スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕 3巻

僕 3 (ジェッツコミックス)
僕 3巻
きづきあきら/サトウナンキ
白泉社

蛍が貶めようとした相手、太郎との本当の関係は。

才もあり、家柄もある男子高校生、京極太郎が、
自分に対する憎しみを持つ後輩女子、蛍に
身も心も弄ばれ、貶められるうちに、
いつしか、逆にそれを望むようになってしまうお話、最終巻。
あれだけプライドの高かった太郎が
蛍に犯されることになりながら
むしろそれを喜んでいる自分に気付き、
それとともに、蛍への想いを歪んだ形で強めていく一方で、
自分の、父親に支配された不自由な境遇から抜け出すことを
蛍との関係を利用することで実行しようとする展開は、
太郎視点から展開する、ちょっといびつな物語としてはなかなか面白い展開。
しかし、蛍視点で見ると、
自分の生まれ育った境遇や
自分の想いを真実を知ることによってひっくり返されてしまったことに対する恨みのはけ口を
太郎に対して向けてきながら、
太郎が真実を全て知らないがゆえに
微妙な落としどころで話が決着する羽目になってしまったことで、
自分の中でまた闇を抱えてしまう展開で、
ここまでやっておきながら救われきれないところが
ちょっと切ないところ。
ストーリーをじっくり追えば面白いし、
場面場面を見る分にも
女の子に辱められまくったり、
使用人の男を辱めたり、と
なかなかの面白展開。
この作者さんらしいな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。