スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルカの陶 1巻

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)
ハルカの陶 1巻
西崎泰正/ディスク・ふらい
芳文社

心奪われた一枚の皿の作者の元へ、ハルカは会社を辞めて会いに行くが。

ごくごく普通のOLが
とあるデパートの展示会で見た一枚の大皿に心ひかれ、
会社を辞めて作者の元に向かって弟子入りしちゃうお話。
焼き物、しかも、備前焼という見た目のシブいものの世界が舞台ながら、
登場人物の熱さがとっても魅力的。
主人公ハルカの、まっすぐで一本気で努力と根性見せまくりな姿が
とても気持ち良い。

身一つでやってきた元OLハルカと
気難しい職人、若竹修の距離が
ハルカの努力と真剣さ、明るさのおかげで
どんどんと縮んでいく様子が
読み応えあり。
最初はハルカのことを邪険にしていた修だけど、
真剣に自分に向かってくる彼女の姿に
やがて心を開いて行き、
それが自分の作品づくりにも良い影響を及ぼすようになる。
ハルカも、どんどんと備前焼の世界の技術、心を吸収して
成長中。
打ち解け始めて軽妙なやりとりができるようになった若いこの2人と
人間国宝の榊先生の姿を通じて、
日本の伝統技法の世界を堪能できる、
読みやすくてためにもなる、読み応えある作品だ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。