ツール・ド・本屋さん 1巻

ツール・ド・本屋さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ツール・ド・本屋さん 1巻
横山裕二
小学館

四国で、東海道で、沖縄で、本屋さんでゲッサンのPOP描きまくり。

自転車などで、全国の本屋さんを巡りつつ
その本屋さんで宣伝用のPOPを描いて置いてもらうことになってしまった
漫画家さんのお話。
道中の顛末記はもちろん、
その前後で起こる数々の面白トラブルが
グダグダだったり自業自得で、見ている分には楽しい。
綿密な計画を立てて、ではなく
いろんなことが行き当たりばったりな方が、
こういうキャンペーン、旅は
楽しいよね、
やることになった当事者は、
それを企画したりサポートしたりがこんな感じだと
相当大変だろうけど。

この巻では、
沖縄編が一番面白かったかな。
この企画を漫画で描くことに慣れてきた事もあるし、
沖縄の旅、というのが
他のところに比べて少しエキゾチックな雰囲気もある場所なだけあって
旅感がよく描かれ、それがすごく伝わるようになっていた印象。
無茶や強行感のある旅を傍観するのは楽しいしね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定