ムダヅモ無き改革 10巻

ムダヅモ無き改革(10) (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革 10巻
大和田秀樹
竹書房

尖閣を賭けた麻雀勝負で真田たちが戦う相手は、現政権の面々でなく、あの建国の父。

実在政治家の名前を使って、
政治を風刺したり、パロディネタをしまくったり、な
麻雀+国際政治劇、10巻目。
最近は、キャラクターたちは、
実在のものとは風刺方向がちょっとズレ気味だけど、
ジャスコの人のように
これこれ感を覚えるキャラも健在。
一方、ネタの方は、
触れると色々面倒臭い
尖閣をストーリーのど真ん中へ持ってきながら
対戦相手は過去の人に設定されたことにより、
余計なことを気にせず純粋に楽しめる。
しかも、その相手は過去の大物、毛沢東。
ヒトラー編同様、一時代を築いた者たち、
時が止まったような相手との戦いは
舞台は現代だけど、タイムスリップものを読むような感じのワクワク感がある。
数十年前に終わったとされる、共産圏との戦いが
麻雀という形だけど、どう展開するのか、楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定