ネコあね。 2巻

ネコあね。(2) (少年マガジンコミックス)
ネコあね。 2巻
奈良一平
講談社

銀ノ介と猫又の杏子の暮らす家に、コタツ様がやってきた。

飼い猫だった杏子が、
猫の頃から大切に思っていた飼い主、銀ノ介のために
人間の姿になっていろいろお世話しようと奮闘するけどなかなかうまくいかなくて、な、お話2巻。
夏は、扇風機が壊れても耐え凌いだ銀ノ介と杏子だけど、
さすがに、冬には、ちゃぶ台が壊れたのをきっかけに
こたつが導入され。
杏子はもちろん、
銀ノ介たちも、近所の野良猫たちも
ぬくぬく。
身体が温かくなれば
心も温かくなって、みんな幸せ、
という感じのエピソード、
見てるこちらも優しい気持ちになれたような。

猫耳だけでなく
銀ノ介のお姉さんであろうと背伸びする姿もかわいい杏子。
身体はお姉さん、でも中身が猫のまんま、
しかも、猫の頃からの天然な性格も相まってしまったら
もう無敵。
海はだめだったけれど、
ススキの原も、電器屋さんも
クリスマスも正月も心から楽しむ姿は
たまらなくかわいいな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定