惡の華 7巻

惡の華(7) (講談社コミックス)
惡の華 7巻
押見修造
講談社

高校に進学した春日、中学時代を振り切り新たな人生を歩もうとするけれど。

鬱屈した日々を送る中学生、春日が
同じく、日々の暮らしに悶々とした思いを募らせていた仲村とともに
その思いをぶちまけすぎてやらかしすぎて、
追い詰められてしまった結果
自暴自棄になり、皆の前で全てを終わらせようとしてしまう7巻。
2人で焼身自殺を図るも
いざ、というところで最悪の事態は回避されることになるのだけれど、
さすがに事が大きくなりすぎて
春日たち家族は新たな町でその後の生活を送ることに。
ここまでこれだけの事を起こしながらも
その決着を既のところでつけきれなかった事が
徐々に影を落とし始めるであろう高校生編、
どこまで堕ちることになってしまうか、
消息を絶った仲村への想いがどうなっていくか、
ともに楽しみだ。

高校生編では、
仲村のことが忘れられないながらも
何とか普通の高校生活を送ろうともがく春日が、
一度は断った本読みを
同級生のかわいい女子、常磐の影響により再開し、
彼女と少しずつ仲良くし始めたことで
かつての自分が再び心の中に姿を現し始める。
皆の人気者で彼氏持ちだけど
自由な性格の常磐と関係ができたことで、
再び何かが起こりそうな予感たっぷりだ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定