源君物語 4巻

源君物語 4 (ヤングジャンプコミックス)
源君物語 4巻
稲葉みのり
集英社

男性が苦手な女性を相手に、光海は女性嫌いだった過去の経験を活かせるか。

叔母の研究目的で源氏物語を現代で再現しようと無茶させられる
元女性が苦手な男子大学生、光海。
彼に、次の相手、源氏物語では花散里に相当する3人目の相手、
千里が紹介される4巻は、
エロ過ぎる叔母さんとのお楽しみはないけれど
それに負けずとも劣らず、な千里との関係進展が
その分を十分に補ってくれてる。

胸が大きいゆえにコンプレックスを抱える一方
家庭的な特技と性格の持ち主、千里は、
バイト先の男の客にエロい目で見られたり、子どもに揉まれたり、
光海でなくても魅力をたっぷり感じちゃう女性。
そんな相手と、お試しで付き合うことになり、
良い方も悪い方も、色々経験を少しは積んだ光海が
完全にリードする形で進む関係は、
ここまでの集大成的意味合いもあって、
今までの相手よりも関係の進展が面白めかな。
とはいえ、ちょっと強引なことをしておいて
ここまで受けいられちゃうとは、
ずるいな。
言っていること考えていることと
実際にやってる欲望むき出しの行動が違いすぎるところは
男の子男の子してたの、楽しかったけど。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定