源君物語 3巻

源君物語 3 (ヤングジャンプコミックス)
源君物語 3巻
稲葉みのり
集英社

自分を女性恐怖症にした相手と再会した光海、過去を乗り越えられるか。

源氏物語を研究する叔母の元で暮らすのと引き換えに、
源氏の君のように14股を命じられてしまった
女性恐怖症持ちの大学生、光海。
そんな彼の、14股計画2人目の相手、
葵とのエピソード後編から始まる3巻は、
いよいよ、彼女に筆おろしをしてもらう展開に。
でも、いくらきれいで魅惑の身体を持つ相手でも、
いよいよ、という時にファザコンな本性を思い知らされてしまっては、
頭で理解し、欲望で突っ走りきろうとしても
経験のなかった光海ではやはり途中で打ち死に。
挙句、プライドの高い葵には罵られるし、
自分も情けないし、
そりゃあ、その後も悶々しちゃうよな。

そんな彼の姿ですべてを悟った叔母に
3人目の相手を紹介される前に、
彼女から、光海を女性恐怖症に落とし込んだ相手に関する情報をもらったことで、
過去を乗り越えるべく
その相手、中将つかさと相対することになる巻後半。
トラウマを抱える身ながらも、
自分を翻弄ばかりする叔母に頭を下げて知恵を授かり、
叔母や、これまでに相手をしてきた女性との経験を糧に
つかさとの対決を図る姿は、
なかなか魅力的。
展開は、いつもの性的なものより抑え気味だけど、
いつも流されるまま、勢いだけだった
ハーレム状態けしからん光海が
ちょっとだけ成長して、
なんだか格好良かったぞ。

若くして出世してるだけあって
表での仕事は素晴らしいし、
セクハラも華麗にかわす一方
仕事と興味のためなら羞恥心も表に出さない
素敵すぎる叔母、香子に
相変わらず、言動でも、性的にも
翻弄されまくる光海の姿も相変わらずで。
シートベルトΠ/とか、反則。
委細まで展開が描かれた葵との夜のシーンはもちろん、
香子の、狙ってやってる行為だけでなく
本当に何気ない仕草までいやらしく見えちゃう
すべてが性的なこの作品、
この先も期待しちゃう。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定