スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〆切様におゆるしを 1巻

〆切様におゆるしを 1巻
上田キク
富士見書房

〆切に追われる新人漫画家の元に、〆切が少女の姿で具現化してしまい。

〆切に追われるという、観念的なものを
具現化して面白おかしく描いた作品。
〆切神ウスハという怪しげで厄介な女の子の形で〆切を
彼女の持っている包丁で追われている感を演出していて、
設定からしてなかなか面白い。
ストーリー展開も、シッチャカメッチャカで
追い詰められている修羅場感、切迫感がよく伝わってくるしね。

ウスハと、常に〆切に追われる漫画家四木との
常に切羽詰っている日常のドタバタ劇が
何ともバカバカしくて、面白い。
終わった後の自分へのご褒美を用意したり、
現実から逃げたり、
でも、追い詰められることによって
何かよく分からない力を発揮してしまったり、などといった、
期限に追われているときのあるある感がたっぷり。

話の最後の、心の叫びのページも
正直で、なんか好き。

今後の見どころは、
ウスハたちがどういう存在か、
実は特別な存在だった、という四木との関係は、
などなど、シリアス話だろうね。
個人的には、
無理難題を四木に要求してくるツンツン編集中嶋さんの
暴れっぷり、やりすぎっぷりの方が気になるけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。