スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OとKのあいだ

OとKのあいだ (バーズコミックス スピカコレクション)
OとKのあいだ
平尾アウリ
幻冬舎

秋葉原のメイドカフェにやってくる人、そこで働く人、それぞれの心の中を覗くと。

とあるアキバのメイドカフェに出入りする
メイド、客、裏方、それぞれの
心の機微がオムニバス形式で描かれた作品。
それぞれのキャラがそれぞれの想いを抱えながら過ごしている、というのは
当然といえば当然なのだけれど、
それを、こうやって多面的に描かれると、
やはり、この作中の世界がとても奥深いものになる感じ。
この手の描き方をする作品の、
あるキャラのエピソードと
別のキャラのエピソードが交わりあう瞬間は
やはりハッとさせられるな。
特に、このメイドカフェというところには
一癖あるキャラが集まりそうなものだから、
そこに関わる各キャラを描いていくと
面白いものになるのは当然だよね。

特に印象に残ったのが、
メイドな女の子たちのエピソード。
個々の女の子それぞれに
コンプレックスを抱えているのだけれど、
共通のキーワードが、かわいい、であることが
面白いところ。
かわいいと言われることがなかった子が
この仕事を通じて自分を魅力的だと思ってくれる人に出会うとか、
逆に、かわいいと言われることが当たり前だった子が
自分の本当の姿だと思い込んでいるものとのギャップに違和感を感じ続ける日々などが、
同じ作品内に描かれているから、
より、それぞれのエピソードの面白さが際立つのかな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。