スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッシメン! 4巻

ブッシメン!THE IMAGE MAKER(4) <完> (イブニングKC)
ブッシメン! 4巻
小野洋一郎
講談社

父の仏像の贋作と出会った玄造は、自分のフィギュア作りの意義に思い悩む事に。

フィギュア会社の女性や幼馴染のオタク女に言い含められて
フィギュア作りの原型師を請け負ってしまった
仏師を目指す青年、玄造。
そんな彼が、崇高な仏師を目指して
様々な場面で仏像を作り、依頼者の心を慰めるお話最終巻は、
反目しあう兄弟を和解させた後、
自身の目指す仏師である亡き父の贋作と出会ってしまう。
父の作品の偽物、という点で憤る一方、
本物の仏像とは何か、や
自身が手がけたフィギュアと大量生産される贋作とは何が違うか、など
真面目な玄造らしく
自分のやってきたことやこれからやろうとしていることに思い悩んでしまうことに。
普段はいい加減な師匠の叔父が言ったことが全てなのだろうけど
普段やってることがやってるだけに
自分ですべてを確かめないと気が済まなくなっちゃったところが
何ともはや。
これが、説得力、か。

これまで三蔵とともにやってきた
フィギュア作りを一旦降りてまで贋作の真相を確かめに行った玄造のせいで、
三蔵も傷つけちゃうし、
サクラたちも怒らせちゃうし、
真面目すぎるのも困ったもの。
しかし、そこまでやった甲斐あって、心のモヤモヤもすっきりし、
玄造がこれから進むべき道も見え、三蔵との仲もより強くなり、
結果としてはハッピーエンドだから良かったのかな。

惜しむらくは、せっかくハーレム状態になったのに
恋愛方面での盛り上がりが描かれないまま終わってしまったこと。
フィギュアや仏像作りの修羅場は何度もあったけど、
人間関係の修羅場も見たかったな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。