魔女と猫の話

魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)
魔女と猫の話
四宮しの
少年画報社

魔法学校に通う女の子が13歳になると喚び出せるパートナーの猫は、少女たちを成長させてくれる存在。

パートナーである守護霊の猫に導かれて、
自分自身や友だち関係、将来に不安だらけの少女たちが
成長していく物語。

魔女になるため、魔法学校に通う女の子たちが
13歳になると喚び出しても良い
自身の守護霊になる猫と出会うことで、
自分のことでいっぱいいっぱいだった彼女たちが
ちょっぴり大人になるお話が
キャラクターの数だけ描かれている。
自分のなりたかった理想像に全く近づけなかったり、
自分の個性が気に入らなかったり、
守護霊である猫が気に入らなかったり、
理解できなくはないけれど、どれもこれもお子様な不安、不満、悩みを、
よくできた猫たちが、硬軟織り交ぜつつ上手く解決して
成長させてあげるところが見どころ。
大人があれこれ言うとついつい反発しちゃうところ、
しっかりものだけど猫な姿の先達に上手くコントロールしてもらうことで
思春期の子たちが上手いこと成長するというのが
何となく納得できるような。
おかげで、猫たちがみんな格好良く見えて。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定