クーロンフィーユ 1巻

クーロンフィーユ(1) (講談社コミックス)
クーロンフィーユ 1巻
よしづきくみち
講談社

生まれつきの変髪をイジられ続けた結果道を外れてしまった若井が、田舎で出会った特異体質少女と出会った事で変わっていく。

変な髪質のせいで子どもの頃からいじめられ続け
やがて、いじめっ子を逆に力でねじ伏せるようになってしまった男、若井。
父の転勤をきっかけに、新天地で暮らすことになるも
早速ここでも髪のことをイジられて、ついついキレてしまったけれど、
その、暴走の最中に出会った、帯電体質の少女、ノエミの
その体質ゆえに誰とも触れ合えず、一人で暮らさざるをえない姿を見て、
自暴自棄になることしか知らなかったところから
彼女を守る、という使命を宿し
少しずつ自分を取り戻し、そして、成長していく作品。
自分より下の人間を見て自分は何をやっているんだ、と言っちゃうのは
褒められたものではないけれど、
不幸と若さが重なってねじ曲がってしまった少年が
真っ当に変わっていく姿を見るのは悪くない。
若井の髪質といい、ノエミの体質といい、
なかなか現実離れしているのがちょっとアレだけど。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定