鬼切様の箱入娘 4巻

鬼切様の箱入娘(4) (完) (ガンガンコミックス)
鬼切様の箱入娘 4巻
有楽彰展
スクウェアエニックス

人と鬼の両方の血を引く千沙耶が、人の世界で生きるか鬼として生きるか、決断を迫られ。

人と鬼の子、千沙耶と
彼女の父の血を引く綾史の
種族を超えた愛と絆の物語、最終巻。
人間の中で、鬼が暮らしていくことは大変だけど、
その困難を乗り越えさせてくれる
家族や友人たちの温かさを知ることになった千沙耶の
明るく幸せそうな感じが
良かった作品だったな。

4巻前半は、鬼の収集に興味をもつ鬼切、
摩耶一族の兄妹ケンカの決着話。
妹にかわいい格好をさせたりして楽しむ兄、虎親と
そんな兄に反発して、女子生徒に王子と呼ばれるほど格好良く生きることを選んだ妹、透、
この、ちょっと歪んだ関係の兄妹の戦いは
さすがに実力者同士、なかなか激しい展開。
やはり、実力的には、摩耶一族次期当主の兄の方が
一枚上手であったけれど、
透の方も一矢報いることができたことにより
良い意味で兄妹の関係は変化。
透の兄への反発心もあっただろうけれど、
ここまで来れたのは、
彼女が千沙耶や綾史と出会ったからこそ。
明るくなってからの千沙耶の
周りの皆をやさしくさせる天真爛漫さは
本当にかわいかったからねえ。

後半のクライマックスでは、
鬼たちにその能力を狙われる千沙耶を守る戦い。
復興を目論む鬼たちを相手に
これまで敵として相対してきた虎親も加わって
鬼の復興を企む勢力との戦いに挑んでいく訳だけれど、
肝心の、守る対象である千沙耶が
このまま人間と暮らすか鬼と暮らすか
迷ってしまう。
最後は幸せになるのだけれど、
異質な存在ゆえの苦悩は
いつでも誰でも
苦しいものだよね。

本編がシリアスだった分、
巻末の番外編がより一層楽しかった。
ツンデレまいが本領を発揮してたり
透がメイド姿になってたり。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定