スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まおまりも 1巻

まおまりも 1 (ジェッツコミックス)
まおまりも 1巻
谷澤史紀/堀北蒼
白泉社

アコヤの代わりに男の真魚が、本来女がなるはずの贄若子となったところ。。。

村の祭りで贄として神にささげられた少年が、
何故か少女となって戻ってきてしまった、というお話。
世界の果てで愛ましょうとは異なり
シリアスでしんみりなストーリー展開で、
男から女になってしまった真魚は
それを受け入れて明るく前向きに過ごす一方、
自分の代わりに贄役をしてくれたがためにこんなことになってしまった、という
後悔の念をアコヤは抱き続ける。
周りの人たちがこのことをなかなか受け入れられない様子と、
元気な真魚とのギャップが悲哀を誘うんだよな。

サクヤやカグヤが、女になってしまった真魚を受け入れつつある一方、
真魚とは双子の姉弟として育ったアコヤは、
祭の日のことの後悔の念に加えて
自分の中の、男の真魚に対する複雑な想いもあって、
どうしても女の真魚を認められないようで。
元々なよなよしてた真魚が、
あらゆる意味で本当に自分より女らしくなってしまったことは、
真魚のことを想って自分を慰めてしまう程であったアコヤにとっては
きつかろう。
そんな2人の関係が、どうなってしまうのか、
とても楽しみ。

それにしても、この作品の象徴であるマリモが
瓶に2つ入って真魚の手元にあるってのが、
大変気になるなあ、
やっぱりアレかねえ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。