ミル 6巻

ミル 6 (ビッグコミックス)
ミル 6巻
手原和憲
小学館

自分の前から姿を消そうとするミルに対し、アキがミルにかけた言葉は。

見た目は女子高生、実年齢はおばあちゃんな化け猫、ミル。
自分が化け猫ゆえ、年をとらずずっと長生きすることを痛いほど分かっているため
自分を大事にしてくれる飼い主の前から
頃合いを見計らってスッと姿を消す生き方をしてきた彼女だけど、
彼女を大切に思う現飼い主、アキが
そんな生き方をするミルとの関係に決着をつけることになる最終巻。
アキをはじめ、優しい人たちに囲まれて居心地が良すぎて
でもそれ故、いつか来る人間と化け猫のギャップを恐れて
アキたちの前から姿を消すことにしたミルだけど、
ミルがいなくなろうとしたことで、逆に、
アキがミルを大事にしたいと思う気持ちを強くすることに。
おかげで、当て馬役の中越さんだけは切ないことになってしまったけれど、
ミルの願い、アキとの彼が子どもの頃の約束、など
全てが叶う、アキとミルの収まるべき関係に
2人が収まった、素敵な結末だったのではないかな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定