任侠姫レイラ 4巻


任侠姫レイラ 4巻
米井さとし/梶研吾
秋田書店

満身創痍のレイラ、ついに大ボス、サンダーカムイとの一戦を迎える。

女子高生レスラー、レイラの
父を探すプロレス行脚4巻は、
前巻に引き続き
サンダーカムイ率いる奥羽プロレスの
覆面レスラーたちとの、マスクをかけたトーナメント戦。
プロレスラーとしては非凡の才能を持つレイラも
さすがに女子高生、
身体の方は、ボロボロ。
でも、それを、
気合いとプロレス愛でカバーしてしまうところが
レイラの格好良いところ。
どんなに厳しい状況でも
相手の良いところを引き出しつつ
最後は自分が持っていく、という
プロレスならではの戦い方、
結果が決まっていると分かっていても
しびれるんだよね。

レイラの次の相手は、
この作品では初めての女子レスラー、
ゆきおんな戦。
ゆきおんながレイラの胸をわしづかみにすれば
レイラもゆきおんなの股間をまさぐる、という
女子レスラー同士ならではの戦いも趣深いものがあるけれど、
ゆきおんなの正体が、
かつてレイラが憧れていた
実力も美貌も兼ね備えたアイドルレスラー、闘田零美であった、というのも
プロレスものらしくベタな展開とはいえ
面白いところ。
熱い、ガチといっても過言でないプロレス勝負の連続だった今までとは違う
何か優しい雰囲気の一戦だったな。

最後は、サンダーカムイとの
人気レスラー同士の決勝戦。
最終的に、レイラを勝たせることを前提に
悪役に徹するサンダーカムイ、
ただでさえ満身創痍なのに
そんなカムイに痛めつけられてしまって大ピンチなレイラ、
そんな2人の人気レスラー同士の荒れた勝負となれば、
みんなの盛り上がりは当然すごい訳で、
レイラの捜し求めていた父も
会場に姿を現す訳で。

決着の付け方も、
今までレイラが戦ってきた相手に由来する技の連続、という
なかなか泣ける展開、
これぞプロレス、という決着だったね。

さすがに、レイラの身体の方はボロボロになってしまったようで、
巻末の後日談では、
普段のドジっ娘れいら姿のみ。
もう一度、レイラの勇姿を見られる日は来るのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定