よんでますよ、アザゼルさん。 7巻

よんでますよ、アザゼルさん。(7) (イブニングKC)
よんでますよ、アザゼルさん。 7巻
久保保久
講談社

博物館のお宝を盗みに来たのは、露出狂の変人48面相。

お下品下ネタ満載の悪魔使い探偵物語、7巻目。
今巻も、博物館にあるグリモアを盗みに来た変態男に
さくまさんがセクハラされまくったり
アザゼルさんが余計なことをして
事件の解決が遅れまくったり、
やっぱり最後はベルゼブブ、アクタベの圧倒的能力に助けられたり、の
いつもどおりのパターンな展開。
違いといえば、
アザゼルさんの役に立たなさ加減が
どんどんひどくなるものだから、
さくまさんのアザゼルさんを見る目の冷たさが
いよいよ極まってしまったことかな。
さくまさんの生理の日を記録したり、
揉んだり下着を要求したり程度は受け流す彼女も、
さすがに、敵の味方になるようなことばかりされては、ねえ。

久しぶりのさくまさん全力いじり巻だった7巻。
小気味良いリズムで下ネタを連発する
下半身全開の変態男相手に
お仕置きされちゃうさくまさんの
色気がない割にかわいいこと。
現金すぎる性格と相まって、
やっぱり良いキャラしてるなあ、と思わされ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定