スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッペリオン 11巻

COPPELION(11) (ヤンマガKCスペシャル)
コッペリオン 11巻
井上智徳
講談社

生存者達の街を見つけ救出を要請したが、救助のためのヘリが飛ばせなくなってしまい。

原発事故により放射能まみれになってしまった東京を舞台にした
生存者を救出しようとするコッペリオンたちの奮闘と
この状況を私欲のために利用しようとする勢力との戦い11巻。
今巻は、そんな東京で生き残った人々が暮らす
地下の核シェルターの街でのお話。
たとえ、今いる場所が放射性物質だらけであっても
住めば都だし、
生き残った人々の多くは、かつて
あまり日の当たらない世界で住んでいた人たちだということもあって、
荊たちが救助に来ても
最初はあまり歓迎されず。
このためだけに生み出され、
救助することを目的に今まで頑張ってきた彼女たちには
堪える返答だよな。

やっとのことで、この場所を出ることに同意してくれた住人たちだけど、
今度は、この人達を運ぶヘリが飛ばない事態が。
悪徳政治家たちの描写は短絡的だけど、
この事態は、荊には決定的な一撃を与えることになってしまい。
タエ子も葵も、リーダーシップは取れるタイプでないから
保健係は、その役割が担えなくなってしまって大変だよね、
と思ったら、
また新たな敵出現で
荊も復活。
現金な展開だ。

避難、脱出か、その場にとどまるか、の話、
まさに今の日本の状況にぴったりな話だったから
もうちょっと深く掘り下げて欲しかったな、と思いつつ、
下手なこと描いたら
一発で連載が終わってたりして、と思ったり。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。