ましまろ文學ガール 1巻

ましまろ文學ガール 1巻 (ビームコミックス)
ましまろ文學ガール 1巻
天乃タカ
エンターブレイン

女が文學をすることが許されないなら、男装すれば良いじゃない。

女性が本を読むことすら好奇の目で見られた時代に
文學に目覚めてしまった少女が、
自分の意志を貫くため
男装をして男だけの文學倶楽部に入り
物書きをすることになるお話。
男も女も型にはまった生き方を強いられた時代に
自由を求めてもがく少年少女たちの群像劇が、
複雑に絡み合った恋や友情による人間模様とともに描かれていて、
読めば読むほど、彼らの熱さに心惹かれていく。

歩きながら本を読むほどの文學少女な百音だけど、
女が本を読むことを世間がよしとしないために怪訝な目で見られ、
自分を大事にしてくれる、慕う清兄さんからも嫌がられる日々を送っていた。
しかし、自分たちで本を作ろうとする青年たちに出会ったことをきっかけに、
女人禁制としている彼ら文學倶楽部の仲間にしてもらおうと
髪を切り、男装して彼らの元へ向かうことにする。
そんな、並々ならぬ決意で文學をすることになった百音を待ち受ける世間の壁は
思っている以上に厚いのだけれど、
何とか彼女の才能を開花させるとともに
自分の夢も叶えようとする文學倶楽部の為人や
様々な思惑を持った彼の友人知人たちの
現在のがんじがらめで鬱屈した現状を少しでも良くしようともがく姿が
各キャラクターそれぞれ面白い。
百音がどこまで自分を貫き通せるのか、
最後まで追っていきたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定