魔法使いの心友 1巻

魔法使いの心友 1 (マーガレットコミックス)
魔法使いの心友 1巻
香魚子/柚木麻子
集英社

ある日突然、そよの前に現れた女の子リサは、魔女で万能で美人で。

空気を読み、目立たず良い子として振る舞ってきた女の子が、
平凡すぎる彼女の前に現れた、性格も能力も素晴らしいものを持つ上に目立つ
魔女っ子な女の子と出会ったことで
自分の心やこれまでの生き方を見直すことになるお話。
魔界から、王女の証を持つ女性を探しにやってきた魔女、リサが
心に美しい花を咲かせる王女を見出そうと奮闘するのだけれど、
綺麗な心の持ち主だからといって、場の空気やそれまでの秩序を無視して
いじめられっ子や女らしさを片隅においた女性を持ち上げたりするものだから、
それが正しい物の見方とはいえ、
それが間違っているとわかっていても今あるものを壊さず、
その場の空気、雰囲気に合わせて振る舞うことこそ正義と思っていた
主人公のそよには
彼女の立ち振る舞いがどうしても目についてしまう。
正論を述べ、それを実行し、
そして、それをする説得力を示すだけの見た目と能力を持ち合わせるリサに
自分を否定されたことへの反発と、嫉妬心を抱きつつも、
リサが魔女だということを知ってしまい
彼女に協力することになったことで
自分の心を見直し、成長していくことになるのかな。

いじめっこグループの意地悪も跳ね返し、
いじめられっ子の自信を回復させ、
遊びのつもりで手を出してきた男の心も鷲掴み、
勉強も運動も芸術も全て完璧な上魔女っ子なリサに対する、
波風を立てないことだけが取り柄なそよの
憧れと嫉妬の相反する感情が入り混じったところが
今後どう変化していくかが見もの。
特に、男絡みで、
そよの憧れる生徒会長が
リサに近付くためにそよを利用し弄んでいる一方
そよの方は、生徒会長との関係を自分の心の拠り所にしているために
リサの才能に対する以上の嫉妬感を抱くことに。
リサが魔女だから仕方ない、と自分を納得させているそよが
一皮むけるまでには相当色々ありそうだな。

それにしても、今のところのそよの思考のクズいこと。
でもこれが、現実では普通で当たり前なんだよね、
恐ろしい話。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定