今年を振り返ると

今年もあと1日となりました。
世間的には地震やら原発やらで大変だった1年でしたが、
当時は、危うく作中の状況と同じようなことになりかねなかったという感じもあったCOPPELION
今のところ連載の方が無事続いているようで何よりです。
アニメの方は延期なのか何なのかってことになってしまいましたが。

また、漫画読み的には、青山景氏のことがびっくりでした。
よいこの黙示録、なかなか面白いストーリー設定と展開だったんですけどねえ。
来年には続巻が出ますが
どんな内容になっているのか、期待もあり、不安もあり、という感じです。

さて、この手のサイトでは、年末に良かった作品ベスト10とかするんでしょうが、
こちらではいくつも作品を改めて評するのが面倒なので、
毎年、この1年の中で最も良かった作品とメガネっ娘なキャラクター、1つずつを取り上げています。


作品の方は、例年ですと、
数作品に絞ったあと一つに決めるのに苦労するのですが、
今年は簡単でした。

あさひなぐ 1 (ビッグ コミックス)

あさひなぐが圧倒的に面白かったですね。

最近はめっきり少なくなった、正統派スポコンもので、
高校に入ってなぎなたを始めた主人公、旭の成長物語なのですが、
中学まで運動部に入ってもいなかった子が
先輩への憧れと、努力と根性のみで強くなっていく姿が
たいへん熱くて感動的で、素晴らしいですね。

特に、最近は、
主人公が強いのは
元々才能を持っているから、とか
実はすごい血筋の家系の子どもだった、とか、
強くて当たり前、な理由付けがされている作品が多くて
ちょっと面白くなかったですからね。
一段一段努力を積み重ねて強くなっていく、というところに
魅力と共感を覚えます。
旭たちなぎなた部員の
すぐ調子に乗るけど、負けず嫌いで根性のある姿も
見ていて楽しいですしね。

競技そのものはマイナーですが、
ぜひともYAWARA!に追いつき追い越す作品に育って欲しいです。


キャラクターの方は、
あさひなぐの、がんばり屋のお調子者、旭も素敵だったのですが、
やはり別作品から取り上げたいので、

ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)

ひまわりさんを挙げたいですね。
最近はずいぶん減った、本読みメガネっ娘にして
抜けたところがかわいらしい女性でした。

今年も、面白い作品とたくさん出会うことができましたし、
げんしけんの弐代目の単行本が刊行され始めたりなど、
過去の名作の続きが読めたりもしましたし、
幅広く漫画を十分堪能できました。
ただ、4コマ系で、今一歩これだという作品に恵まれなかったので、
来年は期待したいところです。

また、取り上げることは少なかったですが、
ゲームの方も、
年初頭にはニンテンドー3DSが、年末にはPSVITA
それぞれ発売されましたし、
ソーシャルゲームなどに押されている今、
ゲーム専用機の今後が楽しみなところです。

来年も、良い年になりますように。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定