惡の華 3巻

惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
惡の華 3巻
押見修造
講談社

春日が佐伯さんの体操服を盗んでしまったことを、本人に知られてしまったのだけれど。

好きな女の子の体操服を盗んでしまった男と
それをネタに数々の変態行為を強要する女、
2人の中学生の、思春期の鬱屈感が
とんでもない方向に暴発しまくる作品3巻目。
憧れていた佐伯さんと付き合うようにはなったけれど、
彼女の体操服のことを本人に言えないままでいたために
不安と後悔の念に押しつぶされそうになっていた春日。
一旦は、仲村さんの後押しにより、
夜の教室に忍び込んで
すべてをぶちまけることでこれを晴らしたのだけれど、
体操服のことは、皆にはバレず、
教室をめちゃくちゃにしたこともバレずに済んでしまったことで
抑うつ感はかえって増してしまう。
これでは、さらにとんでもない暴走劇が
発生してしまうんじゃないか?
何と楽しみな。

3巻の主役は、何といっても佐伯さん。
自分の体操服のことに気がついても、
それがかえって、彼女の心に火をつけてしまい、
身を引こうとする春日を引きとめ始めてしまうとは、
まさかの展開。
それに怖くなって、逃げる春日を、家まで訪ねてきたり、
降りしきる雨の中、山奥まで仲村さんと逃避行を続けるところを追いかけてきたり、
佐伯さんもなかなかの思春期っぷりを見せつけてくれるじゃない。

そうまでして自分のことを思ってくれる佐伯さん、
中二病真っ盛りな自分の目を、ある意味で目覚めさせてくれつつある仲村さん、
そんな2人の女の子に挟まれて苦悩する春日め、
何とけしからんことか。
まじめでかわいくて優しい子と
口が悪くて不器用だけど
自分の持ってないものをいっぱい持っていて
自分を新しい世界へ導いてくれる子、
こんな2択を迫られては
ヘタレ春日には荷が重いよな。
しかも、雨に濡れる仲村さんの
何と官能的なことか。
こんな姿を見てしまっては、
雨の中自分を追ってきてくれた健気な佐伯さんに
心が傾ききれないだろうね、男子中学生なら。

雨の山奥で繰り広げられる、ちょっと奇妙な
思春期の恋の修羅場、
こんな経験もうできないと思うと
うらやましくて仕方がない。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

惡の華 (3) 「私じゃ…ダメ?」

   真夜中に学校へ忍び込み、    自分たちの教室を“クソムシの海”にした春日と仲村。    高揚した一夜が明け、犯人だとバレる覚悟で    春日は登校するが、偶然が ...

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定