TOUGH

TOUGH-タフ- 39 (ヤングジャンプコミックス)
TOUGH
猿渡哲也
集英社

日下部覚吾との戦いを終えた熹一に、灘神影流と幽玄真影流の未来が託される。

高校鉄拳伝タフから続く、キー坊、宮沢熹一の戦いを通じた成長物語が完結したので、
一通り読んでみるなど。

打撃の応酬よりは、
寝技、関節技がメインの格闘技術を使う主人公なのが
特徴だったこの作品。
なので、立ち技だけより総合格闘技な試合を見る方が好きな自分としては
他の同種の作品より好きだったかな。
父と子が師弟でありライバルであるという
家族愛も描かれてのもなかなかだったし。
そして、最初の頃に比べて堅実に強くなって行き
最後には、昔は全く歯の立たなかった相手よりも遥か高みに達していたという
熹一の成長っぷりが良かったかな。

しかし、話が進むに連れ、
幻突などのファンタジーな技が増えたり、
最凶最悪な憎むべき敵だった鬼龍が
すっかり良い叔父になっちゃったり、
途中までの面白さとは別の意味で面白くなってきた印象。
強さがただインフレしまくるよりは
良かったかなとは思うけれど、
鬼龍の変貌っぷり、ヘタレっぷりは
ちょっと切ないものもあったり。
ある意味格好良いキャラだったんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定