スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合星人ナオコサン 3巻


百合星人ナオコサン 3巻
kashmir
アスキーメディアワークス

百合よりも、幼女大好きナオコサン。

みすずの家に居候中の、
フリーダムすぎる百合星人ナオコサンが、
発明した、すごいけれど怪しい発明品を使って暴走したり
幼女と戯れたり
奇っ怪な異星人を撃退したり。
でも、案外
周りの人達が振り回されてないんだよな、
ナオコサンに負けず劣らず
アレなキャラばかりなのが
さらにこの作品をカオスに面白くしているのだろう。

自由すぎる言動もさることながら、
時々エスプリの利いたシュールギャグが散りばめられているのが楽しいのが
この作品の面白いところ。
ナオコサンが何の脈絡もなく口にする
社会風刺、ツッコミ、必殺技、
エロゲ星人を追い払うために、
東京都がきたぞ、と叫ぶ、
ノンテロップオープニングって特典なの?
などなど、
今巻も切れ味なかなか。
思わず、うんうん、とうなずいちゃう。

3巻は、柊ちゃんや弟くんなどの出番が押さえ気味な一方、
今まで以上にヤオイ星人アヤコサンが大活躍。
BLを地球にばらまく、ナオコサンのライバル的役割もさることながら、
ごく普通の、ちょっと寂しがり屋な女の子な腐女子の日常風景が
かわいくてかわいくて。
何だかんだでナオコサンと仲良くしたいツンデレ気味な言動、
人前ではおしゃれな格好だけど家では色気なしなドテラ姿Tシャツ姿というギャップ、
同人誌を出すための節約の日々や実家のお母さんとの会話なんかは
同人女ってこんな感じで頑張ってるのかな、とリアリティを感じて、
何だか泣ける。
ここまで地道に頑張ってるんだから報われて欲しいけど、
でも、不幸が似合っちゃうんだよねえ、
即売会イベントの落選通知を見たときの表情とか、
かわいそうだけどかわいいし。

ストーリーも何もあったもんじゃないこの作品、
そんな中、唯一気になる展開は、
みすず姉の存在。
今巻から登場の、
弟くんや、彼をストーキングするツンツン彩と同じクラスの
彩の言動を見てニヤニヤしっぱなしの青木さんも
その関係者っぽいし、
ナオコサンとの関係も気になるし、
どういう結末が待ってるんだろ?

それにしても、DVDのアニメ、
セリフが卑猥すぎる
ちかん星人の話を持ってくるとは。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。