FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の後ろに魔女がいる 3巻

僕の後ろに魔女がいる(3) (シリウスコミックス)
僕の後ろに魔女がいる 3巻
山田ヒツジ
講談社

厄病神体質の児童会長から南里の身を守ってくれるのは魔女のミヤだけ。

怪しげな呪術を使いこなす女の子、ミヤと、
彼女に気に入られて、実験台や生贄としてやられ放題の男の子、南里の
いじりいじられる日々3巻目。
相変わらずおもちゃにされっぱなしの南里も
さすがにこの状況に慣れてきたのか、
それとも諦めたのか、
すっかり仲良し主従な関係になってしまって
微笑ましい限り。
南里とは相性最悪の、厄病神体質
児童会長の栗原さんが登場して
ひどい目に遭わされまくるものだから
少しでも災厄を避けるために南里がミヤに助けを求めるようになったのも
この2人の関係を助長してるかな。
ミヤと栗原、どっちと近づいても
南里にとっては良いことないのだけど、
悪意がないよりある方が
まだ自分を納得さやすいのだろうなあ。

一緒にお祭りを回ったり、スキーをしたり、除夜の鐘をついたり、
やってることは、上辺には
なかなかのリア充っぷりだし、
人混みの中ではぐれないように手をつなごうと言われるとか
怪しい軟膏を全身にぬりぬりしてもらうとか、
客観的に見ると、すごく美味しい思いもしてるねえ。
でも、ミヤの目的が目的だけに
ドキッとさせられることがあっても結局
毎回面白展開になるところが
この作品の楽しいところ。

長いこと自分のおもちゃになってくれる南里に
ついに、ちょっとだけ
ミヤのデレる瞬間が見られた3巻。
普段あれだけひどい目に合わされているにもかかわらず、
冬山でミヤを助けるために頑張ったり、
誕生日プレゼントをあげたり、
健気な南里にようやく報われる瞬間が訪れて、
良かった良かった。
デレ顔ミヤもかわいかったしね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。