リミット 5巻

リミット(5) (講談社コミックスフレンド B)
リミット 5巻
すえのぶけいこ
講談社

薄井の死の真相が、当初彼女とは会っていないと言っていた日向の口から明かされる。

バスの転落事故で生き残った高校生たちが
今までの平穏だった頃の人間関係を歪んだ形で引き継ぎつつも
何とか救助が来るまで生き延びようとして5巻目。
事故で生き残ったけれども
人間関係の不和から犠牲となる者が出てしまった状況、
しかも、その死の真相が分からない、というサスペンスでミステリアスな展開が、
今巻では大きく動き出す。
結末へ向けての大きな転換点となる段階の一冊ですな。

かつては、自分にとって眩しいくらいの
良い奴な同級生だった日向に対し、
次々と行動に怪しい点が浮かび上がってきたことで
日向のかつての姿と現在の疑わしい姿との狭間で
思い悩むことになってしまった今野。
疑問点に目を瞑ってやり過ごすこともできたかもしれないけれど、
やはり、薄井の死について疑われたまま死んだ友人のハルのこと思うと
本当のことを聞き出さねば、と思ったようで、
意を決して真相を尋ねたら、
日向は意外にもあっさりゲロ。
もともと悪い奴じゃない、っていうのもあるだろうけど
おかげで事態は、急展開。
もう少し、ミステリー展開で引っ張るかと思ってたので
ちょっと意外な展開だ。

真相を知られた以上、
それを知る人物は全て消す、が
この手の犯人のお決まりパターンなので、
日向は今野に襲いかかるわ
それを助けようとした神矢が
日向の鎌で深い傷を負うわ、
また、起こさなくても良い血みどろの事態が勃発。
口ではきれいごとだらけだけど
やってることはろくでもない日向のひどさと、
この事態を迎えるまでは接点もほとんどない仲だった
今野と神矢の関係が
短時間でここまで深まったのかという点とが入り交じった、
まさに終盤のクライマックス的展開が繰り広げられてるなあ。
熱いし、切ないし、何とも複雑な気分だ。

救出を待つ親のバカっぷりも含め
なかなか明るい結末が期待できないけれど、
この先が楽しみで待ち遠しいことには変わりなく。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定