ミル 5巻

ミル 5 (ビッグ コミックス)
ミル 5巻
手原和憲
小学館

再びハルオミたちの前に姿を現すことを決めた鼻ピンク、一方でミルの方は。

見た目は女子高生、中身は86歳のおばあちゃんな化け猫、ミルと
彼女の飼い主、アキの、
ハートフルで時々ちょっと切ないコメディ作品5巻目は、
何百何千年生きる化け猫であるためいつか飼い主の人間と別れなければならないことを自覚しているがゆえ
アキとの仲良し同居生活の終わりを常に意識するミルと、
化け猫になったばかりなこともあって
自分を気にし続けてくれる人に自分の素性を明かすことにした鼻ピンクとの対比が
よく分かる巻。

最後の一度、と、
自分を気にかけ続けてくれているハルオミに猫の姿で会うことにした鼻ピンクだけど、
何となく彼女の正体に気付いているハルオミの
彼女を気遣う態度と、
猫から人間になるところがばれたことで、
ハルオミと一緒に仲良くやっていくことになる。
でも、ミルの方は、
何度かの別れを実際に体験してしまったこともあって
アキのために、と
自分のことを受け入れようとしてくれるアキの元を
逆に離れようとする。
今までも、何度も
アキの元に居続けてはいけないと思うことはあったけれど、
今回は本格的。
ミルが、出て行く前にわざわざ会いに行った中越さんとアキとの関係も含め、
どういう方向に向かうか、
続きが楽しみ。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定