志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
押見修造
太田出版

人前でうまく喋れない志乃にも、高校でようやく友だちができたけれど。

人と喋ろうとするとどうしても言葉がうまく声に出せないことがコンプレックスで
なかなか学校生活に馴染めない女子高校生、志乃の、
ようやくできた友だちと
うまくいったりいかなかったりの日々。
吃音症がコンプレックスとなって
なかなか自分に自信が持てない子の心の機微と、
普通に過ごしていてもなかなかうまくいかないこともある友人との関係が
もう一つのものを抱えているためにさらにままならない青春の日々とが、
じっくりと描かれていて
とても読み応えある。

志乃とは別の意味でコンプレックス持ちの同級生との付き合いを通じて、
自分の長所や得意なものを見出すことができたと同時に、
彼ら、彼女らがそういうものが自分にあることを分かっていながら
前に進もうとする姿を見て
志乃自身も一歩前に踏み出す姿が
印象的で感動的。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定