茶柱倶楽部 3巻

茶柱倶楽部 3 (芳文社コミックス)
茶柱倶楽部 3巻
青木幸子
芳文社

台湾へ出掛けても、鈴の茶に対する思いは変わらないどころか、ますます強くなり。

お茶好きが高じて移動茶店までしてる鈴が、
茶を通じていろんな人との出会いも楽しむお話3巻は、
茶のことでかなりお世話になっている高子さんの
生き別れの弟を探すお手伝いの台湾編。
歴史に淹れ方、味などの特徴が事細かに説明されていて
教養になるのは台湾編でも同じ。
加えて、これまでは短めだった
鈴の茶で心を解きほぐされる
彼女の茶を飲んだ人のエピソード展開が
1冊にわたって描かれているので、
ストーリーの重厚さは
これまでとは段違い。
戦後の混乱期に生き別れてしまった姉弟が
茶を通じて再び出会う話は、
展開が読めていても、心にガツンとくるものがあったな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定