スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆりキャン 4巻

ゆりキャン 4 (ジェッツコミックス)
ゆりキャン 4巻
瀬口たかひろ/原田重光
白泉社

女スケコマシゆりかが母校の女子校に教育実習に行くと、そこには”ゆりか様”が。

表紙からして残念感が漂う
実世界はもちろん、動物相手にも二次元相手にも
なぜか女性からしかモテない美人女子大生、ゆりか。
本人はノンケながら、
自分が女スケコマシとしての才能を開花させたことは
強力な武器であると自覚し、
折にふれて女性をコマしまくって4巻目。

巻前半では、
ゆりかが女性に手を出すきっかけとなった
事業を失敗した父との再会編。
ゆりかの父らしく、
いい年して老いも若きもあらゆる女性をコマす姿に
恥ずかしさを感じつつも、
自分のコマした相手を奪われ
同じスケコマシとして屈辱を感じるようになってしまったという
哀しい現実を思い知らされる展開が良いね。
オッサン丸出しなのに
何だかんだで自分の方に心を持っていってしまう父、
百合の世界など全く興味のない女性も虜にしてしまう娘、
血は争えないとはこのことか。

ここまで女の心を自在に操ることのできるゆりかだけど、
やっぱり男を諦められず、
次なる作戦、男子校の先生になってモテモテに、を目指して
教育実習に行くことに。
教育実習なので、当然ながら自分の母校に行く訳だけど、
そこは女子校、百合の園、
しかも、かつての自分の行為がすべて伝説となっており
像まで建てられている始末。
若い男の先生もいるにはいるけれど、
この状況では、期待ゼロ過ぎる。

教育実習編では、
彼女の担当する事になったクラスにいる
ゆりかが乗り移ったという”ゆりか様”、木野下との対決が
面白そうなことに。
早速クラスの子達の心を掴むゆりかに対し、
自称ゆりかの木野下が楯突く展開の顛末、
どうやってこの子をコマすか
期待。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。