紅 7巻

紅 kure-nai 7 (ジャンプコミックス)
7巻
山本ヤマト/片山憲太郎/子安秀明/降矢大輔
集英社

真九郎に身辺警護を頼んだ依頼主、理津を狙う殺し屋の一人が、あの切彦で。

今巻も、揉め事処理屋の真九郎vs悪宇商会の戦いが継続中なこの作品。
悪宇商会から命を狙われる理津を、
身辺警護を依頼された真九郎が守るべく
悪宇商会の戦闘屋と戦うことになるのだけれど、
決着はいつもの通り、
紫の言葉により発奮してパワーアップして相手をのす展開。
また、銀子にロリコンと言われてしまうなあ。

でも、理津が敵の自爆に巻き込まれてしまい
その役目を果たしきれなかったのは、
彼女が望んだこととはいえ
真九郎にとってはつらいところ。

理津を狙っていたのが、
自爆したビッグフットだけでなく、
切彦もであったことが
事態をより複雑なものにする。
当初は、真九郎がそのことを知りながら
紫どころか、その傍に仕えるリンたちにも知らせなかったことで
損害が拡大。
仲の良かった紫の前に敵として切彦が現れてしまったことで
結局隠し通せなかったし。
この判断は、良かったのかどうなのか。

リンを失ってしまっても切彦を信じた紫のおかげで
最後は何とか紫だけは救えたけれど、
この展開は、切ないな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定