海月姫 12巻

海月姫(12) (講談社コミックスキス)
海月姫 12巻
東村アキコ
講談社

ついに売り渡されてしまった天水館、しかし、取り壊しの危機を救ったのは。

みんなで仲良くニート生活を送っていた月海たち天水館の住人の子たちが
ある日偶然出会った、きれいな女装男、蔵之介の強引な誘いと
再開発のための天水館の取り壊し危機脱出のため、
アパレル業界で一旗揚げようと奮闘し始めて12巻目。
出だしは順調だった、月海デザインのクラゲモチーフの服のブランドだけど、
そう簡単には勢いに乗れず、二の矢が効果なしで
またまたピンチ。
そこへ、海外の大手から
月海を引き抜きたいというオファーがあり、
彼女を手放したくない蔵之介が
月海への仕事のパートナー以上の感情をさらに自覚する展開が、なかなか。
一方で、月海に惚れてしまって
一人で突っ走り中の蔵之介の兄、修は
彼女と結婚するための一人全力疾走にますます勤しむ。
自覚し出した蔵之介と、暴走する修に挟まれた
この手の展開に不慣れな月海のやらかしが、
今後の見どころかな。

また、いよいよ天水館が他人の手に渡ってしまったことで、
自分の引き抜きを渋る蔵之介に相談せず
その誘いを受けることで天水館を救うことにした月海。
引きこもり生活から、蔵之介に強引に引きずり出されたことで
良くも悪くも、自分で自分が何をすべきか考えることができるようになったのは
成長の証。
他の尼〜ずの面々も、
ちょっとは感化されてる部分もあって、
みんな、良い方向に変わる気配があるのは悪くない。
と言っても、皆、相変わらず何でそんなことするかな、だらけの展開なんだけどね、まだまだ。
だから、二重の意味で楽しめるのだが。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定