僕らはみんな河合荘 4巻

僕らはみんな河合荘 4巻 (ヤングキングコミックス)
僕らはみんな河合荘 4巻
宮原るり
少年画報社

本を通じて宇佐と打ち解けてきた律、でも、文化祭の準備期間は忙しくて。

同じアパートで暮らす、本読み大好き先輩、律と仲良くなりたい高校生、宇佐が、
口は悪すぎるが根は優しい人生の先輩方に生暖かい目で見守られながら
難しい性格の律と少しずつ仲良くなっていく展開が微笑ましい作品4巻目。
文化祭の準備から当日までのお話が中心の今巻は、
宇佐の見え見えの下心、恋心ではじまった律と仲良くなるあの手この手により
ようやく仲良くなってきた2人だけど、
文化祭準備で少し離れる時間が出来たことによって寂しさを感じたのは
宇佐よりも律の方。
相変わらず宇佐の周りに出没する宇佐が中学時代に仲良かった林の存在に、
宇佐のクラスメートたちと仲良くしてる様子、など
今までは自分ばかり気にしてくれていたような状態だったところから
こんな状態になってしまったものだからね。
文化祭当日のトラブルも一緒に越えて
何だかラブラブ状態。
麻弓さんでなくても、これはチャチャ入れたくなるな。

こちらも相変わらずの、
けんかするほど仲の良いお姉さんコンビの
宇佐いじりと若者へのスパルタ教育、
そして、下ネタラッシュの一方で、
久しぶりの麻弓さんの良い話エピソードも。
昔の友達との再会で、すぐ自爆と自虐に陥るいつもの日々が幸せなことを
再確認するのは、悪くない展開。

それにしても、
本気を出したシロさん、イケメンすぎる。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定