スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年もあと一日

今年もいよいよあと一日。
毎年のことですが、大晦日ですので
この一年を振り返ってみましょう。

今年、漫画やゲームと触れ合ってきた中で
自分の中で大きかった出来事としては、

ゆびさきミルクティー聖★高校生の完結ですね。


ゆびさきミルクティー 10 (ジェッツコミックス)聖・高校生 11 (ヤングキングコミックス)

さきミルの方は、昨年復活してすぐの完結ということで、残念な感じの方が大きかったです。
一方、聖★高校生の方は、大好きな作者さんの描く衝撃的な内容の連発だった作品だったこともあって
毎巻楽しみにしていたのですが、
色々あってかなかなか刊行されなかった作品でもあったので
この完結は、何となくホッとさせられもしました。
最初の頃の聖と最後の聖、全く別人になってしまっているところに
時の流れを感じましたね。


さて、今年も、昨年までと同様
今年最も印象に残った作品と、キャラクターを
一つずつ選んでみようと思います。

今年感想を書いた、350以上の作品の中で最も印象的だったのは、

しまいずむ
しまいずむ (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
でした。

仲良しな友だち同士が、
お互いの妹を気に入るもなかなか手を出せず
仕方なく2人でイチャイチャするうちに。。。という
百合ものコメディ作品なのですが、
作者さんの作品に共通する透き通った空気感と
おバカな主人公コンビの突拍子もない行動が混ざり合った結果生まれる
エロスな雰囲気が
やみつきになる作品でしたね。
続きが楽しみです。

一方、今年一番のメガネっ娘キャラクターを選ぶとしたら、
僕の後ろに魔女がいるの主人公、ゴスロリメガネっ娘のミヤでしょうか。
僕の後ろに魔女がいる(2) (シリウスコミックス)
Sっ気たっぷりに南里を振り回す姿が
たまりません。

惡の華の仲村さんの
インパクトありまくりのセリフと、そこはかとないエロス感や
男子高校生の日常の奈古さんの
かわいくなさっぷりなんかも
良いキャラしてたと思いますけれど、
やはり、メガネを外すことによって生まれるキャラクター性が魅力のキャラでしたから。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。