カガクなヤツら 1巻

カガクなヤツら 1 (チャンピオンREDコミックス)
カガクなヤツら 1巻
吉川英朗
秋田書店

化学部綾奈と科学部愛莉、トンデモカガク者の家系の娘同士の戦い継続中。

カガクの名を冠してはいるけれど、
マニアックな知識が出てくるのではなく
マッドな雰囲気とネタで楽しむタイプの
ドタバタコメディ作品。
爆乳犬耳女とサイボーグロリっ娘に挟まれて
主人公が美味しい思いをしまくるハーレムものでもあるし、
何より、触手がいやらしい。
化学や機械系のネタでも、
怪しい薬や生物のネタでも、
何故か最後は触手がうにうに出てきて
綾奈と愛莉に絡みついちゃって、
たいへんけしからん。
あまりに触手触手してたものだから
カバーの分子構造の
炭素原子から結合の手が5本出てるのが気になってたのも
吹っ飛んじゃったよ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定