにどう絡んでいくのか気になるところ。

美千代の会社の同僚、渡辺さんも
面白い存在にならないかな?
失恋話に付き合ってくれるような子だし。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定