紅 9巻

紅 kure-nai 9 (ジャンプコミックス)
9巻
山本ヤマト/片山憲太郎/子安秀明/降矢大輔
集英社

京都でのトラブルは、大事にならなかったどころか、行方不明だった切彦と再会することまでできて。

モテモテ揉め事処理屋、真九郎の
戦いに明け暮れる日々と紫に癒される日々9巻は、
前巻に引き続いての京都編から。
他所者が入り込むことによって
その地の揉め事がより面倒な事になる、という展開だったけれど、
結果的には大事にならなかったことが
物足りなかった一方、
大風呂敷広げすぎて冗長なことにならなくて良かったかな、と。

内容的には、家や血筋に縛られて苦労しているのはどこも同じ、というエピソードで、
紫にそっくりの女装少年、碓氷を救うために尽力する湖兎と
真九郎が戦わねばならなくなったりしたけれど、
結果、碓氷と湖兎との絆がより深まって、
めでたしめでたし。
加えて、あの切彦ちゃんまで捕獲できちゃったし、
今後のストーリーへの息継ぎという点では
良い一休みになったかな。

巻後半は、サービスだらけ。
銀子とリンの魅惑の肢体を拝めるわ
切彦を着せ替えたりしていじくり倒すわ、
血で血を洗うバトルはどこへやら。
こうやって見ると、やはりこれは
ハーレム作品だなあ。

次巻は、また
血生臭そうな展開が待っていそうだけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定