もやしもん 10巻

もやしもん(10) (イブニングKC)
もやしもん 10巻
石川雅之
講談社

アメリカ横断の後、直保はニューオーリンズに住む兄と再会する。

菌が見える直保と、菌の力を応用した食材をたしなむ者たちの
楽しい日々10巻は、
ほとんど菌の力は関係ないけれど
アメリカの食がテーマ。
北アメリカ大陸を横断するとともに刻々と変わる景色と文化、
という展開では必ずしもなかったけれど、
ファストフードで食べ繋ぎながらの旅と
列車、飛行機での旅の違い、特徴は
何となく分かったような。
当たりもあれば、はずれもあるというのは
アメリカのご飯に限ったことではないけれど、
はずれた時のダメージがデカいんだよな。

ウンチク話以外の見どころは、大きく2つ。
一つは、ついに出会ったそっくりさん、
ゴスロリフランス人マリーと
ゴスロリ女装家蛍のエピソード。
見た目が似ているだけでなく
自分の信念を貫く姿勢と豪快な行動力もそっくりだし、
互いに、相手のかわいさを素直に認める心ももっていて、
相性もばっちりな2人。
沢木と蛍の関係よりよっぽど健全なコンビが
アメリカで誕生するとは。

もう一つの見どころは、
直保の兄、直継の登場。
自由人過ぎる兄のために
老舗を継がないといけなくなったことで
自分の人生の選択が狭められてきた部分もあった直保だけど、
そういう状況で進学した農大で
これだけ楽しいメンバーと毎日
充実した日々を過ごせることになったので
彼にとっては結果オーライ。
長谷川さんみたいな素敵なお姉さんと世界中を飛び回ったり、とか
羨まし過ぎるし。
人生なんて、
得てしてそんなもんだよな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定