FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーバ・ヤガー 2巻

バーバ・ヤガー 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
バーバ・ヤガー 2巻
きづきあきら/サトウナンキ
メディアファクトリー

かつて犬丸ほのかが目撃した山姥の正体を求め、ミゾロギたちは山姥の祠に向かうが。

ほのかやミゾロギ、アッコたちがかつて参加した子供会のキャンプで起こった
豊田乃亜の失踪事件、
それと時を同じくしてほのかが見たという山姥、
キャンプから4年が経ち、当時の真相を明らかにしようと動き出したキャンプ参加者たちの姿が
おどろおどろしく描かれたミステリー作品2巻。
事件の真実を求めるもの、それをひた隠そうとするもの、など
事件に対するスタンスの違い、
そして、当事者同士の人間関係などが複雑に入り交じって、
本当にドロ沼の中にズブズブ嵌っていってしまっている展開で
実に重苦しい雰囲気な作品なのだけど、
それを見事に読み応えあるホラーミステリー作品に仕上げている作者さんの
作品構成力がすばらしい。
本能、欲望、狂気がむき出しの人間の
何と恐ろしいことよ。

乃亜がキャンプ中されていたことを知っているアッコは、
ほのかとともに、4年前の事件に、特に囚われ続けている一人。
でも、当時のことを知るために色々動いていたことが
逆に彼女を危険な目に遭わせてしまう。
乃亜に言われた、他人を信じるなという言葉に
アッコは結局殺されてしまったんだよな。
誰も信じないから誰も彼もあやしく思えて
一人しかいない犯人がたくさんになってしまったというセリフ、
心にずしりと響いた。

再び、山姥探しのために
キャンプ場へ向かうミゾロギたち。
その夜の出来事もまた、強烈なインパクトを与えられ。
山姥を見て以来、ミゾロギに依存するようになってしまったほのかが、
大好きなミゾロギのために松田との夜のお膳立てをするところまでは
理解できたのだけれど、
その様子を、いつものようにストーキングするだけでなく、
ミゾロギとともに自分のものも一緒に散らすとは。
恐ろしいまでの依存度を感じるとともに
何ともいえない高揚感を覚えてしまったのだけど。

山姥の真相の鍵となる、祠にたどり着いたミゾロギたち、
そして、そこに現れた、彼女たちに襲いかかる存在。
これで、過去の事件の本丸に辿り着いたと考えて良いのかな?
まだ、一山二山あるのかな?
いずれにせよ、
松田と光岡の先輩世代が
この作品の事件の鍵を握っているようで。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。