コッペリオン 13巻

COPPELION(13) (ヤンマガKCスペシャル)
コッペリオン 13巻
井上智徳
講談社

Dr.コッペリウスに葵が連れ去られるも、荊たちに強い味方が合流して。

放射能汚染された街で、生き延びた人たちを救おうと戦う
コッペリオン達の活劇も13巻目。
原発事故どころか、核戦争という言葉まで飛び出してくるストーリー展開で
色々突っ込みたくなるところはあるけれど、
そんな細かい事はどうでも良くなるくらいの
熱いバトル展開から、今巻も変わらず目が離せない。
特に今巻は、
死んだと思われた遥人の再登場、そして、
遥人とDr.コッペリウスとの関係が見どころ。
実は生きていた展開に思うところもあるし、
女子高生たちのバトルシーンの連続の方が
ビジュアル的には素敵だけれど、
ストーリー展開を考えると
遥人のような締めてくれるキャラが欲しかったところだから、
これもありなのかな。

遥人が戦列に復帰したとはいえ、
ストーリー的には
Dr.コッペリウス方の円谷をようやく倒したり、
最近活躍どころのなかったタエ子が久しぶりに見せ場を作ったりしたものの、
葵を連れ去られて
痛み分けで事態は硬直。
この事態収拾にはまだまだ時間がかかりそうだな。
ストーリー全体としても、
まだまだ解決しないといけない問題が山積だし。

まあその分、先が楽しみということで。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定